×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


   ハイテク犯罪認知のための資料

他人に聞こえない音声照射
米空軍は、人間の頭の中で音を作り出すマイクロ波の実験を行なってきた(彼らは心理戦ツールと呼んでいる)。そして今度は、米国防総省の国防高等研究計画庁(DARPA)が、『Sonic Projector』という新たな計画でこの流れに乗ろうとしている。

Sonic Projector計画の目標は、他人に聞こえない音声を使い、1キロメートルの距離で通信する手法を、特殊部隊に提供することだ。この技術は、空気中で音が非線形に相互作用する原理を応用し、超音波信号を可聴範囲の音に変換する。

DARPAは、強力な音響変換器と信号処理アルゴリズムを用いて、Sonic Projectorを人間に適用

可能なシステムとして開発する予定だ。これが生み出す音は、目指す標的には聞こえるが、それ以外の場所ではまったく聞こえないか、はっきり聞き取ることができない。

このシステムは、特殊作戦部隊や人質救出作戦で音声による通信を隠したり、敵の活動を混乱させたりするのに使用される可能性がある

詳細はこちら http://wiredvision.jp/blog/dangerroom/200706/20070607124127.html
2007.6.7


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
脳内音声装置
パルス波形にしたマイクロ波を 人の頭蓋内に照射する装置は、米陸軍が開発した非殺傷型兵器である。

この音は耳に聞こえない音(サイレントサウンド)で、変調して送信される音は、潜在意識に働きかける音声メッセージになる可能性があるということだ。耳に聞こえない(FMに変換した)催眠術を送信する方法。

音声周波数変換器を使って「音声」を作り、パルス状のマイクロ波として 離れたところから脳内に送る。出力はおおよそ連続音になる。

耳鳴りに似ているが、催眠術者の声が埋め込まれている。

下図は、人間の脳が感知できる周波数のマイクロ波信号の短パルスを表わしたもので、縦線1本が短パルス1つに該当する……。脳はこの連続したマイクロ波パルスを変換し、「耳では聞こえない音声」を聞く。

このような催眠に対する意識的な防衛は不可能

1974年には実行可能だった!各マイクロ波パルスのタイミングは、音声波の下降曲線と交わるごとに制御される (1974年にJoseph Sharp博士が考案した方法)

可聴範囲の上限近くの連続音、例えば周波数1万5000ヘルツ

催眠術者の音声、例えば周波数300ヘルツ~4000ヘルツ

[マイクロ波をパルス波形にして人に照射すると、頭の中から発せられたような音を聞く事ができる現象 → http://wiredvision.jp/news/200801/2008011022.html

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200805/2008051321.html
2008.5.13


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
合成テレパシー
ブレイン=コンピューター・インターフェー(BCI)では 人々の「考え」をお互いに伝えられるようにする。例えば、ある兵士が伝えないメッセージを「考える」と、コンピューター上の会話認識システムが、そのEEG信号を解読する。解読された思考(翻訳された脳波)は、送信システムを使い、特定のターゲットに向けて送られる。

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200808/2008082523.html
008年8月25日


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「考え」だけで会話
兵士たちが連絡を取りたくなったときは、お互いの思考を読むようになる。

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200905/2009051923.html 
2009年5月19日


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
声にしなくても会話ができる
首に巻いたネックバンド内に組み込まれたワイヤレスセンサーが脳から声帯に送られる神経の動きを読み取り、その動きをデジタル化して音声に変えるというテクノロジー。

本来、脳性麻痺やパーキンソン病などで声を失った患者に再びコミュニケーションをとるチャンスを与えるという医療目的で開発されたという。

TI開発会議での デモンストレーションで、声を使わずに携帯電話をかけるという世界初の試みが試された。

以下省略

詳細はこちら http://megalodon.jp/2008-0529-0146-52/itnp.net/category_betsu/8/1194/
2008年4月1日


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
思考がパスワードに
カナダのカールトン大学の研究者たちは、人の思考を使ってID認証を行なうバイオメトリクス・セキュリティー装置の可能性を探求している。

脳波による署名を「パスワード」ならぬ「パス思考」として使うという着想は、脳波はそれぞれの個人に固有のものという前提に基づいている。

同じことを考えているときでさえ、脳の測定可能な電気インパルスは個人ごとにわずかに異なる。

この電気インパルスには 思考でログインできるシステムを作成するのに 十分な差異があると、一部の研究者は考えている。

カールトン大学でAnil Somayaji氏Adrian Chan氏と共同でこのプロジェクトを進めているJulie Thorpe氏は、「人の脳と信号は、個人によって違うことが分かっている」と語る。

「何百、何千ビットの情報をエンコードした、ユーザーが制御可能な信号を、反復可能な方法で計測できるだろうか? 実際に問題となるのはこの点だ。われわれは、可能かもしれないと考えている」

以下省略

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200705/2007051522.html
2007年5月15日


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「思考盗聴」とは・・
カリフォルニア大学の神経科学者 ジャック・ギャラント博士らが進める実験では、ついに脳内に思い浮かべるシーンを動画でコンピュータ上に映し出すことに成功した。

言葉を失った人などに、脳解析で表現力を取り戻せるようにと、研究が進められてきたそうです。今後は動画解析精度を高めて、よりリアルに視覚化させられる技術開発が続けられるようです。

実用化されれば、訴訟手続きも変わってしまうのかもしれません。

詳細はこちら http://news.ameba.jp/gizmodo/2009/12/52317.html
2009年12月10日


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
脳を読んで判決下す
fMRI(ヒトの脳や脊髄の活動に関連した 血流動態反応を 視覚化する方法)が 殺人がらみの裁判の証拠として認められたんです。fMRIは、反社会的な傾向に伴う反応を、リアルタイムに目で見ることが出来るんだそうです。

今回fMRIを裁判が証拠として認めたのは シカゴで、アメリカでも初の事だったとか。FMRIは DNAのように科学的なものだし、客観的な判断材料になるのかもしれません。

fMRIによると Brian Dugan被告の脳は 精神的に異常であると判断されたので、死刑を免れるべきでした。しかし、陪審員の長時間による審議の末、彼を死刑にすべきと判断しました。

以下省略

詳細はこちら http://www.gizmodo.jp/2009/12/post_6465.html
2009年12月8日


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マイクロ波の悪用

遠隔マインド・コントロール・テクノロジーの歴史は アメリカにおいてロス・アディー博士及び彼の同僚による60年代後期の研究、CIAに資金供給されたパンドラ・プロジェクトから始まった。
アディー博士は1Hzから20Hz帯域のELF(超低周波)信号(それは0.1Hz増加するごとに異なる効果を持つ)が生体と精神状態に影響する効果を持つことを発見した。


その研究はCIAにとって重要なものだった。なぜならば、彼らは遠隔から人間をマインド・コントロール出来る(RMCT)周波数を求めていたからです。


パンドラの研究者達は 6から16Hz帯域が脳及び神経系及び内分泌系に対して強烈な効果を持つことを発見した。それはターゲットに 大きな機能障害を引き起こすことができた。

以上 部分転載

詳細はこちら http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/Tim_Rifat.htm


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
超音波の悪用

超音波発信機を、放送機器または無線機として悪用したものである。

不特定個人のプライベートに関する情報を、24時間、監視下において加害者数人で情報収集を行い、第二に、特定・不特定個人のプライベートに関する情報をかすかな音声として加害者数人が役割分担を行って放送し、第三に、超音波を体の各部位にスポット照射し、暴行等、有形力行使に似た示威行為を組織的に行う等である。

超音波の可能性
まず、かすかな音声、音として認識し得ること、体の部位にスポット照射された場合違和感が有ることから、空気の振動である音波と考えられる。

電気製品が誤動作をおこすこと。

人体に照射されると、痛みを伴うという現象は、超音波が音圧レベルの強力な音波であるという特性から説明でき、窓を閉め切っても人の声がするという現象は、超音波が伝播する媒体は固体・液体・気体を問わないという特性から説明できる

この犯罪における超音波の悪用方法は、まず、超音波を利用した潜水艦や魚群を探知するソナー探知機を、人を探知するために、地上の人に対して行うもので、超音波発信機(ソナー)にマイクに類似したものを装着して、超音波放送を行うものである。

また、
超音波には、発熱・研磨・切削作用といった動力的作用がある。

超音波で思考が読み取られる可能性
脳は弱電で働く神経細胞(ニューロン)素子の集合体からなる弱電装置であり、各種情報の伝達・思考は微弱な電気信号によって行われている。つまり、刺激を受けて神経細胞が興奮すると、神経細胞の細胞膜で、パルス状の電位の変化、活動電位が発生する。

脳における各種情報の伝達・思考は、この活動電位が神経細胞上(細胞体から軸索)を移動し、神経細胞末端のシナプス(軸索の末端の終末部と隣接する神経細胞とが一組となったもの)の終末部までくると、神経伝達物質ある化学物質が放出され、次の神経細胞の受容体に作用して活動電位を生じさせることで行われる。

脳の神経細胞は、各部位によってそれぞれ情緒・思考・記憶・認知・動作等といった異なる機能をつかさどる。各種機能をつかさどる神経細胞で発生する活動電位は、それぞれ固有のパルス状の電位を有する。

活動電位は、エネルギー変位に置き換えられる。超音波は空気の振動(粗密)であり、超音波もまた、パルス状のエネルギー変位に置き換えられる。活動電位はエネルギー変位を媒介にして、空気の振動である超音波に置き換えられる。

被害者に、脳の神経細胞の活動電位のエネルギー変位と同調する超音波が照射されていると、次のように、被害者の脳の情報は、超音波を介して加害者の脳で読み取られる

被害者の脳で、情緒・思考・記憶・動作等の情報が神経細胞で処理されると、各種神経細胞において固有の活動電位が発生・伝達する。被害者の頭に、このような活動電位と同調する周波数の超音波が当てられると、各種活動電位が、超音波の空気の振動と同調して、電気エネルギーから空気の振動エネルギーへ変換が行われる。

活動電位から変換した空気の振動である超音波は、反射波して加害者の脳へ返される。

加害者の脳では、被害者の脳の情報である各種機能をつかさどる神経細胞の情報伝達を行う活動電位の情報が空気の振動として与えられる。すると、加害者の脳では、各種機能をつかさどる神経細胞が同調し刺激を受けて、活動電位を発生・伝達させて被害者の脳の情報を知ることとなる。

この犯罪の立証に関し、上記思考が読み取られる現象についての立証には、多くの時間と費用を必要とする。しかし、名誉毀損等不実放送の証拠立証方法、超音波を頭部に照射されたことに対する傷害・暴行罪等、刑法該当行為のみに立証の焦点を絞れば、比較的小額な時間と費用で、犯罪認定は可能となる。


詳細はこちら ↓ 
http://nazo.googlegroups.com/web/data_001.pdf?gda=6mU-qz4AAABnDW3
_fULHrtImNRwAFJxC4uVnmMTHyjSDmmW_
-lEBxgAWA76WYgqhGsTOrKmPjJrjsKXVs-X7bdXZc5buSfmx&hl=ja


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
五感操作(総務省資料)

総務省は2000年11月から「五感情報通信技術に関する調査研究会」を発足した。

遠隔地間におけるコミュニケーションをリアルタイムでかつ、対面コミュニケーションと差異の無い環境を提供する技術開発が活発になっている。将来的には画像や音声に加え、触感や味、匂い、その他深部感覚や平衡感覚に関してもコミュニケーション相手との間で交換・共有することが当然となることが予測される。

1975 年のマイクロチップの発明により、情報のデジタル伝送が実用化され、五感全体に情報通信の可能性が模索される時期となった。

1989年には世界初の商用VR(Virtual Reality)システムが発表され、以降マルチメディア情報通信の本格化に伴い、視覚については3D 映像の研究が、触覚については再現ディスプレイの研究が盛んになり、視覚・聴覚・触覚の3感を利用したシステムの実験が開始された

手術場面においては、視覚を通して患部を感知することに加え、触覚を介した患部の情報、聴覚によるスタッフとのコミュニケーション等が必要であり、これらの情報を五感情報通信として伝達することが可能となれば、遠隔手術の可能性が広がり、診察の場面と同様に、僻地医療の充実および医療全体の底上げを期待できる。

2040~年以降には、脳への直接アクセスによる五感コミュニケーションが実現する。


詳細はこちら http://oo7.syogyoumujou.com/143.html

五感情報通信技術に関する調査研究会 報告書(総務省)http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_2.pdf



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
モバイルSQUID 脳磁界計測装置の開発

高温超伝導磁気シールド装置と低雑音のSNS(超伝導体/常伝導金属/超伝導体)接合のSQUID を組み合わせることによって、モバイル脳磁界計測装置を実現している。

この装置は、パーマロイ磁気シールド室を用いる従来のSQUID より百倍以上高感度である。

SQUID 装置の最大の長所の一つは、動物ではなく、ヒトの脳を非侵襲に測れる点にある。

SQUID 装置はミリ秒の応答速度を持ち、脳モデルの検証に向いており、長潜時で、注意、学習、記憶などを調べることができる。

自閉症、注意欠陥多動性障害、学習障害などの解明への寄与が期待される。

2003 年、幕張メッセ国際展示場で開催された「ナノテク2003 」においてデモ実験を行い、雑踏の中での脳磁界計測の成功により、心のケアのための移動診療所への一歩を踏み出し、脳磁界のデータを蓄積しつつある。

S Q U I D(超伝導量子干渉計)は、超伝導電流の波動としての干渉を用いた高感度磁束計である。脳や心臓などから発生する微弱な磁界を検出することができ、X線CTやMR I に続く第三のCTスキャナー(断層撮影装置)として期待されている。

SQUID-CT は、神経電流が発生するごく微弱な磁界を検出することによって診断を行うため、X線CTなどに比べ人体に与える害がないなどのメリットがある。

SQUID は 「脳が寝ているのか」「ものを考えているのか」などの機能を調べるのを得意としている。

SQUID はf-MRI に比べ応答が早く、人間の感情の起伏などに追随できる。このSQUID-CTの開発に当たっては、低雑音のSNS 接合の開発と、大型の高温超伝導体磁気シールドの製作の二つが大きな問題であった。脳の神経電流が発生する磁界は 非常に微弱で、その強さは地磁気の約1

億分の1 である


詳細はこちら http://act.nict.go.jp/mwd/details/squid/kihou_tokusyuu.pdf


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「電磁波攻撃」に禁止判決

米国に住む 「James Walbertさん」という男性は 昔の職場の同僚に 電磁波攻撃を受けているとして これをやめさせる裁判を起こして勝訴した。 被害者の男性は 陪審員団との意見の違いが生じたとき、元同僚から「放射注入」するぞと脅しを受けた。

その後、しばらくして電磁波攻撃が始まった。電気ショックの感覚 電磁波による騒音攻撃、耳の中ではじける音  鳴り響く音を感じるようになった。

2008年12月30日(米国時間)、裁判所は 嫌がらせをしている元同僚に 「嫌がらせをやめろ」と電磁波攻撃を禁じる画期的な保護命令を出した。被害者の男性に有利な判決が下った。

詳細はこちら http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご報告:電磁波洗脳被害に関する警察とのやりとり

詳細はこちら http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/417.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


電磁波マインド・コントロール装置に対する安全で効率的な対策
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/963.html


電磁波マインド・コントロール装置に対する対抗策の追加と犯罪組織の対抗行動http://asyura.com/0403/bd35/msg/512.html



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
電磁波被害者のブログ


http://www.asyura.com/sora/bd13/msg/605.html
Re: 電磁波によるパソコンや人への悪戯

http://www7.plala.or.jp/london/index.html#top
電磁波等による犯罪被害実態の報告

音声送信被害者のブログ
http://gdnds167.blog.so-net.ne.jp/

電磁波犯罪と思考盗聴
http://blog.goo.ne.jp/madtyler 


2010.9.16~12.28




                           動 画
テレビで公開する以前から もう既に BMI技術(思考盗聴)が悪用されているようです。
電磁波犯罪による被害の深刻さには個人差があると思うが、かなりの集団ストーカー被害者らが
自分の考えがキャッチされているとしか思えない奇妙な体験をしています。 関連動画はこちら



家族で遊びに行っての帰り、環状7号線で いきなり娘が「お母さん、運転変わって!」とイライラした
口調で言った。娘はこれまでたった一度も私に運転変わってと頼んだことがなかったのに、
どういう風の吹き回しかイライラしている感じだ。普段おっとりして決してイライラせずマイペースなので
不思議でした。耳に聞こえないマイクロ波を脳内に周波数として送る技術が もう既に悪用されて
いるようです。 証拠動画はこちら



近赤外線(電磁波)は頭蓋骨を透過して、血液にある ヘモグロビンの光吸収特性を利用し、脳の血液量の変化を計測することが可能。 人間があることを考えると → 血流の変化が起こり → 同時に磁場も変化するので → 脳の電気信号を読み取り → 画像化する (つまり視覚情報の画像化である) 関連記事

これらの技術はテレビ公開する以前、つまり十数年まえで既に完成し悪用されてると思います。電磁波犯罪を訴える被害者らの告発や、自殺の増加、謎の猟奇事件などから想定できるものです。また、裁判官や弁護士、上級国家公務員などの試験に 謀略組織が悪用しているかもしれません。  関連動画はこちら



マイクロ波ビーム兵器を照射される人々が、あまりの熱さで逃げていく様子が分かります。この兵器は大型で戦場などで大衆向けに使われているようです。破壊力は 周波数や、出力の調整などで変化するものだと思います。
動画はこちら 



電磁波(マイクロ波・低周波など)犯罪を否定する人で、大きな電磁波装置でないと、物理的に不可能と言う方必見!小型の電磁波機器 電磁波照射の実演 持ち運び装置も開発されています。 2:40~男性アナウンサーが、電磁波照射されて痛がっている様子が分かります。動画はこちら



パソコンの画面を そのままそっくり他のパソコンに映し出すことができます。それが有名なテンペスト技術です。よって暗証番号なども盗撮できるので、悪用されることは充分考えられます。集団ストーカー被害者らは日常的に家宅侵入や組織的つきまといなどに遭っていますが これ以上に驚異となっているのが個人情報が凝縮されたパソコンを覗かれることです。動画はこちら

2010.9.16~



  



放射線ビームを照射する非殺傷兵器(1) | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200706/2007060823.html

YouTube - ビーム兵器_弾丸の代わりにはマイクロ波で射抜く武器は人道的か?
http://www.youtube.com/watch?v=jtNe4rZTiAE&feature=related


「頭蓋骨を攻撃する」音響兵器『LDAP』 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/blog/dangerroom/200707/20070718085910.html

超音波で脳へ知覚を送り込む - スラッシュドット・ジャパン
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=05/04/07/1328203


驚愕!現実に存在・手軽に買える電磁ハラスメント兵器
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=169

圏内にいる人物に腹痛を引き起こす、謎の超音波発生装置が格安発売! : ギズモード・ジャパン
http://www.gizmodo.jp/2008/12/post_4807.html


無線エネルギー伝送について 有望と思いますか?懸念される問題点は 何でしょう.Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015395605




実在する「SF的な兵器」10選 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/gallery/201001/20100119105854.html

実現に向かう「指向性エネルギー兵器」 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200709/2007090522.html

米軍が進める、各種のレーザー兵器プロジェクト | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200809/2008090121.html

8km先の対象を撃つ「レーザー・ライフル」(1) | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200707/2007073123.html

テスラコイルを利用した「電撃銃」 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/blog/dangerroom/200707/20070724140325.html

電磁パルス兵器を超える、プラズマ兵器の脅威? | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/blog/dangerroom/200706/20070613141610.html

米特殊作戦軍、『プラズマ・ナイフ』の実地試験を完了 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200910/2009101622.html

電気メス – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E3%83%A1%E3%82%B9

マイクロ波-資料館 ⁄ 真空・プラズマ機器と研究開発機器の製造・販売 ⁄ アリオス株式会社
http://www.arios.co.jp/library/p16.html

照準器や網膜の反射光で、敵位置を特定(1) | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200706/2007062722.html




脳内音声兵器 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E5%86%85%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%85%B5%E5%99%A8

米軍、「テレパシー」研究を本格化 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200905/2009051923.html

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA「サブリミナルメッセージも」WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200807/2008070822.html

特定の対象だけに声を届ける広告板と、「神の声」兵器 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200801/2008011022.html

脳に電極を埋め込み、無線で「声」を出すシステム | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200912/2009121123.html

News:速報:21世紀は科学がテレパシーを実現する!?──科学技術庁
http://www.itmedia.co.jp/news/bursts/0012/08/21c.html


特定の標的に音を「発射」する技術、米軍が開発中 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/blog/dangerroom/200706/20070607124127.html

パラメトリック・スピーカー – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%
83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%
83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC


超指向性音響システム「ここだけ」三菱電機エンジニアリング
http://www.mee.co.jp/sales/acoustics/kokodake/

長距離音声発生装置 | セキュリティ・非破壊検査関連製品|コーンズ ドッドウェル株式会社
http://www.cornes-dodwell.co.jp/products/security/sound/

らばQ:人の声を完全コピーして話すことが出来るようになる?
http://labaq.com/archives/50809302.html





「裸が見える空港スキャナー」は児童ポルノ法違反? | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/201001/2010010623.html

英空港に全身透視スキャナー導入へ、「児童ポルノ規制法に違反」と
市民団体 写真2枚 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2679712/5123871

YouTube - X線センサーによる透視 携帯型スキャナー
http://www.youtube.com/watch?v=QZ-XZAKwqYI

30センチのコンクリート壁を透視するレーダースコープ
http://japanese.engadget.com/2006/01/09/darpa-radar-scope/

大きな可能性を秘めた新タイプの無線技術が登場 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/archives/200012/2000122807.html

スルーウォール・モーション・ディテクタ Prism 200 | 製品情報|コーンズ ドッドウェル株式会社
http://www.cornes-dodwell.co.jp/products/security/safety/products_prism200

地球を地下5kmまでリアルタイム透視:米軍の計画 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/201002/2010021223.html


ここまで来た!海外製盗聴器や盗撮カメラの技術水準
http://scanlock.hp.infoseek.co.jp/kaigaitouchixyou.html

bad news!! - 電線なしで電気伝える実験に成功 - 盗聴盗撮被害情報室(仮題) | Google グループ
http://groups.google.co.jp/group/nazo/web/bad-news


数百円で作れるレーザー盗聴器 (実際に作ってみました)
http://japanese.engadget.com/2007/08/31/DIY-laser-long-distance-listening-device/


らばQ:1枚の写真から家の鍵を複製するソフトウェアが登場
http://labaq.com/archives/51122422.html




ついに頭の中まで隠せなくなったか! 脳内思考を映像でも解析成功 - Ameba Newshttp://news.ameba.jp/gizmodo/2009/12/52317.html

「意識による判断の7秒前に、脳が判断」:脳スキャナーで行動予告が可能 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200804/2008041723.html

ニュース - 科学&宇宙 - fMRIスキャンで心が“読める”?(記事全文) -
ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=40036596&expand

インテル、人の思考を読み取るソフトウェアを披露--最先端技術の研究で - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20411925,00.htm

人間が思い浮かべた言葉を、MRIスキャンで探知する : ギズモード・ジャパン
http://www.gizmodo.jp/2008/06/mri_1.html

神経活動を分析して「見ていたものの再現」に成功 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200909/2009093022.html

思考がパスワードに――脳波パターンでID認証(1) | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200705/2007051522.html

ニューロスカイについて
http://www.neurosky.jp/

米国防総省、脳の活動に反応するシステムを開発中(1) | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200705/2007052820.html

「思考で制御される外骨格」:脳活動で歩行ロボットを遠隔制御する日米共同研究 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200801/2008011720.html

「人が考えASIMOが動く」-ホンダ、ATR、島津製作所、新BMI技術を開発~
移動可能な装置を使って2方式で脳活動を計測・デコード
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/31/1692.html

日々是遊戯:たぶんシンクロ率15%くらい――脳波だけで「スーパーマリオ」を
プレイしている動画が話題に - ITmedia Gamez
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0909/09/news085.html

日々是遊戯:脳波マウス「OCZ nia」を使って「テトリス」にチャレンジしてみる
-Tmedia Gamez
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0910/19/news080.html

念じて遊ぶ「脳波トイ」とは? 2010年ヒットの予感。 - ENTERTAINMENT - X BRAND
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/entertainment/4333/2.html

「レーザーで脳ニューロンを正確に刺激」する新しい治療法 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200905/2009051523.html

「脳から特定の記憶を消去」に成功:タンパク質の操作/マイクロ波等の照射が記憶に影響
| WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200811/2008110123.html

超常体験は脳への磁気刺激が生み出す幻か | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/archives/200204/2002042302.html

「感覚遮断」で幻覚出現:情報源の判断エラー説 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200910/2009102623.html

カナダ人物列伝/第2章 医学の先駆者たち
ワイルダー・ペンフィールド
http://bluejays.ld.infoseek.co.jp/medicine2.htm

人体へのハッキング攻撃:発達する「神経工学」とその危険性 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200908/2009080323.html

ゴキブリを軍事利用:米軍の計画 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/201002/2010021822.html

生きたカブトムシをリモコン操作(動画) | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200909/2009092521.html

攻撃型ハチ、脳波を送信するネズミ――研究進む「動物の軍事利用」 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200712/2007121320.html


脳波利用の「スター・ウォーズ双眼鏡」 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/blog/dangerroom/200705/20070529131350.html




雷 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B7

超音波 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2

モスキートーンで悩む: お悩み手帳
http://picksclicks.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-b62a.html


間瀬研究室-プロジェクトの紹介
http://www.astec.kyushu-u.ac.jp/mase/mase_lab.html

マイクロ波・ミリ波計測システムの開発と産業応用
http://www.astec.kyushu-u.ac.jp/mase/thema/micro.htm

新領域:マイクロ波ロケットの高推力化に成功
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/news/20100105press.html


宇宙太陽光発電 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5
%85%89%E7%99%BA%E9%9B%BB


ISAS | 太陽発電衛星 / 衛星・探査機技術
http://www.isas.ac.jp/j/enterp/tech/st/14.shtml


エシュロン – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%83%B3

あらゆる個人情報を記録する米国防総省の新プロジェクト | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/archives/200305/2003052102.html

米国防総省の『ライフログ』プロジェクト、真の目的は人工知能構築 | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/archives/200307/2003073103.html


警察への相談を全て記録管理 事件防止へ警察庁新方針  - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100218/crm1002181035006-n1.htm


人が悪魔になる時――アブグレイブ虐待とスタンフォード監獄実験(1) | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/200803/2008031323.html


集団ストーカー?

防犯パトロールマニュアル(東京都)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/an_machi/image/bouhan_pato.pdf

自主防犯パトロールの手引き(三重県警察本部)
http://www.police.pref.mie.jp/info/jishubouhan/tebiki.pdf




メディアや政治ブロガーらが触れない世の中の深層真実に気付こう! -
思考盗聴・電磁ハラスメント・マインドコントロール
http://www40.atwiki.jp/inkyo/pages/20.html

An Ex-Refugee in Europe: 音声送信(V2K)を使用したマインドコントロール Part 2 ー対処策ー
http://janebauer.blogspot.com/2009/06/part-2.html

電磁波と超音波での攻撃 - BIGLOBEなんでも相談室
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa4429119.html

以上

関西の被害者「僕のご近所トラブル」のブログより転載


2010年10月26日~


被害者リンク集