×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



被害者ブログリンク集

Systematic crime of Soka Gakkai. Systematically aims at the individual in the group.

人気ホームページランキング → 応援のクリックお願いします

「ブログ」のタイトルをクリックすると開きます。

1  日本のカルトの組織犯罪
この手の被害に対し病気・妄想説を繰り返すことの矛盾
ネット上での、この手の被害者に対して、「妄想」「病気」などというものを繰り返す輩がいます。たいていの場合、複数の掲示板において同種論が同時期に書き込まれ始めます

当案件の例
車両ナンバー等は、時間・場所のばらばらな場所で確認・複数回合致しました。市内、市外、地方ナンバーもあれば、市外での在住区ナンバーもあります。このような説だとすると、ほぼランダムに記録されたことになります。その車両を調べた場合に、個々の車両持ち主同士に、接点があり、しかも数珠繋ぎに繋がっているということがどれだけ起こるでしょう?

まれに1件かそこらの接点が見える可能性はあるかもしれないが、それが2重3重に繋がっていくことはほぼ皆無でしょう。では、2ヶ月間、できる限り全ての車両ナンバーを記録し照合したとします。この中から、同型同ナンバー(複数)や、同型同色同ナンバー(複数)の車両が見つかる可能性はどうでしょう。それもほぼ皆無でしょう。

上記2例に加えて、相互接点車両持ち主が「創価学会員・その関係者」という共通性を持っていることはどうでしょう。更に、その記録内の創価学会員が「特定の喚き」を行うということが起こるのは奇跡のようなものです。が、「妄想」「病気」説をもってすればこれが通例、ということになります。

「妄想」「病気」説が、よっぽど妄想的であると言わざるを得ないでしょう。

--------------------------------------------------------
・・・・公明の与党参入以降、勘違いし増長した学会員の暴挙が増え、また、個々学会員の私怨・私益確保のために見境なく攻撃対象を増やしたことが現在の、「集団ストーカー・組織的ストーカー被害告発」という形で露呈してきたのです。全国で、そ知らぬ顔をして住んでいる学会員達が、その組織的犯罪の、部分部分を担っているのです。全体像を知っている・いないに関らず、オウム信者が住んでいるのと同等の危機を孕んでいます。ちなみに団体特有の考えとして「都合の悪い相手は、頭がおかしい・異常者 」とする特徴があります

この犯罪の大きな特徴
○犯行起因者(依頼者等)よりも、被害者近隣の創価住人及び関係者が犯行の主体になる。つまり、特定できた犯行者が、本来の(起因)犯行目的と必ずしも繋がらない(人的には繋がる)

なぜか?・・・何をきっかけに誰が犯行を仕掛けたか解らないようにするため。

○上記の為、近隣の創価犯行者は、後々の為に ①「近隣トラブル」に見えるように、或いは②「被害者が精神異常であるかのように」画策し、自分達が被害者である、または「自分達の異常行動を正当化する理由」というものを創作する

なぜか?・・・
① きっかけとなった人物・事象とは無関係なはずの創価学会員らが主体として動き、公になった際に、関与している理由が必要だから。あるいは関与否定のためには被害者の妄言としなければ逃げられないから。

○被害者が「悩んだり」「嫌がったり」「気にしたり」「怒ったり」などすることであれば、「効率・金銭に関係なく、どんなくだらない事でも繰り返し行う」

なぜか?・・・
① 被害者の精神面への攻撃でもあるため ささいでも積み重ねて精神面への悪影響を促すためです。人は不機嫌な顔であれば対人関係にも悪影響が出ますから、対人関係破壊の助長ともなります

○多くの被害者が経験済みのように、警察等へ話した際にも「わざわざそんなことはしないだろう」という一般常識の壁に阻まれることにもなります。

○一部被害者や一部犯行地区のみで「低周波等悪用による聴覚への傷害行為(言葉の焼付け)」も行われており、この手の被害告発は「電磁波被害者・思考盗聴被害者」という部類として捉えられています。(被害者の被害認識による差異でしかない)これも精神面重視の攻撃です。

○大抵の場合、近隣配置の犯行者が「焼付け」とまったく同じ言葉・内容を喚き、被害者精神面へアピールします。「焼付け」行為が行われている際、被害者部屋周辺には「低い唸り音」が発生することが多いです。

-----------------------------------------------------------
ネット上で見られる被害記述のなかで複数件において、「医療措置入院を利用・偽装した精神病院への封じ込み」が見られることです。事は単に組織的ストーカー被害に関係しているか否かという次元ではありません組織的ストーカー行為により、被害者を精神病と見えるようにする段階から、医療措置入院偽装にまで持ち込む段階までが完全に組織的犯行として確立されているのですから、公開されている被害数以上に実際の同被害があるはずです。被害者傾向として「一人暮らし」等の場合に利用される率が高いようです。

全国には多数の失踪者・行方不明者がいます。上記手法を見る限り、
① 全国の失踪者・行方不明者リストと、
② 全国の精神病等関連入院施設の入院患者と、その施設の死亡者等リストを照合すれば、非常に高い確率で合致者がみられるであろう事が予想されます。

単純に急造された小組織に可能な手法ではありません。各地住人・各階層に多数の信奉者を持ち無理やり辻褄を合わせられる大きな組織でなくては不可能でしょう。警察及び関係官庁は、これらの照合・把握をし、案件が見られる場合には大々的に捜査を行うべきです。

---------------------------------------------------------
音声被害は、組織的ストーカー被害の中の1パターン
音声被害のない被害者の方でも、音声被害を疑って掛かる方も少なくありません。音声系被害を受けている方には「加害者がわからない」方も多くいますが、ある傾向があります。

音声系被害者で明確に「犯行者一部を確認している」「事件前後に犯行に関わる言を受けている」複数の案件で「創価学会員による組織的加害」を訴えているのです。これはネット上で情報を見てから意思同調しているわけでなく、個別に受けた客観的事実から同じ犯行組織を特定しているということを意味しています。

また、創価には「仏罰」という表現があります。創価じゃない者や敵対者が不幸になると「仏罰が当たった」などと言うものです。が、何故かそういう場合、「偶然にも」創価学会員が周辺で風評流布を行っていたりストーカー素性が「偶然にも」創価学会員だったり創価学会員と揉めた直後などに「偶然にも」 業務上の不審なトラブルが続発したりなどなど おかしな偶然?が多発します。

--------------------------------------------------------
被害種別に関係なく「日常の音」を悪用した行為
「サイレン」「航空機の音」「販売車両の音声」「建築中の騒音」「動物の鳴き声」「汽笛」など、日常生活で聞こえても一般人には特に気にならない音です。

聞こえても、わざわざ音源を確かめる人は皆無でしょう?が、組織的ストーカー被害者には、各事象に際し印象的な音ではないでしょうか? 当案件では、「実際には周囲に存在しないのに、上記音源が響き渡る」ケースが何度も確認されています

自分の周囲の創価学会員は普通に見えるが? という方
こんなケースは見たり聞いたりしたことがありませんか?

○特定の創価学会員にしか話していない事を、違う場所違う人物から言われる。近隣住人にしか話していない内容が、いつのまにか近所中に知れている

○教えていないのに、創価学会員&関連人物があなたの個人情報に詳しい

○創価学会員&関連人物と揉めたあと、あちこちで、あなたに対しての悪評がたつ

○創価学会員&関連人物と揉めたあと、急に間違い電話・アダルトメール・ワン切り等が増えた

○うわべは好意的だが無理に親しくなろうとしてくる相手が実は創価学会員だった

○近所には極少数の創価学会員しか住んでいなかったが、なぜか近隣に不幸が起き転居したりする住人が増え、代わりに転居してきたのは創価学会員だった。そして創価学会員コロニー化してしまった

○近所で評判の悪い創価学会員がいるが、文句をつけた近隣住人は何故か不幸が起きたり、精神に異常が起きたりと複数の一般住人におかしなことが起こった。それが起こるあたりからその創価学会員宅に何度も人が集まっていた

○仕事上で創価学会員の不正を正すと、途端に仕事上でのトラブル・悪評が増えた。あなたが(たとえ知らなくても)創価学会員に話す個人情報や、他者個人情報は、学会員グループには必ず筒抜けになります。情報の多くは、悪意のために使われます。

--------------------------------------------------------
創価組織ストーカーの大きな特徴 → 信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:) 被害が続いてる限り、 「犯人は必ず定期的に顔を窺いに現われます」なぜなら、被害者個人情報から行動を推測したりはできますが、頭の中まで読めるわけでなく「実際に見なければ様子がわからない」からです。「ほとんどの案件で、近隣住人の関わりが浮かんでいる事を忘れないように」近隣住人全てが敵対的に見えるかもしれませんが、犯行に加担しているのは特定の種類の住人だけです。

それら特定の住人達には相互間の行き来があったり、ストーカー車両との接点があったり、共通する 特定場所に出入りしているものです。「また、地域を変えても(旅行等で)近隣住人の加担が見られますが、全地域共通の犯行専従者が現われることが多いです。」

---------------------------------------------------------
テロリストが使った言葉「我々には一度チャンスがあればいい」というものがあります。「守るほうは始終警戒し多くの時間は徒労に終わる、その隙を一度でも捉えれば、、、」という意味合いです。組織的ストーカー事案において、守りのほうは被害者そのものです。が、一人でも犯行者特定が出来れば立場は逆転します。

組織的ストーカー手法を使う理由のひとつは素性を隠す為ですが、そのカバーが剥げるのです。被害者のみならず、「近隣の一般住人・会社・学校などで犯罪者という素性がバレてしまう」ことをストーカー達は恐れているのです。ストーカー達は、被害者の子供を含めた家族・恋人なども平気で攻撃対象にしますが、「自分達の子供を含めた家族・恋人」を狙われることを極端に恐れます。そうなると、始終疲弊しボロも出やすくなります。追いかけだすのは被害者だけでなく、第三者も加わってきます

--------------------------------------------------------
【重要】1
当案件で行われたレイプ音声と体への傷跡の利用、他被害者様でも利用されている事実が判明。 まったく同じシナリオが、他地域でも利用されています。また、他被害者様の情報で決定的なのは、「被害を知らないはずの創価学会員から「創価に入会すれば、ストーカー被害も覚えのない受傷もなくなる」といった発言が行われていることです」

------------------------------------------------------
犯行者が露呈した場合
○「必ず」被害者が精神異常と取られるような、また神経失調、自殺となるまで犯行は「絶対に」止めない
○被害者が自己精神を疑うよう、また他者も被害者精神状態を疑うよう、同色同型同ナンバー複数車両によるストーカー行為を行ったり、被害者にしか聞こえないよう音声や騒音を流すなどで、被害を被害者のみに判る形で行う
○基本は精神攻撃であり、業務妨害・家族関係破壊・対人関係妨害はその効果を増大する為に行われる加害は、被害者と創価ストーカー達のみにわかる形で行われ、対外的には自分達は何もしていないが被害者が思い違いをしている風を装う。被害者に対し、何・誰を疑わせ本来の目的と創価の犯行を隠すかは、犯行起因の私怨・私益等内容により違う。大抵の目的は対人・対社会関係の破壊であり、目的達成の成果には関係なく、被害者が潰れるまで繰り返す。創価学会員は、都合の悪い相手・私益を妨害する相手に対して
「仏敵」などと称し、「責め抜け」などと都合よく宗教を利用している危険団体である

また、この手法は全国的に共通であり、創価学会が標準手段として利用している可能性が極めて高い創価学会員は地区・業種・年代などにより内部グループを構成しているが、この組織的ストーカー行為を専従として行うグループも構成しているとみられる。警察等への通報阻止と信頼度低下を促す為、被害者間メールやホームページ・掲示板等で、犯行主体を警察及び関係者とする虚偽の情報を流布している


---------------------------------------------------------
【重要】2
件において、記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが過去に近づいていた被害者複数に「不自然な死亡と自殺者、脳疾患と脳疾患死・急な神経失調が 不自然に多い」

記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが転居した場合
「前在住地区では、同案件と同様な事件(記載犯行者の絡む不可思議な近隣トラブル等も)が発生している」 記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが特定の宅・自宅(被害者近隣)に入った後には、「近隣において、犬等の急激な鳴き声が連続して起こる」記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが特定の宅・自宅(被害者近隣)に入った後には、「近隣において、テレビ等への急激なノイズ混入が発生する」

【当案件では】
記載主犯者等は、当方と交際相手を離別させ割り入る目的の依頼の元、札幌・苫小牧の複数の創価学会員を主体として

1.当て逃げ行為によるトラブル演出
2.複数人による長期的なストーカー行為
2-1.偽造ナンバーや、作為的同一同色同型ナンバー車両複数を道交法違反を知りつつ運用する行為3.風評流布等による交友範囲と業務への妨害4.低周波音響を伝送波として誹謗・中傷・脅迫・交際相手レイプ音声を、近隣宅より高い音圧にて当方寝室等特定場所へ発生させ、聴覚への焼付け・頭部への過度な刺激による脳疾患誘発・終日数年にわたり音声を聞かせることでの精神疾患誘発を意図した傷害行為

4-1.上4を就寝時に当方及び関係者へ「伝送波」のみ又は音声有りで、就寝時に当てる行為を繰り返し、オウムがニューナルコとして行った洗脳・催眠効果類似を意図した傷害行為。使用される喚き等音源は、創価信者等の多数出入りする拠点で、被害者動向に合わせて内容を変えてレコーディングされている。近隣創価信者は、定期的にこれを集配し運用している 

同・創価学会は世界主要国でもカルト・セクトとして正式に指定されている。また、各地で同様の被害を訴える声の中で、複数の創価学会員関与の声があり、手法がほぼ一致していることから創価学会において、同手法が非合法工作の定番として運用されているとみてよい。

当該情報の各警察への送付の中で、警察向けのみに記載した事項が送付後より漏れていることから、警察内部での創価学会員警官による情報漏洩が高い確度で疑われる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
当HP管理者は、長年の被害体験を基に、深い考察から記述されています。記述の一節、一節が重要であり、見逃せません。膨大な記述ですが、是非、閲覧していただきたいHPです。この犯罪の詳細が解ります。英語版あり アメリカフランスオーストラリア、ドイツ韓国、イタリアロシアインド
イギリスカナダのヤフー検索で group stoker of the Sokagakkai と検索すると1番目か2番目にでてきます English で出てきます。上記の外国の他 30ヶ国ほどのヤフー検索でも同様に検索できます。今のところ中国だけは検索できません。創価学会と中国は体質が似ていますから創価の悪口は削除の対象なのでしょう。世界にいる知人や友人に知らせてあげよう


2 司法試験予備試験に挑戦中!集団ストーカー・テクノロジー被害者
青森県の男性被害者 yumeyomiya22 さん
音声送信被害者

2012.4.19の日記より

起きている時間のほとんどを、人工的な悪意に満ちた音声と強制的に会話させられている状態です。しかも、脳内で少しでもこちらが弱気になると、奴らはそこにつけこんでくるので、早い話が、24時間、強制的に動物並みの知能の音声と喧嘩させられている状態なのです。今まで、どれほどの罪もない人間が、わけもわからず、周りの人間や家族にまで変人扱いされ、絶望の中自ら命を絶っていったのか。・・略・・命がけでこの犯罪と最期まで戦い、決死の覚悟で行動をしてきた、既に亡くなった沢山の被害者、あるいは、一握りの正義感ある人間の命がけの行動のおかげで、私達被害者もなんとか今、生きていられるのだと思っています。記事の続きはこちら
2012.4.25の日記より

去年の10月半ばぐらいに、予備試験受験を決意してから、約半年。受験を決意できたのも、集団ストーカー被害者の会の方と初めて連絡を取り、沢山の被害者の方が、被害に負けずに街宣活動や、社会復帰などをされている、ということを知り、自分もこのまま加害者の圧力に負けて何もしないままでは、どうしようもない、と思ったからです。・・・中略・・・私もなんとか司法の方から被害者のためにできることをしていきたいと思います。私がこのような状態で予備試験に合格することが、彼らには相当なダメージになるはずです。なぜなら、彼らの猛攻撃も、私達被害者の鉄の意志の前には、なすすべがない、ということを思い知らすことができるからです。記事の詳細はこちら
2012.4.27の日記より

東京や大阪の会場受験の方は日曜日なんですね。ネタバレになったらすみません(笑)で、恥をかくのを承知で晒しますが(笑) 教養21 民事46 公法42 刑事49 で総合158点でした。。。去年の合格点が165点でしたから、合格推定点は同じぐらいか、あるいは下になりそうに思います。なんとか合格推定点に届いてくれていればいいのですが。。。
2012.5.19の日記より

なんだかんだで、もう試験は、今の時間だと明日?になってしまいました。過去問の復習も予定のところまで終わりそうで、後は、滞在先のホテルで最終チェックという感じになりそうです。受験を決意してから、毎日(ここ2年ぐらいはずっとなのですが)、24時間続いた思考盗聴+音声送信による激しい勉強妨害。自分で言うのもなんですが、よくここまでこれたなと思います。この被害は、実際に遭ってみなければわかりませんが、何をするにも人の何倍もの気力、精神力を必要とします。記事の続きはこちら

2012.5.22の日記より

昨日、飛行機で東京から帰ってきてからは、もうクタクタで、ほとんど今まで寝ていました。。。こんな私でも、試験の結果など心配?されている方もいるかと思うので、お伝えします。先ほど予備校のサイトで確認したところ、一般教養 24民事系 49(涙) 公法系 31刑事系 34で、総合は138点でした(汗)・・・中略・・・当日ですが、会場の早稲田に着いてからも、音声送信はやや弱くなりましたが、試験時間中は常にありました。 特に、一般教養の終了後、民事系の試験開始直後、急に音声送信が強くなり、強烈なプレッシャーを感じたためか、得意だったはずの民法で、ありえないミスを連発してしまいました(大涙)あの時はもう、この受験自体が壊されるという恐怖と、本試験会場独特の緊張感で、自分ではかなり強い気持ちで跳ね除けていたのですが、頭の歯車が完全に乱されてしまいました。そうでなければ、普段は絶対にしないミスがあったので、民法が原因で落ちたら、とても悔しいです。そうでなくとも、この試験は時間との闘いなので、音声送信と常に戦いながら、時間内に問題を解ききるのでも精一杯なのです。
記事の詳細はこちら

2012.5.29の日記より

・・・略・・・思考盗聴、家庭内盗撮盗聴についてですが、これは敗戦後のGHQから、マスコミや国家上層部が一般の日本人を二度と歯向かえないように、その技術を受け継いだものと思われます。・・・中略・・・今までこの技術を隠蔽し、悪用していた連中、その連中の威を借って、人の人生を奪いながら高い生活を維持してきたような連中は、この先、およそ人間として生きていける見込みはないと思います。・・・中略・・・司法試験の短答の点数は、合格点に届かない可能性が濃厚になってきています(涙)というわけで、私はとりあえず、伊藤塾の全国公開模試に申し込みましたので、これから1か月、大急ぎで10科目の論文を書ける体制にもっていきたいと思います。論文受験組が死に物狂いで勉強している今、さぼってしまうと、その差は永遠に詰まらない試験なので(笑)、なんとかモチベーションを保って勉強を続けたいと思います。そしてもちろん、2014年度の最終合格を確実なものにできるよう、頑張っていきます

2012.6.26の日記より

久しぶりに勉強を休んでいる間、何を思ったかというと、加害者の方は、とにかくこちらを精神的・物理的・経済的に追い詰めて、やはり、最終的に自殺させようとしている、ということです。私のやることなすことを全て否定することにかけては、相当な訓練というか、マインドコントロールを受けている人間が相当数加担しているのは間違いありません。・・・略・・・これからテクノロジー犯罪の実態が明らかになるにつれ、犯人共は、被害者が受けてきた何倍もの苦しみを味わうことになるのでしょうね。自業自得とは正にこの事です。記事の詳細はこちらから

2012.6.30の日記より

略・・・私たちのこの犯罪に対する追求は凄まじく鋭く、正確で、既に頭が化石状態の、いまだに将軍様気取りの既得権益層にはとても手がつけられないレベルに達しています。思考盗聴で好き放題してきた馬鹿どもは、このような強力で優秀で正義感のある、とても敵わない強力集団を、馬鹿の一つ覚えのように、今更全く通用しなくなった金、権力で抑えこみながら、何も知らない一般市民には、一生この犯罪を隠蔽しなくてはならないのです。中略・・・さあ、もう勝負は決しています。我々被害者に負ける要素は一つも見当たりません。馬鹿に頭を読まれながら、全くの茶番にすぎない裁判を起こすために予備試験の勉強をするというのも、実に下らない作業なのですが、それはそれで、ある種の趣すら感じられないこともないので、自分自身でなんとか楽しみながらやろうと思います。これからの時間の経過に伴って、時が進めば進むほど、私の存在、経験は、奴らにとって相当の脅威になることは間違いありません。

2012.7.23の日記より

集団ストーカーの写真はどんどん撮って、アップロードしていくべきです。・・・省略・・・「公道」というのは、プライバシー保護の必要性が後退し、犯罪捜査の必要性が上回る、というのが刑事訴訟法では常識です。また、写真のアップロード行為に関しても、被害者は外出するたびに急迫不正の侵害行為を受けており、その被害を少しでも軽減し、犯罪を告発するために行っているのですから、仮に犯罪者がプライバシー権侵害といってきても、正当防衛(刑法36条1項)あるいは一般的正当行為(刑法35条)として、民事・刑事ともに違法性が阻却されます。つまり犯罪ではありません。記事詳細はこちら

急迫不正の侵害・・・(現在差し迫った人権に対する不正な危険)から自分の権利を守るため、やむを得ずにする行為は適法な正当防衛として犯罪にならないとされている。

2012.7.27の日記より

私の母親が乳がんだと診断されたのは、昨年の12月頃。ちょうど、私が予備試験を志し、また新たなスタートを切ってまもなくです。そして先日、84歳になる祖母が、夜中にトイレに行こうとしたところ、つまづいて、とても歩けないような状態になり、病院に運ばれました。このような一連の出来事は、通常は自然現象として受け入れるのが一般的でしょう。しかし、今はハイテク技術によって、人の体に故意に癌細胞を作ったり、脳の一部をコントロールして老人を転ばせたりするのは、十分可能なのです。
記事の続きはこちら

2012.8.16の日記より

ある女性被害者が、しつこい集団ストーカーの迷惑防止条例違反の現行犯現場証拠保全の為に、カメラを加害者に向けたところ、『お前を訴える』と言われたそうです笑。今回は、私の返答をそのまま載せさせていただきます。私からの返答・・・まず、刑事上は罪になりませんから安心して下さい。刑法230条の2により、インターネットによる名誉毀損であっても、確実な根拠に基づいて事実を摘示したのであれば、仮にそれが真実でなくても、罰せられることはないのです。真実なら当然無罪です。参考判例1;最高裁S44.6.25 参考判例2;最高裁H9.9.9 掲載しています。 記事詳細はこちら
2012.8.27の日記より

私は一人息子で、家族も私を頼りにしているのですが、このテクノロジー犯罪によって24時間、あらゆる行動の監視・脳への音声送信・思考盗聴、外ではいまだに人海戦術による集団ストーキングで、徹底的にこちらの気力を奪ってきます。・・・中略・・・この状況では何をするにしても、自信を持って家族を守っていく!とは言えません。というか、ここで何か無理をさせて再び私に恥をかかせて潰そうと企んでいるのでしょうし、もうその手にはのりません。何を隠そう、私はメチャクチャ勘が鋭いのです。
記事の続きはこち

2012.9.22の日記より

機密費として、一般会計、特別会計にも載らない多額の集団ストーカー予算があり、その利権に、全国に支部を持つ創価学会・ヤクザなどが群がって、特に公明党が与党入りした2000年前後からは奴らがこの利権をほぼ掌中にし、この大量の予算で民間人などに大量の協力者を作り、やりたい放題してきたものと思われます。記事の詳細はこちら
2012.9.26の日記より

人権侵害救済法案という、非常に危険な法案が閣議決定されてしまいました。動画はこちら ご覧のように、これは例えば、在日韓国人を『在日!』と言っただけで差別、ということになり、在日韓国人、創価学会員や集団ストーカーに加担しているプロ市民のみで構成される人権委員会というところが、裁判官の令状なしに、勝手に家宅捜索や押収などをできてしまうという、略・・・重要な法案はこっそり、目立たないように通し、徐々に大きく育てていくのが奴らのやり方です。そして、この法案に唯一反対していた松下金融大臣が、閣議決定された9月19日の9日前、9月10日に自殺しています。

記事の続きはこちら
2012.9.28の日記より

・・省略・・・時間が経つにつれ、現在の経済や社会システムは崩壊に向かうと私は確信していますが、そこで私達被害者が、今までやりたい放題だった無能力者のゴミを処分した後に、世界中が納得できるようなビジョンを示せれば、また世界は本来の姿を取り戻し、争いや戦争のない世界が実現できると思っています。記事の詳細はこちら
2012.10.23の日記より

集団ストーカー被害者による初のデモは、大成功だったようです! 集団ストーカー新宿デモ行進(1)はこちらから。 私は、1999年~2001年、一身上の都合で退所するまで、横浜家庭裁判所で裁判所事務官として働いていました。鈍っていた法律知識もある程度は取り戻せましたし、色々とこれからが勝負だと思っています。記事の詳細はこちら

2012.10.27の日記より

この犯罪は、組織の息のかかった創価学会信者や在日朝鮮人の医師に、今まで集団ストーカーという組織犯罪が全く認知されていなかったのをいい事に、ターゲットを精神疾患に認定させて、社会的に抹殺するのが常套手段です。そこには、医療製薬関連組織との長年にわたる深い癒着が容易に推測でき、そうなりますと、イザ裁判になった時には、やはり医学関連の知識もあるに越したことはありません。ですので、弁護士資格と共に医師資格もダブルで取ってやる!ぐらいの気持ちで、勉強しています。記事の詳細はこちら

2012.10.30の日記より

とても残念なことに、テクノロジー被害者の仲間が自殺されました。下記のブログを書かれた早坂学さんという方です。ブログタイトルは → 希望ある日が来るまで 中略・・・彼はブログの中で、加害者は創価学会の在日朝鮮人だと断定しており、私は、彼の死を無駄にしないためにも、必ずこの組織犯罪の全てを白日の下に晒し加担した者には相応の刑罰を課さなければならない、と強く思いました。記事の続きはこちら

2012.11.4の日記より

私達のようなテクノロジー犯罪被害者が自殺しても、メディアはもちろん、2ちゃんねるでも全く話題になりません。それだけ、今の日本には何らかの形でこの犯罪に加担している輩が多く、メディアでも、集団ストーカーやテクノロジー犯罪関連の事件に関しては、徹底的な隠蔽体制が整っている、と感じます。・・・中略・・・私達被害者も頑張っていきますが、今の社会では自分は幸せとは思わない、心ある日本人の勇気ある行動もなければ、この犯罪の解決は難しいと思います。そして、その勇気ある行動は、必ず後で報われます。なぜなら、近い将来、この組織犯罪は必ず、徹底的に摘発されるからです。記事の詳細はこちら

3 創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団ストーカー」の告発
音声送信被害者

この被害に遭ってつくづく思うのは、インターネットによる情報源がないと全く何が起こったかわからず、恐怖が倍増するということです。私も被害当初、様々な被害者ブログや2ちゃんねるの情報のおかげで自分の身に何が起きたか、どんな犯罪に巻き込まれたか、何処がやっているかを認識でき、対策を講じることができました。


私の実家は東京ですが 大学は京都にある大学に行っており、2000年に卒業して帰郷しました。大学は経済学部でしたが、小学生から絵を習い、高校からバンドをやったりこの方面が非常に好きだったので、大学でもバンド活動や文学活動を続け、就職活動をしないまま卒業しました。

 

偶然 弟の仕事関係で詩グループを作ってる人間がいると聞いて そのグループに参加。その頃は私は音楽より詩表現に嵌っていました。その弟の仕事関係の人間が創価学会員(桑原と言います)でした。しかし、その創価学会員は2003年までは自分が層化であることを明かしませんでした。

 

このあとの詳細記事はこちらから

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

2005年夏、ガスライティングをやられていた女性と 創価と 三人で飲んだのですが、そこでの私の発言が気に食わなかったらしく、というより それを持って創価学会への 私からの宣戦布告にしたかったのか理解できませんが、それから本格的な規模の集団ストーカーのリストラ工作が始まりました。尚、私は これを創価学会がやってる等、2008年6月に電磁波犯罪が始まるまでは全く気づきもしませんでしたが。

 

これは、私のPCが2年間壊れたままで インターネットで 情報収集できる環境がなかったためですが、同じ様な情報弱者の人が 世の中に まだ沢山いると思います。

 

その中には、集団ストーカー被害者の方も含まれているでしょう。そういう方は簡単に自殺誘導によって命を奪われてる可能性があります。創価学会が危険な団体とは知らなかった人が多かったからこそ、この連中が与党なんかになれたのですよ。

2005年秋、今思えば朝鮮人のような顔をした40代の人間が入ってきて それが出社初日に 他のメンバーと突然大喧嘩を始めました。

このあとの詳細記事はこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

私の集団ストーカーのきっかけになったのは埼玉県飯能市在住の創価学会員桑原という男ですが、この男は集団ストーカーや電磁波犯罪を層化が始める前に散々私にメールや言動等で、犯行を暗示してきました。

この男は日野日出志という漫画家の「蔵六の奇病」というホラー漫画が大好きで、何とか私に読ませようと創価信者特有の不気味なへらへら笑いで勧めてきましたが、この漫画の内容は集団ストーカーと電磁波犯罪の状況そっくりなのです。

漫画のあらすじは、蔵六という絵の才能は凄いが知的障害の青年がいて その障害ゆえに村八分にされたが、それに加えてある日ハンセン病か何かの皮膚病に罹ってしまい村の外れの小屋に閉じ込められます。蔵六の体中から七色の膿が噴き出しますが蔵六はそれを絵具にして絵を描き続け、最後は不気味に思った村人に追われ沼に入水自殺するというものです。

集団ストーカーは、膨大な信者ネットワークを使った村八分工作が基本です

このあとの詳細記事はこちらから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

多くの電磁波犯罪被害者の方が仰られてるアメリカ独占資本(ユダヤ?)がやっているという見方には賛成してません。

 

層化は公明党を持ち、対共産党の勢力として自民とのコネクションも昔からあります。田中角栄の田中派が 積極的に創価学会と関係を深めていたようです。

 

自公連立で10年間与党で「日本国政府」が持つものは全て所有できたと思えます。当然、アメリカDARPAの先端技術も自民党、防衛庁(省)経由で余裕で手に入るでしょう。自民を牛耳ってボロボロにした程ですから。しかし、層化の持つ思想を検証して見ると 明らかに中共、北朝鮮のような共産圏的な全体主義です。

 

アメリカがわざわざ宗教団体等使ってテロをやる動機もわかりません。本来日本は敗戦国であり、在日米軍を抱えてる程なのだから、直接行政機関を動かせば足ります。こういうことしたいのは宗教団体を隠れ蓑に侵略しようとしてる共産圏の可能性が高い。それに、私は完全に親米の人間であり、私がターゲットになるのも理解できません。

 

しかし、共産圏が首謀してるなら、親米で昔の日本の教養が幼い頃から好きな私がターゲッ
トになったことが納得できます。連中は親の仇の如く徹底して攻撃してきますからね。それに、アメリカが同盟国に無差別テロとか普通に考えて有り得ません。無意味、無益です。

 

このあとの詳細記事はこちらから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日、親父お袋以上に逝かれたキチガイにブレインジャックされてる弟が発狂したようにやってきて、私を強引に強制入院させようとしました。

私の今の精神科医は 元々は信者関係者ではなく、脅迫によって動かされてると思われますので、執拗で別人の様な弟の脅迫からすぐに逃げましたが 創価御用達の精神病院では 事実上の殺害が行われていると私は睨んでいます。

詳細記事はこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

4、テレパシー通信で「我々は創価学会だ」とはっきり言っている。また、電磁波犯罪実行犯は私が「勤行」について「きんぎょう」と読んでいたのを「ごんぎょうだ」と訂正するようなことをしている。

5、電磁波攻撃、パラメトリックスピーカー、超音波攻撃という超ハイテク技術の使用。よほどの財力、規模、社会的地位を持ち、かつ反社会的な組織体質を持ってないと、このようなハイテク兵器を入手できないし、しない。

7、IT会社か そういった部門があるのか、被害者のPCの不正アクセス(全ての被害者に共通)や2ちゃん運営を使ってIP監視などまでしてる。2ちゃんで時々被害報告や層化の悪口書くとアクセス規制されたり、記事が削除されたりする。

 

11、2ちゃんだけでなく多くの被害者の情報やインターネットにおける創価学会情報の総合。公明党矢野元委員長の「黒い手帖」には創価学会がハイテクを使った組織的嫌がらせをするということが書かれており、自身もストーカー被害を受けていると書かれている。

12、ほとんど同じ被害を受けている被害者で「層化だ」という人間が多く、しかも同じ様に嫌がらせ集団の中で層化信者を多く確認してる。

 

私の経験では2008年6月にテレパシー通信が始まった直後、「自殺しないと家族を殺す」という脅迫が凄かったので、混乱して死ななければと思ってしまった時期があり、その頃報道ストーションを見ていたらスポーツニュースの後CMに変わる時、全く関係ない映像<ノートに「自分なりの答えを出しました」という文字が綴られていく>映像が画面の下の方に現れたのをはっきり目撃した。

 

マスコミを使ってまで仄めかしをするというのは全被害者共通の訴えである。民放各社はスポンサーの資金提供で経営されてる面が強く、CMを流す代わりに集団ストーカーの為の映像を製作会社が作って放映する可能性などいくらでもあり得る。

 

ハイテク犯罪被害者だけでも、614人のNPOテクノロジー犯罪ネットワークに参加してない方々がその数倍はいると思われます。被害者を増やせばコストもそれに応じてかかる訳ですが、2ちゃんねるに常駐している工作員が吐いた情報によると、職を失った人間とかを常時勧誘し 公明党議員が生活保護を受けさせその人間をこの集団ストーカー、電磁波犯罪の実行犯にしているようです。

詳細記事はこちらから


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメント

若い男性被害者のようです。リストラストーカー、電磁波攻撃、人間破壊工作など10年以上も受け続けているようです。生粋の江戸っ子らしく正義感が強く、高い見識とモラルを感じさせる記述が満載です。創価学会からターゲットにされるまでの いきさつが明快に分かり易く述べられており、この犯罪が創価であることの裏づけ、充分な証拠となりうると思います。
4  非常な生活 「集団ストーカー」「ほのめかし」にNO!
画像挿入準備中
私の周りの自販機は10年前も前から、非公式にこのような仕掛けがされていた(上の画像参照) 自販機でタバコを買うと タバコが出てくる時間が長い。 待っている間、警報ともつかない威嚇音を出すので、近隣のマンションの住人が起きてしまう。非常に困惑しながら缶ジュースやタバコを買っていた。


違う自販機で缶ジュースを買えば、自販機から、古い冷蔵庫が出すような「ミシッ」というノイズやブザーの音が始終自販機のそばにいる間中鳴らされた。

これらは、私の近隣の自販機に監視カメラを備え付けて遠隔から操作して嫌がらせの音を出していたように思う。

近所の自販機が全て嫌がらせの道具にされてしまったとなるとコンビニやスパーに買いにいかなければならない。しかし、そこでは工作員の張り込みや尾行が始まる。さらに私の場合、店内放送も不快な音楽(平井堅の曲の付きまといなど)やCMに悩まされながらの買い物になる。

つまりは、私のようなストーカー被害者にとってはこのような自動販売機は監視カメラを備え付けた威嚇ならぬブザーで嫌がらせをする防犯の隠れ蓑にしたロボットストーカー工作員に他ならない。

防犯と謳われながら 気に入らない国民を不審者というレッテル張られたものは 自販機のそばを通りかかっただけでも威嚇音を鳴らされるとういうことが、行く先々で行なわれる。

店舗で買うには車両や工作員の嫌がらせがある。結局、この国にいる間は買い物すらも許されない事態は延々と続いているとすれば、生活権の侵害どころか生存権すらも脅かされると感じないものがいるだろうか。

公衆電話も不要になるくらいの携帯電話の時代に、なぜ態態、自動販売機に通報電話が必要なのだろうか。また私のような被害者にとっては「威嚇音」というのは緊急車両やヘリなどにも使われているハラスメントにも使うということを暗に示しているだけである。

さらに、Nシステムを始め、いたるところが監視カメラだらけの(電柱の変圧器や電灯も隠しカメラがある噂がある)情況にさらに監視カメラを置くというのは幾重にも無駄が重複してはいないだろうか。

狂気信仰にも近い防犯カルト教は、その教義自体がストーカーという大きな犯罪の上に成立しているために、あらたな犯罪を生む温床をつくっては悪循環に陥る。

このことを証明するかのように、設置から3日目にして、この自販機は、器物損壊という事件を発生させた。「監視社会」とかかれた落書きなら まだましである。人の肌にナイフで書かれたなら、さぞ大事(おおごと)だったろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
若い男性の被害者のようです。しっかりした社会観 国家観を持っている方です。このような方が ターゲットにされる確率が大きいです。彼らにとって レベルの高い人間は脅威な存在です。本来なら そのような若者たちが 世の中の上層部を占めなければなりません。警察官や高級官僚 裁判官 弁護士 学校の先生は 集団ストーカーの被害者の方が適任だと思うのですが 全ては反対 全く逆な人生を歩まされているようです。性格の良い優秀な人材の多い集団ストーカー被害者が 社会で活躍できれば 日本の未来は明るいものとなるでしょう
5 電波障害体験告発  医師
音声送信被害者
電磁干渉波を悪用すれば、あたかもそこに人が居るような雰囲気でゴトゴト・ゴソゴソ等の擬音を遠く離れた個所に作り出すことが出来ます。現に私も体験しており、音の発生場所を確認に行くほど非常にリアルな音がします。

警備保障会社勤務だった隣の親父は、盗み出した会社の機材を使って、我が家のみならず近隣の家にも照射し続けていたようです

私を攻撃している電磁波照射犯はこのサイトを見ており、攻撃方法を変えてきているようです。屋根鳴り・壁鳴り・窓鳴り・額縁鳴りは影を潜め、圧迫感・耳痛・頭痛を起こす強烈な電磁波ビームもここ数日有りません。

深夜にスピーカーから出していた自動車・バイク・遠方を走るトラック音も低レベル再生音に変わっています。攻撃方法をこのように変更出来るなら、一思いに止めればいいのですが、楽しみ事が無くなりますから又始める事でしょう。

インターネットがここまで普及しなければ、電磁波の被害者は今もつて精神分裂症とか被害妄想とかの汚名のもと、社会の隅でひっそりと暮らす日々を余儀なくされていたでしょう。

○”頭の中に声が聞こえる”と他人に話をしてそれ以降は白い目で見られ、苦しい心境の癒しが出来ず、解決策も持てずに悶々としなければならない毎日。

○他人に公言しないよう、自分自身に汚名が着せられない様、内に籠もって私は病人ではないと自分に言い聞かせる毎日。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
20年以上にわたる被害の凄まじい実態を痛切に感じ取れます。私(当HP管理人)と、年齢的に同じ位の男性被害者です。彼も宗教勧誘に関わるトラブルがあったようです
6 集団ストーカー認知・撲滅(概論)
○集団ストーカー犯罪を知らずして自殺してはいけません。
○うつ病・自律神経失調症・統合失調症の多くは工作された結果です
○職場のいじめ・学校でのいじめは、あなたの責任ではありません。
○不運・不幸が続くのは、あなたの運命ではありません。
○おかしなアルバイトは、集団ストーカー犯罪に利用されています。

日本乗っ取り」を目的とする反日連合勢力(某宗教団体など)と日本のヤクザ(同和・在日)が集団ストーカーを構成している。集団ストーカーはネズミ講的集団犯罪。結局、一部の指揮系統犯罪者のみが利益を得て、大多数の犯罪加担者は利用され犠牲になる仕組みだと解説している。

「見えない内戦状態」のスパイ天国日本。急げ、スパイ防止法の制定!集団ストーカー(24時間監視)を助長する人権擁護法案に反対しよう!人権擁護委員という制度は、国民を「人権」という言葉にかこつけて監視下に置き、報道・世論に対し、人権という言葉で圧力をかけ、ネットですら批判をできなくする法律であり、メディアを完全コントロールする危険な制度だと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
豊富な画像は、 この犯罪のしくみ、歴史、政治の仕組みを容易に手に入れられる。今、「日本国が危機」に直面していることを若者たちが感じ取って欲しいとの思いであろう。当HP管理者は、長年の被害者であり、不幸続き、努力が実らない なぜか運命そのものが、自分の意志以外の力でコントロールされていることに ある日突然、気づいたという。 

彼は今、日本の危機を訴えるべく日夜、奔走している。創価学会の日本乗っ取り作戦に都合の良い体制が徐々に作られていると訴えている。、大型店舗法で、商店街は衰退し、派遣法で、日雇いのワーキングプアを生んた。 財界 政界 に あらゆる不正な手を使い進出、警察、裁判官を買収し、抱きかかえ工作をしたり、あるいは、弱みを握って脅したりしながら、巨大な権力を手中に収めているのだと・・・。 創価学会の集団ストーカーに見られる組織犯罪の核心をついた奇才稀なHPである。
7 すでににあなたにも、洗脳による人格改造が・・・
茨城県結城市結城にお住まいの岩井郷氏の被害記録。被害を受けて5年。 2003年3月~ 変な電話が多くなった。在宅確認にも思える。キャッチセールスも
急増。3/9 直接的な受難の始まり。職場を離れる。眠っていると突然、背中が不自然に冷たくなり、心拍数が不自然に上がってきた。本能的に、命の危険を感じた。

階下でゴーンゴーンといった機械音。下の住人の「こっちか?」の声と共に、気功は向けられてくる。恐ろしさと共に浮かぶ疑問 「なぜこんなことをする?」たまらず外の廊下へ飛び出した。早朝5時台より3時間近く、まだ寒い中を薄着で過ごした。とてもコートとかを取りにいける状況ではなかった。あれは「殺されるもの」だと、体が確信している

日が昇ってくると、ヘリがアパートの上空を旋回し始めた。街中でパトカーが増え、やたらと私の前を横切っていく。 警察に相談に行くと、警察官までも変貌している。署内を歩く警官たちが、陰口調に口にすることは「あの、階段の脇にいる」「あの人なあ「もうだめだな」「大変だ」といったことばかり。相談に乗った老人警官、しきりに「実家へ帰ってみたら?」危険を感じ廊下のいすですごしていると「早く家に帰りなさい。署内にあんまり居ないでね」とせかしてくる。

職場の人間もガラリと変貌している・・・部長が名前そのままに別人になっているのに誰も突っ込まない

夜食を買うためにコンビニへ。到着すると同時に、すいてた駐車場に車があれよあれよと入ってくる。 実家へ帰った。道中、室蘭ナンバーのダンプの大行列だった。こんなのはこれまで体験したことがない。家族も例外なく変になっていた。 発してくる邪気というか念力が異様に強い。すでに手が回っていたらしい。

フジテレビの洋画を見る。米国洋画「ジャッカル」。これは死んだ弟のニックネームだ。残虐ななぶり殺しシーンのところで、救急車が近くを通過した。 東京のアパートに物を取りに戻った。駅でタクシーを使おうと思ったが、昼前なのに駅前にタクシーが一台もいない。ここを地元にしてから そんなことは一度もなかったのに・・・(というか、都心の駅前ではありえないこと)

歩いていくと、かなり低空飛行で海上保安庁のヘリが飛んできた。カラスも低空飛行で頭上を飛び去っていく。アパートに入ると、念力のようなものが室内に充満している。これは最初の受難の日からずっと変わらない。何かが常時仕掛けられているのは事実。

1月には心不全で弟が死んだ。家族はそれを私のせいだと思い込まされ、憎悪を向けてくる素振りが見られる。

・進学をことごとく不可能にされていった 高校進学の時、担任はしきりに1ランク下の学校にするよう強く迫ってきた。はっきりしない理由で。(大学受験の頃、家庭事情が急激に悪化、家出する羽目に同時に経済的にも進学が不可能になった) (新聞奨学生で受験を続けようと試みたが、実も心もぼろぼろになる経緯だけが残った)

運命を握ってる存在、国家を牛耳る存在が作為的に妨害しまくってれば、こうも連鎖的な不幸が続くはずだ。今まではそのノウハウを知りよう無かっただけなのだった。 私の現況が、映画、ドラマ、アニメなどのメディアに反映されているという感触がある。(自覚ある行動の現われか、「彼ら」の差し金かは不明だが)

オーストラリアに旅行した.ここでも日本と同じ現象が起きた。暗いうちから変な声のカラスが盛んに鳴く。サバイバルスーツの集団が目の前を通り過ぎる近寄ってきて嫌がらせをしていくのは共通している。むしろ、日本人よりも遠慮がない感じだ。

家電のリモコンを遠隔操作されステレオやビデオが勝手に電源が落ちたりついたりする。パソコンが、何の脈絡もなくフリーズする。

こちらの習性を他人に真似させる。立小便やら、コンビニでのゴミの捨て方やら、道端で停車しての読書やら

「彼ら」は戦う意思を放棄しろと、脳内にメッセージを送ってくる。嫌だといった途端に、(19時前ごろの)千葉県北西部が震源の
地震が起き、頭上付近では雨が降り出した。

私は、何の罪かも告げられずに、餓死に追いやられていくほど罪を重ねた記憶はない。

被害者の共通点として、「引きこもり」にされるという点がある。予め社会から隔絶しつつ圧倒的な攻撃で何もやる気をなくさせて
「彼ら」の存在を世に告発されるのを防いでいる。 私はそうはいかない。死ぬまで告発。私の恨み。周囲の恨み。私なりにぶつけてやるとも。マスコミを操られようが、国家機関まで操られようが生物や現象全てを操られようが・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
膨大な記録と資料ですが、ネットストーカーなど裏工作なども明かしている高度で人間的なHPです。管理人の素晴らしい人柄がにじみでているサイトです。   画像映像専用  英語翻訳  韓国語翻訳  中国語翻訳 
8 仲良し3人組
音声送信被害者

私と同一の物、非常によく似た物を身に付け、私の視野に入ろうと無理な体勢をとっている人間達。すれ違いざま、自分の顔が見えなくなる一瞬に、私の名前を叫ぶ人間達。 一ヶ月、二ヶ月と経つ頃、「自分にはなぜ、この偶然が多いのか」と考えるようになり、一つのきっかけから過去のさまざまな偶然が作られたものであることに気付くのです。

家の中で「飼うなら柴犬がいいね」と言おうものなら、数日後には徒歩で30分の間に「独特の飼い主と柴犬」が15匹も16匹も出現します。一般的な犬ですし、15匹でも16匹でも構いませんが  問題は私と出会う確率なのです。 また、スーパーではやたらと警備員が回りをウロウロし、警官やパトカーとも頻繁に会うようになります。なぜか、タイミングを合わせるかのような出現です。どの被害報告を読んでも、非常に巧妙で偶然を装っていますから、回りには気付かせることなく、しかし、本人には確実に分かる方法をとってきます。

あちこちの分野に人間を送り込め、また、他の方の報告を読んでその共通するやり方、その人間達の持つ雰囲気を考えた時、日本の団体数あれど、同一団体とみるのが自然です。同じ時に同じ行動をとることから、マニュアルの存在を強く感じます。

夜、自転車で出掛けると、10分走行したところで、いきなり出現した制服警官が二人、「気をつけて、遅いから。スピード出さないように。
ああ!ほら、ちょっと!ライトつけなさいよ!」 私はライトをつけ徐行していたにも関わらず、です。グループの中に一人だけでも
この団体員がいれば、巧みに誘導することにより、周囲に気付かせることなく、実にタイミングよく被害者(ターゲット)と何度も
遭遇することになります。周囲の人間も知らないうちに加担させられていると判断しています。

音声送信の一部抜粋
ある日、いつものように買い物に出た私に、一台のスモークの車が近づくなり、「幻聴!」と一言。急発進した。私にとって、耳の異変とともに強引に聞かせられる音声であるのに、それを「幻聴」に仕立てたい人間が確実に存在するのだ。

「何かがおかしい、自分の耳と合っていない」と感じながら生活していたある日のこと、家事をしていた私の耳奥がブルブルとハッキリ振動し、「合ったか!?」「いやまだだ!」「おおっ合ったぞ!」という、いつも隣家より聞かされ続けた複数男女の声が耳に飛び込んできた。

セミ、鈴虫等の鳴き声(特にうるさく聞こえ、連続して鳴いても不自然に思えないもの、)を聞かせる。音源は、周囲にも聞こえるが
(合成音も多いが)私の内耳と周囲を合わせているために私にだけ特別うるさく感じさせる方法だ。少し分かりにくいが、加害者側で
「聞かせるものを私の内耳で調整している」というと一番的を得ているだろう。
 
また、隣家に面した壁、床、天井、庭、ありとあらゆる場所から「プップップッ・・・」「トントン トトトン・・・」という信号音が録音されています。同時に常に「ギュルギュル」「ガッシガッシ」という機械音、また、一つの単語を繰り返し早送り状態のものも録音されています。別の日は、「ブ~ン」という低音の中に、ブクブクゴトゴトと水中で話しているかのような音もありました。

録音できるので、音として存在するのですが、これらはすべて耳には聞こえません。また信号音で録音されるということは、信号で処理
される内耳(蝸牛)へ直接送信されていると考えられる。その証拠に、録音された音を普通に聴いても「音」としか認識できません。
耳栓をしっかりして寝た深夜、かすかに耳奥で「プップップッ・・・」という音を毎日のように確認していますから、間違いはないでしょう。

ヘリコプターでのストーカー行為 一部抜粋
一連の被害を受け始めて、確かに家の上空をヘリコプターが飛行することが多い。家の周りを二、三回旋回し、一度は庭仕事をしていた私を睨みつけるように、上体を乗り出している乗員を確認できた。目視できるほどの低空飛行なのだ。 ブルーグリーン、モスグリーンに蛍光オレンジラインの機体が多く、管制の友人に調べてもらうと「県警」とのこと。県警がなぜ、コース上空でもない一般家庭上空を、家を振動させるほどの低空飛行をするのか。付近住人も不審がっていた。管制の友人も首をかしげる。通常、考えられない

ネットで報告でもあるように、警察にも入り込んでいるといわれる組織員の嫌がらせということなのか。うちの屋根付近や窓枠付近より、へりや飛行機の音だけが出ていることが数多くあります。一日に10回も20回もうるさい音を聞かされる始末ですが、それが合成されたもの、低周波に共鳴させた音であることはすぐに分かります。ここまでは、皆に分かる音ですが、更に私には、私の内耳と共鳴させ耳から全身にブォ~ンと振動が走ります。

家宅侵入の一部抜粋
刺身包丁・出刃包丁がなくなる。鍵をかけて外出したはずの窓の鍵が開いている。勘違いだろうか。玄関内に買い物袋を置き、少し離れたところで立ち話をして家に戻ってみると買い物袋の一つだけが無くなっている。どこかに落としたのだろうか。・・・・しかし、連日のように次から次へ不可解なことが起きる。外出から戻ると、揃えたはずのスリッパの向きが違う、生けている花の向きが一部違っている。そのどれもが、主婦である私だけが感じる勘違いで片付けられるほどの小さなことだった

ポテトを揚げようと冷凍庫から出し、流しにおいたまま30分外出した。戻ってみるとポテトがない。置いた場所を触ると冷たく濡れている。確かに私は出したのだ。・・・・数日後冷凍庫の一番底から出てきた。また、ビデオテープが1本、1本となくなる。家族に話すと案の定、「勘違いではないか。数日後、何事もなかったように戻っていた。こういうことが連日重なった。

主人のいない日の朝、朝食の準備にリビングのドアを開けた瞬間だった。私達家族の者以外の体臭に気付いた。この時のおぞましさ、吐き気は止められなかった  現在はセキュリティシステムを利用し、更に自分の手で分かるように目印をつけているそれでも朝、門扉の目印がなくなっていることもあり、油断ができないのが現状です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメント
06.8.9の日記より

音声被害があり、「幻聴」という仄めかしも日常的に受けていた彼女は、記録したコピーを持って警察の生活安全課へ行った。一つを隠すことで失うものもあると考え、起こっているすべてのことを正直に話した。彼女にとっては体当たりであったが、聞く耳持たずで終わる。数日後、コピーの追加分を渡す為にもう一度警察へ出向く。前回の担当者が休みということで、別の人間に預けた時、

「あのね、前のコピー読ませてもらったよ。あれはね、すぐ近いところで強力な電波出している家があるはず。周波数を目茶苦茶にすれば、あなたの訴えるようなことが起きる。こういうことをする人間は、調査が入るとすぐ止める。あなた一人と知りながら、分かったうえでやってるわけだから、止められれば証拠も残さないし、それはうちの仕事でもない。」


彼女「周波数を目茶苦茶にすれば、個人に対して音声を聞かせることが可能ですか?」

警察「うん、そう。家電も狂うし、個人に声も聞かせることができる。でもね、もう これはどうしようもないよ・・・。本当に運が悪い・・。」

特定個人のみに音声を聞かせる。このことを信じてはもらえまいと半ば諦めていた私は、渦中であっても心が少し軽くなるのを感じた。知っている人は知っているのだ、この方法を。本文はこちらから


当ブログ管理人さんが、地域の知り合いの方に、自分が受けている被害状況を話したら、「超音波、電磁波、低周波等は目に見えないが、集団ストーカーに関しては直接目に見えるものだから、県警上層部の人間に話してあげよう。」と、彼女が書いたレポートを持って警察の方に説明してくれたらしいです。後日、警察から彼女への回答がきた。

警察からの回答

「電磁波、低周波、超音波等を悪用して、個人の身体に傷を付ける、音声を聞かせる等の犯罪グループがあることは警察としても認識している。また、集団ストーカーに関しては、全国から同様の訴えがあることも認識している。おそらく2000名ほどいるのではないか。また、これを冷静に受け止められずパニックとなったり周囲から精神病扱いされている人間を含めるとかなりの数になると推測される。しかし、とにかく証拠がとりにくく、また それを結び付けにくい。現時点では警察もお手上げ状態である。」記事の詳細はこちらから


電磁界放出

レーダーとは、マイクロ波の電波(パルス)を発射目標物からの反射波受信して、距離や方位を知る。レーダーはふつう300 MHz ~15 GHzの間の無線周波数で動作し、RF界(無線周波電磁界)を発生させます。この域の電磁界スペクトルにあるRF界は、周波数によって人体に異なる作用を引き起こすことがわかっています。 10 GHz以下 (1 MHzまで)のRF界は、曝露した部分を貫通しエネルギー吸収によってを発生させます。貫通の深さはRF界の周波数によって変わり、低い周波数のほうが深くなります。転載先はこちら

※ 被害に対する冷静な対応と的確な判断、解りやすい被害の解説。当ブログ管理人さんに応援を!


9 集団ストーカー八潮団地電波放送中 
○公明党は、参院「法務委員長」のポストを40年間独占している。また東京都議会の「警察・消防委員会」のポストも40年以上に渡り独占している。 つまり警視庁の予算や人事権を握っているのだ。よって創価の犯罪には目をつむることになる。

○自分達の大きな犯罪が暴かれ不利な立場になると裁判の証拠捏造や、担当の警察官・裁判関係者を自分達の仲間でかためる行為に及び、真実が解明されないままの裁判例も多々出てきている。(例として、東村山市市議の怪死事件等複数あり。)

○「NTTドコモ」「ヤフーBB」等の情報流出事件も、複数の創価学会関係者が関与したものであるが、踏み込んだ解明や報道がなされていない。

○学会員を、政治・司法・警察・自衛隊・宮内庁・公務員・マスコミ・大手企業・自治体・など、あらゆる分野に密かに浸透させてゆき、最終的には日本を支配するという計画を「総体革命」と呼び実行している。

----------------------------------------------------
・・・・日本の大手企業の重役は創価学会にのっとられ 好き勝手にされる世の中になっていくと ちょっと気味悪さを感じる今日この頃 企業提携という形ならともかく下の人間が不祥事を起こした上での重役の入れ替えについては 裏がありそうな気がしてならない 

不二家の一件では、社長は重役に言われるままに やっていた雰囲気を受け 後に就任した櫻井という社長が見るからに 学会の雰囲気をかもし出していてのっとられたのでは? と思ってしまう しかも、不祥事の後の 不二家のキャラクターを変えようという動きが 創価学会独特の、「自分たちの思っているものに変えたい」 という考えがにじみ出ているで 作為的に行われた勘がしてたまらない 

最近、本田も狙われているのか なんだか、かなりやばそうだ 大体 社長職といっても、会社が大きくなると 下の役員、管轄まで、目も手も回らなくなり 商品管理、経理を任せっぱなしだろうと思うのだが、何かが起これば、結局、社長だけが責任をとる形となるのだろうけれど こうした事を逆手にとって 色々と裏で策略を立てているのがいると考えてしまう もちろん、こうした事は、大手企業 のみならず、政治家、一人の議員も 同じ事と思うのだが 秘書や、SP、重役は慎重に選ばないと ”明日はわが身”という事になりえないのでは?と思ってしまう

吉田茂氏と創価学会?
このブログでは、Sストーカーにおける電波系の嫌がらせは CIAの技術を真似して行われているのではないだろうか?と書いています 日本との絡みについて調べてみたところ戦後、GHQ支配下の中、CIAと正力という人の繋がりがあり・・・・・創価学会もCIAとの関係があったのではないのか?と感じるしだいです 

その前に余談として CIAは日本の情報網にマイクロ波を取り入れた通信設備の設置を強く求めていたらしいのですが 怪文書により、その計画が潰えたという事があります

また、怪文書を書いたのは 吉田茂元首相ではないか?という憶測があるそうです それが事実かどうかはわかりませんが 少なくとも吉田茂氏はCIAに対してもCIAと裏で手を組んでいる日本の政治家に対しても快くは思っていなかった様です それを踏まえたうえで先週発売されていた週刊新潮には 最近、創価学会が聖教新聞において 吉田茂氏との親密な関係を紹介したのだそうです

しかし、関係者すべて、戸田会長と吉田茂が親密な関係だったという事に 首をかしげているということであります そうした事から、吉田茂氏と戸田会長との親密な関係を謳い文句にあげることで CIAとの関係はないというアピールのように 見受けられてしまうところです そうした事から、実際はどうだか知りませんが、創価学会と政治的なCIAとの関係がありそうな印象をますます受けてしまいましたさて、どうでしょうか? 

最近コオロギの鳴き声が 非常にうるさい、 以前すんでいた5階よりも上なのに すぐ近くで鳴いているように聞こえてくる 一階で遊んでいる子供たちの声も同じだ 廊下を人が通ると ピタリと止む。 その方向から、電波に変換した 音声を送信されているのだろうか?と感じている今日この頃だ 

----------------------------------------------------
コメント
CIAと創価学会は、関係があることは事実のようです。この犯罪の特異性は、学会員が指令によって、ロボットのように歩く 被害者の前に ただ現れるだけの役 つまり集団ストーカーと呼ばれるゆえんです。もうひとつは、遠隔操作による電磁波機器での攻撃です。365日 24時間、監視と盗聴、肉体的攻撃、精神的コントロールなどが可能です。

アメリカの創価学会員には、CIA職員もいれば、FBI職員もいれば、ペンタゴンの職員もいるはずです。9.11同時テロも、創価学会が関っているらしいですが、彼等の犯罪は、巧妙で、陰湿で、計算しつくされたもので、完全犯罪を目論むものなので、その実態が、暴露されるには 被害者一人一人が 被害の実態を公開していくことは重要です
10 集団ストーカーの嘘を暴く!!(私が海外逃亡した理由)

私は現在36歳で通信関係の販売店と委託契約を結び、個人的に営業を周っている男性です。(現在は海外へ来ています。)私は集団ストーカーの被害者ですので私の営業地域では私に対しての警戒が恐ろしいくらいにあります。

私が営業に周れば犯罪者が来たかのような扱いをうけます。それというのも、その地域には事前に私についてのウソが吹聴されている為だと思っています。そういうウソについて自分なりに否定をさせていただきたく、こちらのブログを立ち上げました。

また、私の被害(嫌がらせ)が最も酷くなったのは私が脳出血の後遺症で肉体的にも精神的にも一番苦しかった時で、本当に辛い思いをしました。脳の回復をしながら異常なくらいの嫌がらせを受け続けていましたので、精神的にもかなり滅入ってしまった事もありました。もし私が犯罪を犯したのなら進んで逮捕される事を望みます。そして、その事に対してきちんと反省をしたいと思います。ただ、私は犯罪は犯していません。

元はこの嫌がらせにあったのはある宗教団体の一員に一方的に敵意を持たれた事がきっかけとなり、未だにその団体が関わっているかは分かりませんが、それから20年以上経っていますが、その日より毎日の絶え間なく全く終わることのないこの陰湿な嫌がらせとウソの言いふらしの為に自分の人生の多くを無駄にしてしまっています。―――  省略  ―――学時代にボクシングをやっていました。高校時代はプロボクサーを目指していましたが、大学時代はアマチュアでボクシングをやっていました。高校時代に卒業後の4月末くらいにプロテストが決まっておりましたが、その1月くらい前、練習後に全く言葉が出なくなってしまいました。

次の日に病院にいきCTを撮ってもらったら脳出血と言われて、その日のうちに入院となったのです。 そんな理由で今でも話をする時に言葉がなかなか出てこなかったり、話の速度が遅かったりするんだろうなって思う時があります。また、手術はしませんでしたが点滴を打ちながら少しずつ言葉が出るようになってきました。

大学に入ってから 再び ボクシングをやったのですが、3年終わりくらいから体の状態が本当におかしくなってきました。今度は言葉だけでなく色々な症状が出始めました。

一番辛かったのは物を考えたいのに考えられなかった事です。自分が本当に症状がおかしくなったのは大学3から4年くらいだと思うんだけど、就職の時などは ものを考えようとしても何にも考えられなかった。


それに結構頻繁に思考が途切れるのも本当に辛かった。普通に生活していたはずなのに、自分の周りだけが何秒くらいか分からないけど思考が止まるんです。就職してから営業だったので車を乗らなければならなかったのですが、途中意識を飛ばさないように気を張るのに本当に苦しい思いをしました。


その他にも耳が遠くなったり、今でも普通の人よりは耳は遠い。 指先の神経がうまく伝達できなかったり、よくパンチドランカー
(脳に生涯を起こしたボクサー)になるとボタンが留められないと言いますが、俺も本当に苦労しました。特に履歴書などの字を書くときは苦労しました。

履歴書を書くのに1枚1時間以上は掛けて何枚か書いたのを覚えています。
また、記憶力もないので3分過ぎれば忘れてしまう。物を覚えなければならない時は短い文章でも何時間も掛けて覚えました。途中で自分の症状がきつくて酒に逃げた事もあったけど、それもかえって体の症状を悪化させて いたのだと思う。

それに一番きつかったのは、あまり言いたくはないですが、よく漏れました。小さい方は結構頻繁に漏れてたし、大きい方は月に1回くらいでしょうか。なんせ、生きてる事自体が不安でしかたがなかったかな。触角を抜かれた虫みたいな感じだと思う。ただ、親には何とかばれないように必死に芝居をしましたが。それから、約10年くらいだろうか。

社会に出て後遺症の酷かった新卒の時は2年半で3つの会社にリストラに合い、悔しかったので その後に同じ営業職に付き、いくつかのの会社ではトップ営業になり声を掛けていただいたりして少しずつ条件のいい会社に入り(自慢ではない。バカのままと思われたくないので書いています。)

なんとか自分で仕事を始めるくらいまでには回復しましたが、その回復までの最中にも散々嫌がらせにあい。また、自分で始めた会社も一度も赤字にはならなかったが本当に酷い嫌がらせの数々に耐え切れず途中で断念する事にしました。 

今現在も営業ですが、最近ではあまりにも酷い嫌がらせの為に数字よりも自分のブログを広めてウソを払拭するように力を置いています。

↓ライトウェルター級ボクシング大会の関東選抜で優勝した賞状
賞状2
クリックすると拡大画像

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
当ブログ管理者は、ボクシングをしていただけあって相当の忍耐力があり 人格的にも立派だと思います。勤勉で努力家で親孝行。日本の若者の見本みたいな方ですね。このような立派な若者がターゲットにされ運命操作される確率が高いのではないでしょうか。

私の孫(5才)も 電磁波被害に遭っているせいで、言った事をすぐ忘れたり、食事中 ボ~と視線が遠くへいったりします。最近 医療界の陰謀かと騒がれている子供の精神病(ADHD)も 電磁波でそっくりそのまま作れるようです。現在30~40代前半くらいの方は 幼少期から集団ストーカーのターゲットとして運命操作を受けてきた人が多いと思われます。

集団ストーカーによって、学校でのいじめ・親兄弟との不仲・など画策され 本来の自分らしさを発揮できず 苦悶の人生を歩まされているとしたら・・・恐ろしいですね。

真実を知らないほど不幸なことはない。彼は自分が集団ストーカー被害者であると自覚しながら生きていらっしゃるから偉いと思います
11 STOP MIND CONTROL
音声送信被害者
このHP管理者は、国内、数少ないエリート被害者のお一人りだと思われる

後藤 貴裕氏 
1974生まれ
1997年 京都大学理学部卒業、
1999年 北海道大学理学研究科数学専攻入学
現在同博士課程在学中

被害の部分抜粋
京都大学入学直後から、大学教官らによる不審な言動が相継ぐ。1998年8月NHK教育の将棋番組において自分が読心などにあっていると知り、監視地獄に陥る

主として、大学教官、大学院生、マスメディアなどによる組織的暴力行為。不特定不審者、ヘリ、救急車の騒音などによる、ストーカー犯罪。生活場所のほぼ全てにわたって、加害組織の侵入が確認される。かなり広い範囲の知人に、加害組織の接触および、不審言動への関与がある。

1992年
京都大学理学部に入学した時点で、すでに、加害組織に前もって介入されていたようだ。北海道大学においても、教官や大学院生の居室などに、加害組織によって、事前工作がされていた経験がある。 被害者を、逃げ場のないように追い詰めることが、対人攻撃の重要な要素になっていると見られる。

背中を刺すような痛みなど、肉体的なもの。ヘリや(主に自衛隊)救急車(札幌市その他の各地方自治体に所属)の自宅周辺や出張先などでの騒音やつきまといによる嫌がらせ 電磁ビームによる脳神経的発作(無反復の全身のしびれおよび脱力) 思考の解読。内臓や背中などの奇妙な痛み。衛星偵察・追尾技術 電磁波の兵器利用としては初歩的な部類であることから、兵器自体の実験ではなく、軍事-心理学的拷問実験と推定している。

電気ショックによってんかん発作を起こさせられることは医学の常識になっている。 近赤外線光などによる観測技術によりで思考の解読は達成できると考えている。

1995年
阪神大震災。発砲事件を機に警察が自宅近くで1年半以上検問を続ける。教育社会学竹内洋教授による執拗な精神暴力的発言。教育実習先での不審言動など。

1996年
物理学科の講義(素粒子物理学など)における精神暴力発言の継承。NHK朝のドラマの不審な人物設定。

頭頂部から全身にかけてのしびれと緩やかな脱力を起こす電磁ビームに撃たれ、覚醒状態になり入院。しびれについての診断は受けられていない。入院中、不審なテレビCMや新聞の広告・記事が多く流される。

1998年
NHK教育の番組で、監視内容についての明確な描写があったことから、強制的に被害を認識させられ、恒常的恐怖や不安に陥れられる。マスコミ被害が日常的になる。

2001年
博士課程進学直後から、博士退学者、大学院生による執拗なつきまといによる精神暴行。心がえぐり取られる苦痛を受け、大きく調子崩す。事実上の休学状態を余儀なくされ、行動が制限されてしまう。

2002年
1日平均4回のヘリ大群による徹底した騒音攻撃

ストレスの蓄積により頭が割れるように激しく痛む。監視の恐怖により、不自然に言語思考を統制し続けようとしていたことから、ブローカ野周辺において異物が入っているような頭痛が恒常的になる。

2003年
救急車による2時間に一回の騒音。

問題を相談した、家族や人権相談所の暴力対応によりPTSD症状が発生する(断続的なフラッシュバックの発作)。札幌南高校教員による精神暴行。PTSDが悪化する。 1ヶ月半帰宅することが不能になり、生死をさまよう。移動する先々で追い打ちをかけるように、騒音攻撃などを被る。11月電磁波悪用被害者の会参加。直後ホームページ開設。

~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
英語版  抗議文発信(2003年の7月)
12 創価学会の集団ストーカー日記  
下記は、当HP管理者からきたメール(公開は本人了解済み)

私は今から10年前に、江戸川区の実家の2件隣に住む、在日朝鮮人の創価学会員幹部S本宅の主人と、言い争いをしたのですが、それから間もなくしてから、集団ストーカーや自宅マンションでの騒音攻撃が開始されました。 当時は、松戸市の分譲マンションに離婚した妻と娘二人で住んでましたが、加害者やこの犯罪の概要が全く分からなかった為に、平成12年逃げるように、家族と一緒に、東金市の借家に引越しました。

しかし、引越しした先でも、近隣住民による外出時や帰宅時の待ち伏せ行為や、前回と同じ様な被害が直ぐに始まり、半年後に電磁波攻撃も開始されました。 そして、妻との別れ工作もされてしまい、平成14年6月に、妻が娘二人を置いて突然家を出ていきました。

その時に、創価学会の草野球チームの監督さんに、妻との事で相談にのってもらったのですが、創価学会に入信してお経を唱えれば、必ず奥さんは帰って来ますからと言われ、入信しました。 しかし当時、娘二人はまだ小さかった為に、江戸川区の実家近くの市川市に引越しました。引越してからは、創価学会を自然に退会した様になってしまい、東金の学会員の監督さんから、しつこく活動する様に言われましたが、仕事が忙しかったのできっばりとお断りしました。

それと同時に、引越しした市川市の賃貸アパートでも、集団ストーカーや電磁波攻撃が徐々に強くなり、その他勤め先の運送会社でも、イジメや不自然な解雇が繰り返されて、仕事を転々とさせられてしまい、自宅も市川市に引越してから、5年間で4回も引越しさせられてしまいました。 平成19年3月に、この犯罪は創価学会が行っている犯罪と分かって以来、急激に被害が強まり、多数の車での付きまといや、ヘリコプターでの付きまといも始まり、

その事で4月には40キロオーバーのスピード違反、5月には物損事故、6月には人身事故を立て続けて起こしてしまい、その事で8月には川崎市に本社があるA元運輸を解雇になってしまいました。

そして私は、ヘリコプターの付きまといが、どうしても許せなかったので、○○市消防航空隊に、無言電話を400回以上掛けてしまい、8月末、A元運輸に最後に作業着を返却しに行った時に、警視庁J警察署に『業務妨害』の容疑で、通常逮捕されてしまいました。
そして、一月間拘留された後、11月に執行猶予付きの実刑判決を受けてしまいました。

今考えると、昨年(平成19年)8月始めに、テクノロジー犯罪ネットワークの相談会に行き、同時期に、創価学会とは犬猿の中にある、日蓮正宗に私が入信した事で、加害者組織創価学会の目的の一つでもある、孤立させる事が出来ないと思い、警察まで動かし緊急逮捕に踏み切ったと思います。

J警察署の刑事にも、日蓮正宗に退会に持って行くような、仄めかしもありました。そして、私はその様な出来事を経験した結果、完全に加害者が特定でき、創価学会に断固として戦う決意を固めました。

保釈後から今年(平成20年)になってまで、まだ仕事を見つからない状態というか、見つけても直ぐにデマや工作され解雇になる事が分かった為に、挑戦の意味でも、今年の1月に、○○市に生活保護申請を行い受理されて、現在生活保護を受給しながら、生活しております。 その様な事もあり、今年に入ってからは、特に強い電磁波攻撃での睡眠妨害が、毎日の様に行われております。今後も、この被害が解明撲滅する日まで、そして、加害者の奴等が逮捕されるまで、断固として戦っていきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
当HP管理者は、中学生、高校生の二人の娘さんがいらっしゃる若いパパです。HPやブログ作成に取り掛かる心境じゃないということで、急きょ、娘さんから教えて貰って、携帯サイトに被害報告をすることにしたようです。また、最近、「在日特権を許さない市民の会」にも会員登録したようです
13 千葉県の電磁波・科学技術による被害
計測を行った結果、創価学会の会員の家の方向から被害社宅へ電磁波が照射されていました。
その他、数十年にもわたって嫌がらせをうけるなどの被害も聞いています。もちろん、全国には創価学会の被害者は大勢いらっしゃいますが、警察は取り扱うことはありません。何かしらの圧力などを感じますし、社会生活の様々な分野に入り込んでいるのが創価学会なのです。

今までインターネットで電波の指向性を否定する人間が山ほどいましたがこれらはすべて嘘だと分かりました。 大体このような人間は、家電製品などの意味不明なことを引き合いに出しますが、アンテナもない家電製品では指向性もあるわけなく、もれている電磁波も種類が違うと思います。否定をしたがる人間(加害者)にとっては、知られてはまずいことだったのでしょう。

どっちが終われる立場か
電磁波被害者は集団ストーカーや近隣の住民などに監視をされているケースがほとんどです。
しかし、一度相手の事(行動パターンや加害の手口など)を知ると、今度はこちら側が追う立場になります。

○定職も無く、何故かお金持ちのストーカーを捕まえてみたいとは思いませんか?
○彼らがどこからお金を貰っているか知りたくはありませんか?
○相手の電磁波などでの加害行為を訴えたくはありませんか?

私は警察にストーカー・電磁波の被害を訴えたとき、「証拠を持ってきてください」などの事を言われています。なので、証拠撮りのためにデジカメで電磁波等の不審な現象などは記録に残しています。加害者は所属している会社、研究所、大学やお金がどこから出ているかなどの証拠を取られるのを最も嫌います。電磁波の計測も撮られたくは無いでしょう。このことが一度でも明るみに出ると、彼らは生きていく術は無く、一般社会からは家族もろとも非難の対象となり、もう日本では生きてはいけなくなります。

最近は、被害者が追う立場です。いろいろな不審な現象などを撮影し、家のビデオカメラで不審者は記録しておきましょう。確実に加害者を追い詰めていきましょう!東大へは創価学会が多数の入学者を出し、学内に怪しげなサークルを作っていると聞きます。海外ではこのような不審なサークルがあると聞きますが、さすがに真似をするのは得意なようです。なんにせよ、今研究者達の実験データーを調べると、私達のデーターがごろごろ出てきそうで怖いですね。もし、自分達の名前があれば、即訴える準備をしましょう。

被害者の周りの加害者(実行部隊)
被害者の周りの加害者(被害を直接的に行う加害者)は、必ず被害者の近くにいます。なぜかというと、至近距離で電磁波を照射する必要があるからです。被害者は何故か電磁波を照射されます。それは何処に行ってもです しかし、一番被害者がいることが多いのが、もちろん被害者の自宅です。そのため、自宅の周囲やマンションなどは上下左右の住人をまず一度疑ってみましょう。

例えば、近隣の動きが自分の動きと連動していないかなどです。私の例ですが、外出すると必ずN氏と顔をあわせました。その後、怪しさに気づくと、外出時に近隣の誰かが車で外出するというようにパターンを変えてきました。

また、計測結果からは、ブレーカーを落としても、電磁波が計測されます。それは近隣の家の方角からの照射がほとんどです。済ました顔で友達のような顔をして電磁波を照射してくる加害者もいます。 電磁波などは近所から照射するのが一番効率的だと思われます。また他の家を挟むと反射などでうまく届かないと予想することができます。

なぜ近隣が電磁波を照射するのでしょうか?
簡単な例として ○金を貰っている ○宗教がらみで恨みをかっているなどが考えられます。しかし、私は宗教とは無縁ですし、近所と喧嘩をしたこともありません(話したこともないのが本当のところ)。そこで一つ思い当たるところがあります。近所は車を2、3台所持をし、働かず家で仕事もしていません。近隣の話をたまに聞きますが、「何もせずにお金が入っていいよなぁ・・・」とか、「これで大金持ちだね。」などと話していた近所などは知っています。近隣には損害賠償金でも用意してもらいましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
当HPは、電波とは何か、電磁波の性質、電波の指向性など専門的に詳細に記述されています。数少ない貴重なHPであり、この犯罪に取り組む管理者の熱意が伝わってきます。閲覧をお勧めする逸品です
14 創価学会集団ストーカー・電磁波被害報告

東京での最後の職場となった三菱商事系列のオフィスでは、内部に創価実行犯多数、視覚での情報伝達と共に、完全な盗聴のシステムを使用していたインテリジェントビルの1Fフロア全体の音声を拾える程の仕組みが作られていたのです。エレベーターで脅しを掛けられた際、私が言い放った言葉に即反応し、それまで行っていた行動を停止させる等の現象も確認しています

最後の休日出勤の日、階下の、何故か工事が入っているオフィスから延々と床下より超強度の電磁波による振動波を浴びせ続けられ、かなり危うい状況でした。私が移動するごとに階下の振動波も正確に追って来た。それ以前には、自宅の集合住宅にて、隣室上階の創価実行犯達から同じ振動を浴びせ続けられた。私の肉体は消耗と共に、この振動の痛みにかなり過敏になっていました。

徹底的に追跡して来る振動波と、それを動かしている創価の実行犯を前に、大変な痛みに苦しめられながらも、これだけ床の厚さが存在しているビルのオフィスで、正確に追って来る元データは何かを考え、その時、改めて気付いたのが体温です。実は住まいの集合住宅でも、最終段階では私の部屋の移動を徹底して追って来るような状況でした。その時に気付いたのが体温での赤外線監視でした。

赤外線での対応に関して、厚手のゴムを間に挟めば測定が出来なくなると言うような記事を読んだことがあり、職場のカッター台を床に置き、その上に体を乗り上げ、状況を確認した所、見事に階下の創価実行犯達は私の所在を見失なったのです。

その後すぐに、振動波は、厚手のゴム上の私の所在を探し当てるようになった。不審に思った私は例の社員に対し、とある実験を行ってみる事にした。 件の社員の傍らへ用がある振りをしながら、振動波の指定範囲の中に引き込んでみる。


もしこの人物が創価の実行犯ならば、このシステムの知識はある筈であり、被害範囲に巻き込まれるような状況に陥った時、如何に対処するのか、その確認をしてみたのです。予想通り、この社員は背後に近付いただけで動揺を見せ、私から離れようとし始める始末。つまり、使用していたシステムは赤外線での追尾であり、一旦見失った私の情報を、この実行犯の仲間の視覚情報により補った訳です

母も、昨日から体の不調を訴えかなり堪えている模様。被害者周辺から電磁波を照射し、その家庭が消えれば、後地を創価で塗り固める。殺人行為も当然のように行う人員ばかりの創価村が出来上がると言う事実。私は生まれてから今日まで創価と関係を持った事も、参加した事も公明党に投票した事もありません。完全に無関係・無縁の存在です。


自分達の都合の悪い存在は殺傷し処分する。創価村の全てを公開する事でしか、この事態の真実は訴えられないでしょう。私の肝臓や腎臓を狙う理由も、一旦病院に入れた上で死を迎えるまで病室から出られないように、このエントリーにて紹介した老夫婦のようにする為と、容易に推測出来る現状

田んぼを挟む側面の後方斜1軒の雨戸が一度も開いた事のない家屋があります。両親に確認した所、こちらのご夫婦は二人揃って腎臓を患い、数年間入院したままだとか。このお宅の周辺が我が家と同じ創価宅で完全に囲まれ切っている事。これが非常に気になりました。

創価に囲まれた家庭は病気になり早世すると言う噂を、私もストーキング活動を受けるようになってから知った。夫婦で、しかも10年近く入院生活を送らねばならない状態と、この家庭を取り巻く環境を見直し、矢張り強い疑惑を持たざるを得ませんでした。

そして昨日、その感情は疑惑疑念から確信へと変わった。何故なら、私が同じような身体部位を集中砲火で狙われ続けた事。先日知人が突然の内臓炎症を起こし、手術をしなければならなくなった事、私の両親の不調、全てが重なるなんて、これは単なる偶然ではない事を現している。

東京の集合住宅では、上階のTが引越して来た後、創価住人ばかりに占拠される中にあって、延々と知らぬ内に電磁波の餌食になっていた事も知った。私は10数年前、肝臓を患った事があるのですが、それもどうやら創価の電磁波照射により、炎症を起こされ続けた為に引き起こされた事と分かって来たのです。

確かに電磁波過敏症ともなれば、僅かな強度の照射でも皮膚感覚で反応してしまいますし、今はどの部位を狙われてもはっきりと照射反応が判り、その為色々な対処を取れるのですが、当時の東京創価のやり口は本当に功名でじわじわと私の肉体のあちこちへと照射を行い、器官の炎症を引き起こす事を繰り返させていたのです。当時、職務上非常に大事な時期であったが、突然の病の為、職場を離れざるを得ませんでした。

生活面でも病との闘いとなり(いくら炎症治癒の薬を飲んでいても、上階隣室から電磁波によって内臓の炎症を引き起こされていれば、何の効果もないでしょう)、当時一番可愛がっていたオウムが謎の肝臓病で亡くなり、精神的にも最大のダメージを負いました。飼っているオウムを失ってから何故か炎症が治まった。それ以外にも鼻炎、喉の炎症、胃痛等、数えれば切りがない程の器官損害を与えられ続けた。徳島の実家に帰ってから全て消滅しました。

我が家が引越して来て以来、じわじわと周辺に異変が起き、元の住人に不幸があり移動したパターンが多い。その後、創価住人が移動して来ていると言ったものが多い点、我が家の現実を創価に纏わる噂と併せれば、全ての真実が浮かび上がって見えて来るものがあります。

我が家は娘の私が東京においては東京の創価に完全に狙われていたし、徳島においては、徳島創価に20年近く無意識下に被害を受けていた事実が、ここになって明確になって来ている。現在、創価家屋に囲まれて、体調不良や何等かの事故が多発する場合、一度照射反応を確認する事をお勧めします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
当ブログは ただ今 閲覧できません 「政治的交渉中に付き、このblogを一旦停止します。」と表示されています 当ブログ管理者も、かなり被害が長いようで、防御法など含めて、かなりの専門的知識を持った方です。犯罪の類似性 数々の共通項、創価学会の犯罪は、今、世界同時進行的に起きています。先に公開しました当ブログ管理者を男性と書いたのは間違いでした。女性です。訂正して、お詫び申しあげます。

15 集団ストーカーINドイツ

世界のどこか一カ国で集団ストーカー犯罪の存在が認められたら、あとは雪崩を打つようにあらゆる国で加害行為が明らかになるでしょう。どこの国でも被害が同じというのはそういうことです。動ける被害者は自分の信念・やり方でこの犯罪と向かい合っていることと思います。

証拠を集める人、
背後関係を考える人、
科学的な情報を集める人、
広報する人、
被害を記録する人、
ネットで活動する人、
実際に行動して活動する人など、

様々なタイプの被害者がいることが強みではないでしょうか。今、私にすぐに出来ることは広報だと思っています。私はとにかく、日本の現状のあまりの酷さを世界に告発したいのです。ドイツ人に日本のマスコミの酷さを話しても、日本はきちんとした民主国家じゃないかと返されます。与党にどのような政党が居座っていようとも、それは私たち選挙権を持った日本人が選んだことになるのです。私たちは責任を取らなければならない。裕福で、犯罪が少ない、礼儀正しい国。外国人は未だにそういった目で日本を見ています。実際にまだそうなのだと思います。しかし、その国では数千もの人がおよそ信じられないような陰湿な悪質な精神テロ被害に遭っている。

日本はいつから24時間人民の監視が必要な独裁国家になったのでしょうか。

監視だけに飽き足らず、拷問まで加えている。その程度は他の国に比べてもとりわけ酷い。なぜ、この犯罪が世界で野放しになっているのか不思議でなりません。チベット問題はもう数十年前から始まっていました。知ったのはいつですか?かつて日本には様々な公害問題がありました。企業はすぐに対策を始めましたか?

事が公になり、対策が始まるまでにはいつの時代もそれなりの犠牲者の数が必要なようです。残念ながら。そして、その犠牲者の一人になろうとも、告発をしようとしている被害者の方たちがいます。しかし、日本に限って言えば、もう犠牲者は十分すぎるほどではないでしょうか。

集団ストーカーの被害者だけではありません。日本の異常な自殺者の数。その中にはこの組織犯罪の犠牲になった方が必ずいると確信しています。被害者は増加しています。

被害者は実際に被害に遭うまで果たしてそのことを知っていたでしょうか?被害に遭わなければ一笑に付していたことでしょう。そんなの妄想だよ、病院に行け、と。

被害者になる以前にこの犯罪の存在を信じられたか、信じられなかったかは、加害者には関係ありません。知らなかった人のほうが被害に遭いやすいかもしれません。 これは日本で起きているテロリズムです。TVの中の砂漠の国のどこかの話ではありません。商店街があって、学校があって、駅がある、そんな日常風景の中で起こっているテロ活動なのです。

希望はあります。

世界中の被害者の活動によって、政治家やジャーナリスト、マスコミの関心が次第に高まってきています。被害者の声を妄想だと簡単に決め付けず、取り上げてくれる方たちが出てきています。これも今まで被害者の方たちが誰からの支援も得られずとも、自分たちだけでコツコツと情報や資料を集めてきた成果ではないでしょうか。加害はまだ続くかもしれません。しかし、告発の声は確実に誰かに届いていると信じています。歴史を見ても、誰かが声を上げ続けている限り、それを拾い上げてくれる人がいることは明らかではないでしょうか。私の代では決着の付かない問題かもしれません。覚悟していたことが先に訪れるかもしれません。それでも、声を上げる人間が絶えることはないでしょう。

被害者は必ず加害者を追い詰めます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
当ブログの管理人は 海外で被害を受けられている方です。当ブログ管理者が述べておられる 「被害者は実際に被害に遭うまで 果たしてそのことを知っていたでしょうか。 被害に遭わなければ一笑に付していたでしょう。 そんなの妄想だよ。病院行け」とこの言葉は そっくり そのまま 私自身の体験です。

それくらい、創価学会の集団ストーカーは、ありえないこと 信じられないことが 被害者だけに気づかせるようにアンカリングを繰り返し 一生涯のトラウマ(精神的外傷)を作り出し 自滅に追い込んでいく悪質 卑劣 狡猾な犯罪なのです。創価学会の被害者は ある日を境に 魔界に迷い込んだような 別世界を体験するようになります。ハイテク機器で、普通の人間が、暗殺者にさせられる それは 可能です。1970年代に サルを使って おもちゃの人形のように 食欲 性欲 激怒 などの五感操作が出来ていたとの情報もあります。

CIAは、1970年代には、既に、人間の感情を遠隔操作することで、思うように操れるマシンを発明していた。そのマシンが、何十億円であろうと 悪意を持つ支配欲の旺盛な人間なら 不正なルートでも手に入れるとするでしょう。

16 きまぐれファイル
音声送信被害者

日記より一部抜粋
組織的な盗聴・尾行をすることが知られている唯一の組織。

全く面識もない亡くなった方の家に「おめでとう」という電話やFAXを一晩中送る集団。
嘘や誤魔化しをトップが奨励する集団。
捏造や嫌がらせに関して実績のある組織。
そして・・・おそらく現在最も摘発を逃れやすい集団。

被害内容に良く似た、このような実在する集団があるのに、そこから目を逸らして国家犯罪だと言い張る理由は何なのでしょうね。これだけネットで本人による被害報告がたくさん書かれているのに、今なお被害者が増え続けている事実も考えてみて下さい・・・国家には何一つ利点はありません

底部で燻っている者達が、どこにもぶつけられない鬱憤をぶつけて団結を確かめ、そこでの些細な一喜一憂を、集会で発表する道具になっているためだ。

加害者が再三言っていた「これからどうなるか見ておけ」「大変な事が起こる」という根拠は何だったか・・・それは加害者が実際に何かを動かすというものではない。加害者にそんな能力も勇気もない。最終手段はひたすら勤行、唱題や財務を煽り、じ~~っと偶然が起こるのを待っているだけなのだ。

敵を見誤ってはならない。

BMI(ブレイン・マシン・インターフェイス)についての参考書籍。
この犯罪の最たる特徴である、瞬時に感覚や思考が伝わる状況は、この技術以外では作られません。未だに犯罪が表面化せずに続けられているということは、たった一つの組織のごく一部で行われているためです。ならばそこから発展した「感覚伝送犯罪」も、同じ組織で行われていると考えるのが一番自然なのではないでしょうか? 

学会の秘密組織と言われる「広宣部」や「伸一会」「池田親衛隊」などの具体的な関わりについても、確実に近付いている「Xデー」の前にぜひ知っておいて下さい

学会員の特異な表現

1人の時は、周囲に「学会員」である事も言えないのに、集団で嫌がらせをする時には

「学会の仲間は全国に、海外にもいるんだ」
「俺達はこんな事も出来るんだ」
警察なんか動くわけない
「(盗聴したものを)全部撮ってあるから、訴えても大丈夫」
今まで何人も死んでるけど捕まらない」等々。

自慢げに、自分達の犯罪行為をさらすという不思議な心理がみられます。

反社会行為の実行部隊
秘密・謀略を行う部隊は「広宣部」と呼ばれるものなど、いくつか存在するという。これらの組織は、一般の学会員もあまり知らないという事だが、主な役割は盗聴・盗撮・尾行・情報収集等、そして攻撃をも請け負う。(実際にSCIAという、警察ごっこをする組織が作られているそうだ)また各地の地区幹部や一般の学会員達が行っているのは、地域の一般家庭のデータ収集である。


創価汚染について
日本の中で5%に満たない集団でありながら、犯罪を犯す割合が異常に高いと言われているのはご存知でしょうか。例え学会員が犯罪を犯し、その事件がTVで報道されても、なぜか「犯人は創価学会員でした」という報告はなされません。

さらには、犯人も警官も裁判官も学会員で固められ真実が闇に葬られても、一般市民にカラクリが伝えられる事は皆無です。私達は1番注目すべき情報について、目隠しをされ続けているのです


2004年6月に開かれた「犯罪対策閣僚会議」の資料で警察庁のプランが公開されたが「地域住民の自主防犯活動の活性化」「子供110番の家との連携」ですとさ・・

地域の役員を進んでやろうというのは創価の活動のひとつ。さらに「子供110番の家」とプレートを掲げている家には、創価学会員宅も含まれています。

日本中で1番犯罪の危険性が大きな所と手を組むとはどういう事なのか!警察は本当に創価学会に対して無知なのか?それとも根本まで汚染されてしまったのか?

「総体革命」って?

「総体革命」とは、学会員を政治・司法・警察等あらゆる分野に密かに浸透させてゆき、最終的には池田氏が日本の支配者となる事であるらしい。既に学会員の絡んだ不審な事故、おかしな裁判。動かない警察、公務員の不可思議な行動、情報の操作・・・書物を探せばキリが無いほど見つけられます。

小さな事件だから、ショボイ人達だからと見逃してはなりません。小さな事を見逃したが上に、重大事件に繋がってしまった例が過去にたくさん存在します。

「非(火)の無い所に煙を立てる」のが創価学会の組織犯罪なのです。そして犯罪がバレそうになったり、自分達の都合が悪くなると被害者を精神疾患に仕立て上げるのも、ウン10年前からの歴史を誇る、熟練した彼等の常套手段です。

嫌がらせ被害者の傾向
数年前、まだ交流のあった加害者の一人との会話の中で、現在の状況と酷似する内容を多々聞かされていました。

最新技術に携わる仕事に興味はないか
他人の夢を見てみたいと思わないか
他人の考えている事がわかったらどうする
私から離れたら、生活を全部さらさなければならない、トイレも全部よ
一番嫌な事をしてやるとしたら裸を晒してやる事かな
赤青黄色と言えば何を思い出す
池田と言えばどんな名前を思い出す
他人と回し飲みする事は気にならないか、他人の残り物は食べられるか
マスゲームっていいよね・・・ (他にも多数)

その中で「ノアの箱舟があったとしたら、乗るほうになりたい?残るほうになりたい?」という妙な質問をされた事がありましたが、最近はたと気付きました。 

つまり加害者達は自分達は最後に国を支配する、箱舟に乗るほうだと思っているわけです。(大真面目で)と言うことは・・人としてあってはならない事ですが、自分達の言う事を聞きそうにない人たちを選び、ターゲットとして、舟から落とそうと必死になっているのではないでしょうか。

衆議院でも取り上げられた犯罪行為
衆議院予算委員会(96年4月1日)で、白川勝彦代議士(元自治大臣)が、創価学会の尾行・追い掛け回し・嫌がらせ・隠し撮り等の反社会的体質について、法務大臣・文部大臣の見解を求めた事がある。この時「そうした事実があれば刑法に基づいて厳重に対処すべき問題」という答弁も聞かれたが、犯罪行為であると認識された行為が、ご存知の通り、今なお野放し状態であるのが現状です。

ある日、急にターゲットになるまでは「どうって事無い宗教団体」位に思ってしまい、大半の方は興味すら持たない団体ですが、確実に皆さんの近くに、手を伸ばしてきています。どうか1度で良いですから、この宗教団体に目を向け、反社会行動の事実に耳を傾けて頂きたいと願うばかりです。誰のためでもなく、あなたのために!

地域の役職いただき計画
公明党が政権入りした頃から 町内会・自治会・PTA・商店会・老人会・マンション理事会等の役員に立候補しよう!という活動が始まったらしい。


「ウソも100ぺん言えば、真実になる」
「証拠さえとられなければ、何をやってもよい」
「現世で悪い事をすれば、来世は障害者になる」


などという教えを信じ、誹謗中傷を振りまき、個人を付け回す人達に、地域の役員などを任せようと思えますか? 町内会も学校も、企業も政治も、絶対に目を離してはいけない時代です! 

類は友を呼ぶ?オウム真理教関連
オウムを支えてきた組織のひとつが、創価学会であるという話がある。 実際に多数の創価学会員がオウムに入信し、一斉に離れていった時期があるという。以前池田氏がオウムから狙われていたという話は、オウムとの繋がりをカムフラージュする作り話であるというが、非常にうなずける説でもある。
                       
この犯罪集団を支えてきたのは、日本の一部の政治家と宗教団体、そして北朝鮮やロシアとのつながりであると言われている。どこかの集団とよく似ていると思いませんか。(彼等が所持していたという、様々な軍事技術や兵器、ヘリコプター等 非日常的な技術は、ロシアから伝わったものである)

ただ、あれほど世間の注目を集めたオウム事件であるのに、実はメディアに流れているオウム情報の60%は、全くデタラメだという捜査関係者の話があるという。そういえば、口封じのために暗殺された幹部もいましたねえ。(加害者が属していた組織は、創価学会と深い繋がりがあると言う)

ある本に気になる記述がある。
「オウムへの弾圧が始まった時、教団は資産保全のため、別の宗教組織に資産の1部を譲ったという。」ロシアから買い付けた多量の武器や軍事物資のゆくえも不明のままである。それほどの資金を持ち、宗教とは無縁の技術を欲しいと思う宗教組織って・・うーん どこだろう~・・私に対しての犯罪を予告していた創価学会員は「オウムの逃亡犯の行方を知っている」とその時の話をしていた。

<追記>
創価学会と繋がりの深い暴力団(後藤組)が「坂本弁護士一家拉致事件」の実行犯として加わっていたという話。仮谷さん拉致の際使用されたレンタカーは、創価学会員が借りたものであるという事実。 少し逸れてしまいますが、後藤組から波及するものとして、「伊丹十三監督襲撃事件」「東村山市議不審死事件」などの関連疑惑も、根強く囁かれています。 


<余談>
私個人の思いだが、公明党が与党入りし、創価学会の反社会行為が特に露骨になってきた1999年頃から、学校等で「いじめ問題」や、「学級崩壊問題」が大きく取り上げられるようになってきたのも気になっている。(「学級崩壊」河上亮一著 は2001年出版)
              
また教員だけでなく、創価大学からの司法試験合格者が近年増加している。これは私の疑問・憶測にすぎないが、創価大学の偏差値を考えた時、とても腑に落ちない感覚を持ってしまう。まさか・・・「生体通信技術」(音声・思考の送信)を試験時に利用なんてね・・・

学会員と犯罪
「ウソも方便」「ああ言えばこう言え」「国の法律より、仏法律が上だ」(何よりも池田氏が大切の意)「目的の為には手段を選ばず、ウソをついても良い」(〃)創価学会への批判者などに対しては、「トンカチで頭をぶっ叩け」「ノイローゼになるまで攻めつけろ」などというものであり、驚くのは本当に実行されている事である。日本に数%しかいないはずだが、犯罪史上では見事に存在感を示している。
       
・幼児誘拐殺人事件・吉展ちゃん事件
・女子大生殺人事件・レッサーパンダ事件
・池田小児童殺傷事件
・元警官による殺人事件(船橋市)
・座談会殺人事件(愛媛県)
・幼児バラバラ殺人事件(船橋市)
・連続放火事件(川崎市)
・深遠寺殺傷事件(佐賀県)
・共産党委員長宅盗聴事件
・投票所襲撃事件(練馬区)
・保険金殺人事件(埼玉県)
・NTTドコモ情報流出事件
・ヤフーBB恐喝事件
・板橋 管理人殺人放火事件
・耐震検査偽造事件(姉歯・小嶋) ・・・等。とにかく多数。
      
継続される反社会行動

子供の頃から、悪の限りを尽くし続ける学会員は、税金や年金の納入にも関係無く、究極の機械を手に入れ たとえ殺人行為をしていても、ニヤニヤと生活し続けているのである。 今 皆が気付かなければ、この先もっと急速に社会は堕落して行くであろう。

 

学会員は自分からは名乗りません。脅しではなく、あなたもいつ被害者の1人になるかわからないのです。この状態を憂うならば、一刻も早く日本の「与党」から「公明党」を切り離さなければなりません! 明らかな憲法違反(政教一致)が、なぜ見過ごされているのでしょう?

盗聴教団の技術進歩
創価学会を「盗聴教団」とも呼ぶ方もいる。それは過去の複数の事実に基づいたものであり、的を得た呼び名である。


更に2004年には、学会に対し批判的な意見を持つ方々の通話記録が引き出されるという事件が発覚した。「NTTドコモ通話記録引き出し事件」である。しかし、創価学会員3名が逮捕されたのみで組織犯罪への言及には至っていない。 メディアは、いつものように不自然な静けさを保ったままだ

しかし気になる事がある、この事件の被害者の方は尾行・盗撮を経験されている。盗聴・尾行・盗撮は、以前から創価学会の十八番であるが、今でも多くの人を動かし、電話をかける度に盗聴担当者が聞き入りメモを取る・・というような作業をしているのだろうか?

 

電話内容や尾行から得られる情報だけで、学会は満足出来るだろうか? 更に他にも、公明党=創価学会批判をした政治家の方々が、みごとに次々と失脚させられる事実があるが、そこで用いられる個人的なスキャンダルはどのように掴むのでしょう・・・

遠隔から証拠を残さず、簡単に情報収集できる技術が現実に存在するのに 創価学会がその技術を手に入れない訳が無いと思いませんか? 彼等は著名人や、社会的地位のある方に電磁波系被害を知られる事を恐れています


しかし音声・刺激の送信をしなければ、当人に気付かれず情報を取る事が可能ですし、まして不特定多数の人と接する機会の多い著名人ならば、ある程度の情報の漏洩には慣れがあると思われるため、万が一、電磁波系被害にあっていたとしても、本人が気づく事は難しいと考えられます。

「NTTドコモ事件」は、もしかすると「電磁波系犯罪」を隠すための防波堤なのでは・・重要な犯罪を隠すために、それに似通った別の犯罪を白状しお茶を濁してしまう・・そんな気がしてなりません。いずれにしろ 司法がきちんと役目を果たし、メディアや社会がきちんと反応する、この基本中の基本が守られて行く事が、何よりも大切な事なのです

学会員が願い探求するもの

略――― 信者が集まる会場の階段に、批判者の顔写真を貼り、その上を踏み付けさせるという事もあるという。批判者が亡くなった時、遺族に対して「おめでとうございます」などの、電話やFAXを集中的に届けた事実もよく知られています。

・FOCUSチーム  →  批判者の悪行を暴くネタ取材班。
・特攻野郎Sチーム  →  男子部の特殊潜行活動班、別名 鉄砲玉。
・ワイフ・キャッチャーチーム   →  女房を徹底糾弾、婦人部の追っかけチーム
・十羅刹女チーム   →  婦人部の電話抗議チーム、別名 極道の妻たち。
・ネットワークチーム      →  寺周辺地域包囲対策作戦。
・パトリオットミサイルチーム   →  郵便物の回収作業班。
・ナポレオングループ    →  不可能を可能にする唱題会の参加者。
「公明党=創価学会の深層」乙骨正生著より引用)

税金投入と憲法
平成16年度の国からの「私立大等補助金」。交付全大学502校中(高専も含む)、37位に創価大学がある。10兆円もの資産を持ち、池田会長の個人崇拝に偏り、現実に創価学会幹部養成所であり、明らかに憲法に違反し、各地で犯罪疑惑を持たれ、実際に犯罪者を多数輩出している団体が運営する大学に、約16億にものぼる税金を投入している事実を、皆さんはどう思われますか?

創価学会員の言葉
数年前(被害前)、カラオケの最中に「私達から離れたら、あなたの生活の全てを晒し、最後には廃人にする」と私に告げた創価学会員は、その他にもいろいろ興味深い話をしていました

・ある人に頼んだら、交通違反なんて簡単に揉み消せた。(その学会員の)息子の退学処分も「早く言っ   てくれたら、どうにでもしてあげられたのに」とその人に言われた。失敗したと。
・具体的な交通取締情報や、取引先銀行に問題が無いかどうかなどを○○さん(警察官・創価学会員)   にいつも教えてもらえる。
・完全犯罪(殺人)をする事ができる。
・マンションや地域に気に入らない人がいるなら追い出せる。
・小説などの懸賞に応募してみない。賞を取れるようにしてあげる。
・毎日新聞の投稿欄に、あなたの意見を載せてあげる。
・社員ではないがTBSで仕事をしている女性がいる。あなたもそういう仕事をしたいと思うなら、できるようにしてあげる。
・希望するならば、都営・市営住宅に簡単に入居できる。

つまり・・・創価学会員の言うなりになると、このような特権が得られるという事です。全て本当に出来るのかどうかは不明ですが、これらの全てが「不正行為」や「犯罪」です。ここにわざわざ書いたのは、創価学会の実態を知るにしたがい、本当に彼等は常日頃から、このような行為をしているのだろうと、強い確信を持てるようになったからです。

地域への不気味な浸透
折伏や選挙活動のために、創価学会員が、団地やマンションの自治会・管理組合の役員の多くを占める事例が、全国各地で多発しているそうです。また1999年には「地域本部」が設立され、そこに所属する地域部員の定義というものがあるそうです。

1、地光会=町会・自治会の三役クラス
2、盛光会=商店会の三役クラス
3、寿光会=老人会の三役以上
4、福光会=民生委員・保護司
5、学光会=PTAの三役クラス
6、勇光会=消防団
7、慈光会=青少年委員・交通安全委員・体育委員等、公的ボランティア
  
(「フォーラム21」2006年6月より抜粋)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
いや~凄いですね。内容が濃くて思わず引き込まれる 学会員も知らない学会の裏事情 当HP管理人は、とにかくあらゆる国内外の専門書を読まれている。学会の組織犯罪に鋭いメスを入れている 学会内部のことも、研究しておられる 高い見識と理解しやすい文章で圧倒的注目のHPである 当HPを知人や友人に見せてあげよう

17 集団ストーカー電磁波兵器による攻撃

多摩ニュータウン鹿島団地で行なわれる加害(クレスン=ニックネーム)
クリックすると画像が大きくなります。


左から画像の説明:胸の写真、汗をかいたみたいに光っていますが汗ではありません、時間がたつとこの下に貼ってある額の写真と同じ状態になります、血の出ないカサブタみたいな感じです、非常に痒くて痛い。普通の肌の状態に治るまでに物凄く時間が掛かります、毎日攻撃されているので完治する事がありません。毎日の攻撃で肌が黒くなってしまっていたり、白く色が抜けてしまったりしています。

次は腕の写真、常時、筋や筋肉が強張ってしまっている状態です。

次は引っかき傷。寝ているところを攻撃されて、痛くて痒くて目を覚ましました。

背中の写真。気が付いたら出来ていた肩の後ろあたりの無数の切り傷。カッターなんかで切られたような傷あと、指でさわってみると結構深い切り傷なんだけど出血などはなし、気が付いたら出来ていたので、痛みも全く感じなかった、痛みの代わりに強い痒み、長さ10センチくらいある傷もある。

一番右は手首の写真、こちらも常に攻撃を受けていますヒドイ炎症を起こして非常に強い痒みがあります。そして中々治らない。血管が異常に浮いているのがわかると思いますが、別にコブシを強く握りしめているとか、血管を手で押さえているとかではありません、普通にしていてこの状態です

上の写真、自分になついてたばかりに殺されたネコ、やった奴もわかっているのに何も出来ない。ネコが憎いから殺したわけではなく、自分を追い詰めるため、自殺に追い込むため、精神的に殺すため、切れて自爆させる為に殺されたネコ、 集団ストーカーというキチガイが何十年も前から日本全国に存在しています。
みなさん気が付いていないだけです、日本全国に計画的にくまなく配備されています。

狙いはこの国です、集団ストーカーシステムは軍事兵器です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント
クレスンさんの被害と、当HP管理人である私や私の家族(娘や孫)が受けている被害は同じです。私も娘も手足に無数の傷跡ができて見苦しいです。孫(女の子)も、去年(小2)から、思春期のように顔にニキビ、黒いのが詰まった毛穴が汚い。病院行ったらホルモンのバランスが崩れていると。孫(男の子)は4歳ごろから膝や肘、お腹、頭、足の甲、歯の痛み照射で睡眠妨害を受け すっかりおかしくなって。池田大作の狂った野望に乗せられて犯罪に走る狂信者らを一日も早く逮捕してほしいと思います。

18 不幸のブログ

彼らの犯罪行為が表に出てこない。その理由はいくつか考えられます。
一つ目は、彼らが証拠が残らないような手段で非人道的行為や犯罪を繰り返してきたからだと思います
相手の胸座を掴んだだけなのに 危うく前科一犯にさせられそうになった事もあります。見えない攻撃は音だけでなく、電磁波兵器を利用しての攻撃もあたりまえにしてきます。

二つ目は、創価学会を訴える裁判は結構あるようですが、例え裁判沙汰になっても彼らは自分達のお抱えの弁護士を利用し、時には検事にも自分達の仲間を作ることで 犯罪と認定されることを ひたすら逃れてきたのでしょうね。自分達の仲間を弁護士や検事に多く送り込めば 裁判だって自分達の有利な方向へと持ち込める。今度 始まる陪審員制度。アメリカでの実情を見ていると彼らは被告の証拠や人柄とは関係なく弁護士の訴えを丸呑みにして その心象で有罪無罪を決めているように見えます。そこで重要になるのは弁護士です。

口がうまく振る舞いがうまい弁護士を雇えば時には有罪が無罪になりかねない。陪審員制度とは、そんな裁判制度だと私は思ってみています。それにランダムに選ばれたと言う陪審員に特定の共通する意識を持った人間が混じっていたら、その判決自体、灰色であると言うことになりますよね。例えば創価学会員である被告の裁判の陪審員に、創価学会の会員が連なったりしたら。国民からアトランダムに選ばれると言う陪審員制度ですがそんな弊害を起こす可能性がないとは言い切れない
と思います。

三つ目は、マスコミが一切”創価学会”という言葉を活字やTVで流さないこと、これはかなり大きいと思います。実はこの被害に気がつき その主戦力が創価学会であると知るまでは彼らの実情を知りませんでした。知っていたのは公明党が創価学会そのものであるという事ぐらい。以前から”宗教の話は絶対にしない方がいい”と妻に言われていたこともあり 勿論会社などでそういう話をする機会も存在せずにいました。彼らの実情を知ったのは 自分への嫌がらせが創価学会からのものだと気がついてからの事でした。
でも多くの一般市民は知っていたのですよね。彼らがどんなに危険な存在か。。そして今日本がどんなことになってきているのかを。。考えてみれば私は悔しい思いをしています。気がつけば”仏敵”と認定され勝手に嫌がらせされまくりそれに抵抗して悪態をつくと恐らく”あいつは態度が悪い”とか言われてるんでしょうね。自分らで喧嘩売ってそれに反応したらその態度を取り上げて悪人に仕立て上げる。。。彼らの今のやり口はそう見えます。何が正しいのか、何が間違っているのか それがちゃんと判っている人は創価学会辞めてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

被害者を加害者に見せかける手法
彼ら工作員の手口に 被害者を加害者のように見せかける手法があるようです。それは電話やメールのタイミングだったり 言葉の内容そして被害の内容だったりすると思います。被害者の事情については 彼らのデーターにありとあらゆる情報が残っているのではないかと推測しています。
と言う事は、どの被害者が何をされれば反応するかを彼らは気がついているのです。例えば私の場合は混乱しているタイミングでの電話やメールです。イラついていたり、困っている時に以前不思議と妙な電話が多かったのです・・・。


集団ストーカー被害者が お互いまとまる事が出来ない事情には
・距離が遠くて直接会うことが出来ない
被害内容が一人一人違う
・被害者のコメントが他の被害者の仄めかしになっている

そんな理由があると思います。その事は彼ら加害者に一番利用されやすい事のような気がするのです。それと工作員の得意技は本人が気がつかないところで こっそりと当人の悪口を言う事です。風評被害のネット版という感じですよね。悪口や悪評を流されても本人は知らない。。。(私が経験しまくっていますから)
TVではいかにも日本は平和だと言わんばかりに、楽しそうな会社生活や社会生活が題材にされたドラマが流され、人々は自分が平和で楽しい世の中に住んでいるような錯覚を起こさせられています。特に集団ストーカー被害者で電磁波被害の自覚のある人は体調不良を感じ病院に行って「別にどこも悪いところはありません。」とか「只の風邪ですね」などといわれたような経験があるのではないでしょうか。恐らく多くの医療機関は電磁波攻撃をしている加害者側とグルだと思います。恐らく警察の一部は 集団ストーカーの事実を知っていながら、それを協力する立場に居ると思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメント
見せ掛けの平和、見せ掛けの自由、創価学会の集団ストーカーに見られる様々な猿芝居と同じ手口が、時に、猟奇的殺人事件の裏にも感じ取れるのだが・・・。


掲載順位は被害の進行状況によって入れ替えします。
加害母体は創価学会だと確信してない被害者もおられます。
被害の真偽は各被害者ブログをお読みになってご自身でご判断ください。


人気ホームページランキング → 応援のクリックお願いします

『カルト根絶センター』 黒田大輔のブログ

1996年3月15日 ドイツ連邦政府は、すべての州と協力し、パンフレット『ドイツ連邦共和国のいわゆる若いカルトと精神異常グループ』を作成した。以下のグループ、団体を含む。サイト記事のとおり、ドイツ連邦政府は、創価学会をいわゆる『カルト』として公式に認定しています。カルト認定された団体・グループの数は、たったの『27』であり、とても狭き門ですが、創価学会は見事に入っております。サイトを見た限りでは、現在も、カルト認定の取消又は撤回をしてないようです。創価学会は、ヨーロッパの最重要国・ドイツにおいて、現在もカルト扱いされているということです。日本でも『カルト規制法』を制定し、日本国政府がカルトの認定又は指定をする必要があると思います。カルトの放置は世界に対する恥なのです。

新団地の被害日誌 30年のいきさつ=近隣争議

平成16年(2004年)9月3日 の日記より・・・警察乱入事件を捏造 
下記①~⑩は、被害者が玄関前に設置した防犯カメラの動き

①午後3時、警官一人、僕の玄関のカメラに映る

②午後3時過ぎ、Sの娘ひとり、なぜか裏道を行く。(裏道とは12階の僕の玄関の防犯カメラに映らないように、北へ直進して階下へ降り、大回りして11Fのエレベーターまで戻り乗ること。即ち、僕に見られては困るから5倍も遠回りしたのである。

3時40分、清○の娘、(以後Sとする)が、 一人で裏道より帰ってくる。
④3時50分、Sと犬が散歩に行く。
⑤4時00分、Sが帰ってくる。
⑥5時過ぎ、妻が外出より帰宅する。
⑦6時40分、S一人が、再度、裏道を通って出て行く。
7時20分 軽武装してこん棒もった警官4人襲来。
⑨7時30分 誰か知らない2人が様子を見に来る。
⑩8時 警官4人家をでる。

8時30分 ○警官とSの娘が、裏道から帰ってくるのをビデオで偶然発見。警官がS娘を丁重に送ってきて、会釈をして別れ、警官は娘が自宅に入るのを見届けてから帰った。彼らが裏道を利用したのは、まさかビデオに映らないものとの誤算があった。僕も偶然見つけたものである。それで事の全容が分かった次第である。(重要なビデオ証拠物件)

 

「狂言をした娘」に対して、このように丁重な行動をするはずがない。少なくとも娘にたいして、警察側に負い目があったものと考えられる。つまり、結果的には、H住宅センター、H警察、清水らとの つながりの容疑で計画され、捏造された事件であった。これは映像がそれを物語り弁解の余地はない。狂言とは・・・人を騙すための作り事(猿芝居)

 

疑惑1:まず、警官がなぜ裏道を通る必要があったのか?

疑惑2:昼間、Sの娘が数回、裏道を利用して出た疑惑。

疑惑3:警官が襲来するのに、なぜSの娘が表で待機する必要があったのか

 

(この時、僕の妻(文子)も一緒にいた。何もしていない僕に数々の嫌がらせ、低周波攻撃など、同和、警察まで入って、僕へのいじめの原因は何なのか。そもそもの発祥は、藤(同和)との近隣トラブルであり、民事不介入の警察が、なぜか、一方的に同和側へ加勢して、ぼくを落とし入れた。S、同和、警察らが、Sの狂言を装って、引き起こした警察官乱入事件は、仕組まれた捏造だったのである。しかも僕の息子(警察官)まで、悪用した行いは日本の警察の恥だ。

 

平成16年(2004年)8月29日 の日記より
(高平巡査が、清水娘を裏道(11階のエレベーターを経由して12階へ)を使って、丁重に家まで送り届ける決定的場面。これでSの娘の狂言の話しが 同和と平野警察のねつ造であったことがばれた)。でっち上げのため、警官4人がこん棒もって・・・税金の無駄使いであろう。)初めは、僕の家への警察官乱入に対し、僕が抗議追及したら、清○娘の「僕がテラスより刃物をもって攻撃してきた」との通報があったからだと弁解が、実際は、Sの娘の狂言の話しは、清○、同和、平野警察らが 仕組んだものだった。だいいち、何が気に入らないのか知らないが、日本の警察が何もしてない僕に対し、茶番劇とも言える脅しの行為をして、許されるものだろうか。僕が冷静に対応したから逮捕などなかったが、彼らは、僕が怒っての結末を予定していた可能性大である。そのためのウソの証言を取らせるために、清○娘を外で待機させていた疑惑もある。

喜連東での2年間の彼らの無謀行為はすでに述べてきたが、清○同居人、犬づれ男のカメラ強奪未墜のビデオも、立派な証拠品である。息子の保(警官)や、妻の文子の証言もある。僕の家族を崩壊させたのは奴らの責任であり、新団地へ来てもなお、攻撃を続けるからには、僕にもそれなりの覚悟がある。ただ言っとくが法的に僕に悪かった面があったのなら説明してくれ。絶対に出来ないはずだ。僕にやましいことなど微塵もないことを宣言する。かれらが反論できないのがなによりの証拠ではないのか。)

 

トラブルを作る → 怒らせて → 通報 → 精神病院送り・・・典型的パターンの被害者

階下の藤木の通報で、上司に命令された息子の保(警官)は、僕を精神病院へ行くように促した。仕方なく病院へ行った。その時、医師から「ちゃんと通院しないと息子さんの出世に影響するで・・」と言われた。保の証言より(平成16年(2004年)9月1日) 

 

平成20年(2008年)7月4日の日記より

僕の行動に合わせて意図的にポンと音をだす嫌がらせ、両隣交互に24時間体制で監視、盗撮。旧団地でも長年に至って盗撮の嫌がらせがあったが、当時は文子が居なかったので証言者なし。僕ひとりで話しても信頼性にかけるので我慢してたが、今回は文子と同居であり、上記の行動に至った次第である。僕は夜中に2、3回、小用するが、必ずその度、告知音を出す、文子と添い寝をしているときに、背部よりスピーカーによる音だしの嫌がらせがある。タイミングをピタリと合わせるのが盗撮されてる証である。犯人は階下であるか否かはわからぬが、一応、階下へ文子に苦情を言わせたが、どうせ無駄であろう。

7日午前中、府警内のH警官と会った。温和な人であった。結論は平野警察へ報告するとのことだったが、監察官って報告するだけなの?とちょっと疑問視した。 「一番望むことは何ですか」との彼の問いに、僕は「当然、僕のこのえん罪の心神喪失者扱いを復元させてもらうことです。現在も被害者です。


交通事故、離婚、親子断絶、裁判へと不幸の連鎖は工作されたもの
・・・親である僕が現在も被害を受けているのを知りながら、隠しとうそうとする悪辣な魂胆、そして、文子とも切り離した、・・・何を血迷ったのか親を卑下する言語、態度、絶対に許すわけにはいかない。もちろん、これには住セン、府警のバックあってのことだろうが、不正はあくまでも不正であり、まず彼ら夫婦は僕に土下座して謝れ。

 

僕が息子にその診断書の病名を聞いたとき、「変人や」と答えた。これはその診断書が、大阪府警内に存在する証拠でもある。 また変人は精神病者に入るのか。 何れにしろ医師が勝手につけただけのことではあるが・。また、人権を無視した特別監視される理由が何処にあるのか。(24時間体制による盗撮行為)。これは(文子の証言)が物語っている。現実に、実の親父が、貴様のために、低周波攻撃を受けているのに、貴様はなんとも思わないのか。2人の子供を持ちながら。。。それと貴様は、強盛な仏教信者ではないのか、創価学会員の名を汚すな、以前の僕は純粋無垢の青年部員だったのだ。原点に返ってもう一度(保の証言)をじっくりと読み返すがいい。

 

しつこいようだが再度言う。これは平野区内で起きた近隣トラブルであり平野警官もいた。それなのに、管轄外の貴様が何故来たのか。お前を利用するのは藤の常套手口なのは周知のはずではなかったのか。今度の文子の事故での入院時も、住センの0は同じ手口で貴様を利用した。如何に上司の指示とはいえ、管轄外でもあり、何の法にも触れていない僕を・・・、しかも、実父である僕を・・・、キチガイ病院へ誘導するとは。何故、断らなかったのか。 肉親を陥れるなんて考えもつかん。貴様は世界に名だたる親不幸者や。

・・・低周波攻撃、盗聴、盗撮による24時間体制の監視による人権無視たる地獄の生活を10年近くも続け今現在も続行中であるが、それを貴様が何とも思わない道理がない、その事実に対して安閑と出来るのが俺には理解し難い。俺の言ってることに一言の間違いでもあるか。あるなら言え!。

・・・過去、精神病院に試しに行ったとき、医師に低周波攻撃の話をした。椅子に腰掛けているとき、低周波振動が始まり、足裏からピリピリ来るが、右足や、両足を上げたりすると感じなくなる(臀部には感じるが)・・・それでも「精神異常からくるものなのか?」と聞いたら、なんと、その医師は「そうだ」と答えたのである。つまり、それは神経の異常からくるものであるというのである。

 

僕は呆れて開いた口が塞がらなかった。 彼らは、異変を自覚して精神科を訪れる患者には、みな精神異常と決め付けるようだ、それとも、金儲けのために いいかげんな事を言っているのだろうか。とにかく行けば皆キチガイにされることは間違いがないようである。ええかげんなものであると思う。科学的根拠もなく、道理に合わないものは似非である。彼らと話をしてると、こちらの頭がおかしくなる。間違っても、行ってはならない場所である。

次に文子のことに触れたいと思う、・・・もっとも信頼すべき妻から、裁判所でのウラ証言を突きつけられた時の感覚・・・。これが小説でもドラマでもなく、現実に起きたことなのであった。この事件ひとつで彼女のウラを知るに充分だと言える。夫としても、これ以上の侮辱は、まづ考えられないであろう。

 

・・・交通事故で入院、そして退院・・失踪・・失踪後の文子は豹変したのかと思うほど、ウソの連発を表示した。別れるとなれば、もう隠す必要もなくなったのであろうか、本性を丸出しにした。その内容は控えるが、(必要とあれば公表する)この40年、いいほうに解釈してきた僕が間違いだったのか、この整形院長事件の時点で、文子の本性に気付くべきであったのだろうか。僕は自称、刑事ではなかったのか、それとも、灯台元暗しだったのか。人が聞いたら、典型的な馬鹿な男と嘲笑されるであろう。自分では人がいいからこそ騙されやすいことも事実ではあるが・・。

文子の証言
重要なことは(文子の証言)も、僕に書かされたと吹聴してるらしいが、そこまで俺に従順ならば、整形院長にウソの証言などすること事態、つじつまが合わないのではないか。結論をいえば、文子は息子を擁護するため、僕に対して真っ向から対決してきたのである。つまり、僕の経てきた事実は、みな偽りであると、決め付け作戦してきたのである。おそらく保と共謀しての強行であろうか。この後、詳細はこちらから


集団ストーカーと創価学会の犯罪集団
キティさん

オリンパス会社敗訴

裁判所によって作成された公式文書の中で、職場におけるリストラ工作の手口として「集団ストーカー」と言う表現が用いられています。その手口は、集スト被害者が職場や学校、地域で受けている人的加害の手口と全く同じです。以下、裁判所の公開文書より抜粋

 

---引用開始終了
<T谷弁護士は(注:原文は本名)都内の大手コンサルティング会社から労働法の専門弁護士として依頼を受任し(略)、不都合な社員や退職させたい社員がいる際には、まず集団ストーカーと呼ばれる手口で、その社員の周辺に複数の人間が常につきまとい、その社員に精神的苦痛を与え続け、その社員がたまらなくなって、怒鳴ったり暴力を振るったりしやすいようにする、もしくは精神的苦痛で自殺しやすい状況にする行為を続ける>

<このような集団ストーカー行為、もしくは産業医の制度を悪用する手口を使って、被害を訴える個人に対し、精神分裂症等の精神病として診断書を作成して被害者の発言の信憑性を低下させ、その上で産業医が治療と称し措置入院等を行う事で、報道、捜査機関、裁判所等を欺いて対応が出来ないようにし、さらに一般市民を自殺や泣き寝入りに追い込む>
---引用終了
上記文書の内容からリストラ手口の要点を書き出してみます。
・集団でのつきまとい
・ターゲットに精神的苦痛を与える
・ターゲットの怒りを誘発し暴力行動に駆り立てる
・ターゲットに精神的苦痛を与え自殺に追い込む
・ターゲットが産業医に被害を訴えた場合は統合失調症と認定、以後の発言の信憑性を落とす。
・報道機関や捜査機関、裁判所等を欺いて対応が出来ないようにする
集スト被害は妄想でもなんでもなく、実在する被害である、実在する手口であると言う事が、裁判所によって認定されたと言う事になります。
コピペ終了
 詳細は こちらから

オリンパス事件は氷山の一角 現役産業医が語る「リアルでブラックなクビ切り術」

<一部抜粋>「私が相談を受けた集団ストーカーは、かなり大手の外資系会計事務所の法務部が、ある宗教団体の行動部隊へ委託して行われたという、かなり悪質な一件でした。信じ難いことですが、一部の教団にはそういう"業務"を請け負う部隊があり、各企業の法務部とパイプを構築しているのです。裏仕事を暴力団に頼むのと構図は同じです。しかもそのときは、顧問弁護を務めていた女性弁護士も承知していたというのだからひどい話です。道ですれ違いざまに『山田一郎(仮名)、死ね』とささやいたり、ホームの対面からじっと視線を合わせたりするわけです。ノイローゼになって産業医に相談に行くと、『最近、人の視線が気になりませんか』とか、『幻聴は聞こえますか』と誘導する。で、私に相談してきたのは、その集団ストーカーに加担したひとり。『上からの指示でこんなことをしたが、もうやりたくない、死にたい』とメールで泣きついてきました。やる方もこたえる。負の連鎖ですよ」引き受ける教団も教団なら、そんなところへ"業務"として下ろす企業も企業。ここまでブラックな手法が一部の大手企業で常態化していた事実に驚くしかない。詳細は こちらから

ある宗教団体(創価学会)の行動部隊へ委託したのも判明か・・・

集団ストーカー認知・撲滅(概論)
馬苦路さん

日航の報道で 遂に企業の集団ストーカーも公になってきました。残るはメディアが視聴者に行う仄めかしです。テレビを見る時は録画すること。「なぜそれが仄めかしなのか」の証拠として説明をつけて動画投稿しよう。

客室乗務員/JALとJAL労組などを提訴/

個人情報を収集して監視(しんぶん赤旗)


ストーカーも真っ青?JAL「覗き見個人情報調査

J-CASTニュース)

世界の自殺率 105ヶ国で日本は8位
資料は WHO(2011年で最新のデータ)


職業別自殺者数

資料は 警察庁データ(公明党が政権仲間入りした1999年末から自殺者急増) 



新・創価学会の集団ストーカー日記(Ameba)
レックスさん

創価学会員と生活保護
東京23区の下町地区で、生活保護を受けている120ケースのうち100近くは創価学会員だと言っています。貧乏と病気は信心で治ると信じてるらしい。新聞やら、お布施やら、寄付やらで 年間10万円は出資してる信者もいるとか。訪問した生活保護の信者の自宅には平気で100~500万前後の仏壇があった家も・・・。

生活保護ケースワーカーのブログより

公明党議員が 率先的に 信者の代わりに役所に圧力をかけて 受給させ、葛飾区の学会員受給者(9割)を考えたら、少なくとも1兆円は創価信者に流れ、その内の3割の3000億円近くは創価学会に流れているでしょう。このような大事な問題を議員は何故追求しないのでしょう?

自殺者3万人超の影には精神薬の影響が。向精神薬は覚せい剤よりも依存性があり危険、凶悪犯罪や自殺率増加の影に創価学会と精神医療が深く関わっている。
集団ストーカー → 心療内科へ誘導 → 向精神薬投与 → 集ストによる心身の憔悴 → 自殺。 製薬会社と精神科医の暴利 → 集団ストーカー資金へ

動画はこちら 向精神薬、抗うつ剤、製薬医療、医学の犯罪18

カルト集団による被害を根絶撲滅する会

脳内に声を送るテクノロジー犯罪

マイクロ波を使って脳内に音を作り出す非殺傷型兵器は、戦場で兵器として使われる一方、ショッピングモールでの利用も可能だという。『MEDUSA』は「人間の耳に聞こえない音をターゲットだけスポット照射する装置です。

 

LRADは約270m離れた対象に向けて大音量・高周波数の音声ビームを発射し、攻撃の意欲を無くさせることができるという。

 

MEDUSAは、マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)――マイクロ波をパルス波形にしてターゲットに照射すると、頭の中から発せられたような音が聞こえる。この音は側に居る人には聞こえない。

 

このマイクロ波兵器では、マイクロ波パルスが生み出す高強度の衝撃波によって、脳が損傷を受ける危険があると専門家は言っている。標的の頭蓋内に殺傷能力のある衝撃波を送り込める装置ということになれば、効果的な殺人光線としての利用が考えられる。

 

Sadovnik博士は 高出力で耐えがたいほどのノイズを作り出すのではなく、低出力で意識的に知覚できないほど小さなささやき声を送り込めば、潜在意識のレベルで標的に影響を与えるのに利用できるかもしれないという。

 

指向性のあるビームを、店内プロモーションのようなターゲットを絞ったメッセージに利用。さらに意識的には聞こえない情報を照射するサブリミナル広告の可能性も示唆。この装置で鳥の群れを 風力発電基地から 追い払う目的に 利用できるかもしれない。


Sierra Nevada社は 持ち運び可能な装置を1年半以内に完成させる予定、現在米国防総省に資金提供を求めているという。これは2008年7月の記事ですので、もうカルトが手に入れ悪用していると思います。


ハイテク被害、関連情報


ある日突然、集団ストーカーの被害者に
都内

騒音騒動
ドンドンドンとほぼ一定のリズムで壁か何かを叩く音、しばらく止み 6分後 大きな音がドンと1発 午後11時4分に 再び 断続的な騒音 ここまでなら 以前と変わらない騒音嫌がらせなのですが、これまでと違ったのは この日に限って 住民の人達が騒音に対して騒ぎ出した事でした。 私がこれまで騒音被害を訴えた時は 騒音などない、精神が病んでいるとまで言われたので 今回、急に騒動になった事は非常に不可思議に思えました。只、これが 集団ストーカーによって組織的に引き起こされている騒音だという事が最も重要な所。

ヘリコプターによる付きまとい

2012年2月2日に久しぶりにヘリコプターによる大胆な付きまといがあった。これはアンカリング(条件付け)という行為で最初は大胆に加害行為を行い印象付け、以降、被害者がヘリコプターを意識する様になったら少し距離を置いて、一般の人に気が付かれない様にヘリのエンジン音が聞こえる程度に常に付きまとって来ます。事実これ以降また、ヘリコプターが外出時の上空や家の上空を飛ぶ様になりました。

 

職場では交代で私を付きまとい、暴力団をほのめかす話や私に対する犯行を思わせる話など、嫌がらせが尽きない。通勤ではカルトナンバーや怪しげな車や人間が付きまとい、時には車が突っ込んで来る事も、家では家宅侵入や騒音被害など休まる暇がありません。

集団ストーカー現象について考える
Kingfisher(キングフィシャさん)

2011.1.31の記事より

・・・・・集団ストーカー犯罪・テクノロジー犯罪では 組織的な個人の監視、虐待、心身の攻撃の為に、思考読み取り、書き込みの送受信技術が 大きく関わりを持つと言われており、多くの被害者が 思考や生体情報の読み取り、所謂、思考盗聴による被害を体験、実感しており、ブログ等でその技術的な要点についての解説、説明が展開されている。


今回はその様な、思考、生体情報の受信の科学技術を応用した犯罪が 現実的に成立可能とする為の基本技術、概念について、その例証を専門的な立場から、噛み砕いた解説と被害者として、知りたい情報、知識、ヒントの提供を懇切丁寧に頂いた。・・・・・特定個人に対する時と場所を選ばない、全方位の監視体制は、人海戦術や従来の盗聴や盗撮の手法では解き明かす事ができない超現実的な技術の介在無しには、構築が不可能と思われる。


例えば、毎朝、眼球も含めた身体が微動だにしていない状況で、目を覚ました瞬間(意識が戻る瞬間)、に 大きなドア・雨戸の音や 新聞配達のバイクの爆音が 間髪を入れずに発生する。単発のノイズが、正に、ターゲット本人を狙ったかの様に 突発的に発生し、その後は 静寂に戻る。・・・・・それが毎日発生するのである。或いは、ふと被害について 頭を過ぎった瞬間、同様のノイズが発生する場合も多い。・・・・・他にもターゲット個人の思考を読み取ること無しには不可能な事象は多々存在し、この様な不可解な状況は、筆者だけでなく、多くの被害者が日常的に共通の経験を持つ。・・・・・被害者は言わば、人体実験の様な状況で、この知られざる技術による災禍の対象とされ、恒常的にそのトラップから抜け出る事が不可能な状態を強いられる。

 

・・・・米国では1976年に、「脳波を遠隔地からモニターし、それを変化させる装置と方法」という件名の特許が取得されている。この技術、応用性は社会的なインパクトと軍事、政治的なパワーバランスにも影響し、諜報工作への需要、危険性等の極秘要請の為に、機密性が保たれている。従って、一般の国民が技術の詳細、認識を持つ事は容易ではない。


・・・・・今回の会合では、プラズマボールを使用して、その指先に発生する電位、放出状況を「光の帯」で可視化し、その視覚情報により、被験者の思考状態による光の帯の状況変化を観察する実験を行った。プラズマボール表面には左、右の掌、指が接触し、左右別々のパターンで右脳、左脳の働きは思考する内容により、左右のボールに触れている指の光の色とパターンが別々に変化する。


人体には非常に高い電圧が発生しており、電荷エネルギーとしては相当に大きく、卑近な例としては静電気の放電現象が挙げられる程である。その電位は指の先端部が特に大きく、メディアで紹介される車椅子や介護機のコントローラのようなヘッドギア装着時よりも遥かに大きなエネルギーの検知が可能なのである。その電位は常時変化しているが、それは脳の動きを敏感に反映しており、その状況は個人差が存在する。

 

プラズマボールには被験者の思考により、光の帯は、定型のパターンで、色、形状の変化として現れる。そして、そのパターンのスペクトルの発生状況を映像記録し、特定の条件下で与えられる思考時のパターンとの比較、類似性を観察すれば、思考の内容が、簡易なこの方法でも 推測可能との説明を受けた。詳細はこちら
集団ストーカー 闇世を暴け 県をまたいだ嫌がらせ 

統一教会の事件はマスコミは報じるが、創価学会の事件は なぜ隠され続けるのか


2011.11.11日記より

他人の部屋をスポットにし、電磁波(磁場)を変えた上で 近くから「放射線発生器」を用いて 集団で行うこれらの犯罪行為をいつまで野放しにしておくのか? 毎日24時間 これら放射線の被害は止まることはない。コッチは黙って耐えるだけである。しかもだ ひさしぶりにコンビニに行けば 行ったで コンビニの駐車場で 案の定 待ち伏せをしていた 男たち 4人や5人は居た、車に乗ったままの者外(タバコ)を吸いながら、私をニラミつけていた男 こいつら犯罪者のくせして偉そうな態度をしやがって 何様のつもりなのか! 

 

・・・・・今までも また、これからも、特権利権を得ようとしている。・・・・これら同和部落は 戦後から、こうした「追い込み殺人」を平然と行ってる民族でありさも 自分たちが差別を受けているかのごとく  組織的に猿芝居や自作自演を通じて、日本人の税金を食いむしっていたことが理解できる。

 

こいつらは日本人の個人情報を意のままに悪用しているにもかかわらず、こいつらの個人情報だけは、しっかりと守られている。日本人の個人情報は、悪用するくせに、自分たち部落の個人情報は保護せよの「個人情報保護法」という 創価学会がしつこく20年もかけて、法案を出し続け、成立させた闇法案。奴らには道徳はない。

 

またすでに コンスタントに毎年3万人以上の自殺者を20年間出している、この日本の現状を客観的に見ると すでに大都市が消えていると同じ 日本人の人口が消滅していることになるつまり これらの組織的犯罪を行うことにより 朝鮮部落民の日本における割合が、ますます 大きくなっていることに気づく。これでいいんですか? 日本人よ! 朝鮮部落民族の意図的な追い込み殺人により 日本人の人口は加速度的に、消滅しているというのに 朝鮮部落民は 子沢山 これでいいんですか?  日本人よ。

 

そして毎日 辛い放射線(微粒子)を飛ばす、軍事兵器の痛みに、じっと耐えて 生きている者に対し ちょっと 外へ出ただけで人的嫌がらせを行う。 

 

・・・・戦後GHQが朝鮮人に与えた特権の一つ「治外法権」が 水面下で、悪用されている証拠である。つまり朝鮮部落民による「間接殺人」は 奴らが日本に居るだけで永遠に続けられるということである。

 

奴らは無差別テロ組織であり 人殺しであり 日本国憲法を守る必要のない民族であるかのごとく、憲法を無視できる神経を持っているからこそ こういった組織犯罪が水面下で、偽装されながら、内密に行われているのだ。昔の日本人が築いた、日本人が安全に暮らせる社会を朝鮮部落民が、すべて破壊した。すべて こいつら民族が コントロールしているのだ。

 

勝戦国民の地位を利用し 一方では 組織犯罪を行い 一方では 安全を語る構図の歴史が復古したということである。にもかかわらず朝鮮同和部落民族に対して、「治外法権」が与えられていたため、日本人を殺害しても 一人として、「罪に問われていない」 これが法治国家か? ― 後略 ― 詳細はこちら


知って欲しい、「集団ストーカー」のこと
去年(2010年)9月6日更新を最後に消息不明。他の被害者の方から問合せあり。
日護会や在特会などのデモや街宣に参加。連絡先 days@pc.117.cx

2009.4.11の日記より

集団ストーカー、嫌がらせ実行部隊は何か仄めかしになるようなネタを探すために、出来るだけターゲットのことを知ろうとします。部隊に、ターゲットの動き等、電話報告も大事な仕事になります。仄めかしも この情報なしにはあり得ません。ブログチェックも欠かせません。そして、不都合なことは 何やかんやで もみ消して、『何か証拠でも?』と言う顔でしらを切ります。ターゲットに 自由に動かれても困るので、複数で邪魔をします。何もなかったことにするために先回りします。ターゲットを キャラクター別けして そのキャラを一人歩きさせます。そのキャラクターにあう殺し方(社会的含む)していきます。学生なら、『最近の若者』というイメージに被せてシナリオが書かれていくのでしょう。ターゲットは舞台劇の登場人物です。本当の舞台劇ではないから、動きにあわせて、台本も書き換えられていきます。一つの作戦が失敗、成果が芳しくなければ、また違う手を打ってくるのでしょう。やり方はいくつもあるみたいです。

 2010.6.29の日記より

ナナコの命は、明日までかも知れないし、あさってかも知れないし・・・でも、一応、ナナコは生きていたら明日もブログアップしたいと思っています。予定としては、七月三日の日護会デモに参加したいなぁ、と、思っています。ただ、一人、大き目のバックを持って図書館に現れた男が来てから具合が悪くなって・・・気のせいなのか…心身ともに圧迫されているのか…絶好調?なんてTシャツあるみたいで、それを見て、ため息。何とは申しませんが、嫌な予感がひしひし。この嫌な予感とは、腹が立ちまくったナナコが大声で『創価学会の皆様!今日も、嫌がらせ付きまとい、どうもありがとう!有難う!有難う!』なんていって歩いたからなのかしらん?(ドキドキ)ナナコが電磁波とか、それとも何らかの形で、変死、殺害などされる前に 叫んでおこうとか思ったのが、やばかったかしら?

統合失調症ではない!!
湿疹被害 画像

2007年09月17日の日記より

「下痢」と「めまい」の誘発、今日の経験でまた確信できた事実があります。やはりあちこちで「電磁波被害者」の方達が指摘しているように「便意」・「便秘」・「下痢」は「電磁波」で操作可能のようです。今日、久し振りに子供の部活で休みが取れたので 家族でドライブに行ったのですが、目的地に着いた途端に、私が「めまい」「下痢」に見舞われ、山奥だったので近くにトイレもなく、かと言って、昼間なので外でする勇気もなく、早々に山を降りることになったんですが・・・・続きはこちら

2007年09月18日の日記より

創価学会の悪質な嫌がらせ、またやられた、自転車のいたずら。今度は私の自転車のブレーキワイヤーの留め具が外されていて 走行中、ブレーキをかけたら 右ブレーキワイヤーが ブレーキハンドルからはずれてしまった。 左のブレーキと比較したらブレーキワイヤーの先についてるはずの留め具のようなものが付いていなかった。外れた場所の付近も探したが、落ちていなかったので確実に団地の駐輪場に止めてる時に外されたと思われる。誰がやったのかはもうわかりますよね。そーいう連中なんです、あいつらは!!選挙前、あれだけ「創価学会」の悪口を言った私です。創価の悪口を言わなかった(知らなかった)おととしまでは 私の自転車は今の団地に引っ越してきてから、1度もトラブルはなかった。それがおととし初めてインターネットをつないで「創価」の実態を知ってから、やたら団地の駐輪場に止めてる間にパンクをやられるようになったのである・・・・続きはこちら
2008年10月30日の日記より
ダンナの会社が今月で廃業するのでバラしますが実はダンナの勤めていた会社は小さな運送会社だったのですが皆さんも御存知の通り、今年の春頃からガソリン代が跳ね上がりましたよね。3月には交通事故も起こしました。(免停講習など)余計な出費がかさんだことはこのブログにも書きました。
そしてちょうどその頃からダンナの仕事が減り、手取額で言うと10万ぐらい減ったのでとうとう私が働くことになったのですが会社は持ち堪えられず今月廃業することになりました。ところがどうでしょう?最近になってまたガソリン代が下がり始めましたよね。・・・・続きはこちら
2011年10月11日の日記より
辞職に追いやられた直接の原因、
アメブロのほうでは公表していたのですが 直接の原因となった手の湿疹が 辞めてからもますます悪化してきたので ここで証拠写真を公表しときます!
在職中はゴム手と洗剤のせいかと思っていて(加害者の仕業というのは察していましたが)病院へ行っても薬を塗り続けないといけなかったのでやむなく辞職することにしたのですが 辞めて1ヶ月経った今、以前とは違う症状が出てきたので公表します!その症状とは 直径3ミリぐらいの小さな突起物なのですが ものすごい痒みで、こすっていると臭い液体がにじみ出てくるものです!これが最近になって次から次へと出てくるようになったのです!・・・・
続きはこちら


創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団ストーカー」の告発
音声送信被害者

2011年08月16日 の日記より

今日、親父お袋以上に逝かれたキチガイにブレインジャックされてる弟が発狂したようにやってきて、私を強引に強制入院させようとしました。私の今の精神科医は元々は信者関係者ではなく、脅迫によって動かされてると思われますので、執拗で別人の様な弟の脅迫からすぐに逃げましたが創価御用達の精神病院では事実上の殺害が行われていると私は睨んでいます。私が弟に「お前殺すか一生出さないんだろ?」とカマかけたら「今は一月で出られる」と言ってました。はああ?一月で出られるなら外来治療で十分じゃねーかこの猿は。意味がわからない。入院させようとしてるのは明らかに他の目的があり その為に私に詐欺を働いてるのが見え見えです。大体、私は層化電磁波部隊に好き勝手されないように抑止力として薬はちゃんと飲んでいます。―中略―

 

今年の中●企●診●士試験も連日のキチガイじみた妨害で見事不合格となりました。11月に簿記1級がありますが まあ、強制入院されずに生き残っていたら(弟は今も執拗に強制入院の手段を探し続けています。層化が与党の時は簡単だったでしょうが今は難しいみたいですね)今年は是非邪魔をされずに受けてみたいですね。私の更新が止まったら100%殺されたと断言しておきます。続きはこちら

集団ストーカー電磁波兵器による攻撃
クレスンさん

2009.11.23の日記より

電磁波か何なのか、よくわかりませんが、家にいるときは常に攻撃をされています。今現在も頭頂部にピリピリと刺激があります。加害者が上でガサガサ音をたてています。頭の中はかさぶただらけ です。朝起きると髪の毛が体液でジェルで固めたようにバリバリになっています。脳にもどういう影響があるかわかりません。頭がとくに酷く、他全身くまなく攻撃を受けています。攻撃をうけた場所は赤く炎症を起こして酷い痒みがでます。強く攻撃を受けると皮膚だけではなく、骨にもダメージを受けます、膝に受ければ歩くだけで痛いし、左足は長期間の攻撃で変に曲がってしまいました。この前は寝ている間に、腰に強く攻撃を受けました、骨まで痛んで、強く攻撃を受けた場所の筋肉もはっきりと落ちました、寝ている間の何時間かの間にです。顔に受ければ、筋肉は強張り瞼は痩せ、頬はこけてきます。続きはこちら

思考盗聴装置の開発方法(新月光仮面

ネット上では電磁波・超音波などを悪用した犯罪に悩まされ続けておられる被害者の方々のホームページが多く見受けられるようになりました。 しかし、いまだにブログやHPを開設されておられない被害者の方のほうが多いと思われます。その理由としては、被害者本人でないと被害の悲惨さを上手く第三者に説明出来ないと言うこの犯罪の特殊性から来ていることが大きく、更に高度な電気技術などの説明を伴うことが問題解決を更に困難にさせていると考えられます。この高度な犯罪技術の一つとして思考作動装置(通称:思考盗聴)が有ります。 現在この思考盗聴技術は一部の企業・技術者・犯罪者に悪用されているだけであり、一般の大多数の方々には存在すら理解されていないのが現状です。 ここに小企業でも思考盗聴装置の製造が十分可能であることを示すと共に、どのような問題をクリアーすれば思考盗聴装置の開発が可能となり、又、現在存在するどのような技術を使えば現実的に開発を可能とするヒントが隠されているのかを示します。ここに思考盗聴装置の開発方法を示すことで、一部の大企業だけでなく多くの中小企業の研究者の方々に興味を持って頂き、広く世間一般に認知して頂くためにも著者が現時点で考えられる全ての技術をまとめ公開することにしました。筆者は、この技術の被害者の一人であり、多くの被害者の方々が説明出来ずに病院送りにされ、精神分裂病のレッテルを貼られた悲惨な被害者の方を数名目の当たりにしました。 筆者は自称技術者の端くれであるため無視を続けることも出来ず、多くの被害者の方々が救われるのであれば、総攻撃を耐えながら思考盗聴装置を設計できるレベルの情報を書き綴ることにしました。

思考盗聴装置の開発までの歴史  → 様々な会社の技術が複合的に関わっている。

ある人物が、考えたり、念じたりすることにより、本人か否かを、識別する識別システムと、これに対応して作動する思考作動システムを。「思考作動装置」と呼んで、今から、15年前に特許公開され、完成しています。これが小型化、操作簡易化され実用化(嫌がらせ用として)されていると思います。ネット上では、通称「思考盗聴」と、怪しく呼ばれていますが、これからは、「思考察知装置」とか「思考作動システム」とか、「思考検知装置」とかと、呼んだほうがよさそうです。思考盗聴と言うと、何かきな臭いイメージを持たれそうです。

「思考盗聴防御装置」日本国特許
【目的】レーダー波を利用し、目的とする人物の会話、思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されていたことが判明した。この盗聴は、はるか遠方よりあらゆる場所で盗聴が可能である。この盗聴に対し、人の機密及びプライバシーを守ることを目的とする装置である。
【構成】盗聴のための電波は通過する際に共振を起こし盗聴される人物の体より生体情報が置き変わった輻射波が発振される。この人体より輻射される生体情報よりも盗聴電波を大きく発振し警報を出力する。生体情報にはさまざまな波形があるが、そのどれにも有効である。警報が出力された所番地を関係官庁に通報することにより、悪質なレーダー波による盗聴の電波発振源を発見でき、その悪行を根絶することが出来る。詳しくはこちら

GSAS
トップに主な記事、裁判記録、証拠映像 多数あり

当HP管理人(戸崎貴裕氏)を知らない集団ストーカー被害者はいないでしょう。それほど有名な方です。彼はマイクロソフト社在勤中、元彼女とのトラブルが原因で、集団ストーカーが始まったといいます。戸崎さんが投稿した被害初期の動画をご覧ください。

戸崎氏は、不当な拉致、強制措置入院を可能にする現在の医療保護入院制度を、国家犯罪であるとして この法律の不備、違法性、解釈の誤り、司法の判断のありかたを訴えてきています。心身共に健全な戸崎氏本人の同意なしに、誰かが作成した報告内容だけで、何者かに拉致され 精神病院の閉鎖病棟に監禁されたのです。

戸崎氏は、判例と法令から、国家が、冤罪よりもはるかに簡単な方法で、自らの手を汚さずに 本人には知らされないで、一方的な報告内容で、国民を拉致監禁し、社会的に抹殺することのできる制度が存在することを突き詰め、そこから生じる司法判断のカラクリを明かしています。

医療保護入院制度とは、周囲には精神障害の症状と映るが、本人は「俺は精神病なんかじゃない」と入院を拒否するとき、保護者の同意で強制入院させられる制度である。

精神保健福祉法(医療保護入院に必要な条件)とは・・・

33条1項 保護者の同意があれば本人の同意がなくても入院させることができる。

33条1項1号 精神病と診断され入院が必要とされた者で、22条3の規定(任意入院)の判断すら理解できない者
33条1項2号 34条1項(都道府県知事が精神病院へ強制移送)により移送された者

戸崎氏は、マイクロソフト在勤中、交際していた元同僚女性と別れた後の執拗な迷惑行為、女性Aの数々の犯行予告を告発 職場でビデオ撮影を開始しだしたころ 真夜中、マンションのチェーンキーを壊して入ってきた男らに拉致され 閉鎖病棟に軟禁されたのです。

彼を精神病だと一方的に決め付け報告内容を作成した精神科医、それに関わった精神保健福祉士、拉致実行犯の男たち、戸崎氏の担当医、洗脳され我が子を精神病院へ送った戸崎氏の母親、これらの人々は、今では、すっかり改心し、贖罪感に苦しんでおられるのでしょうか。それとも、変わりなく、組織犯罪に手を貸しているのでしょうか。

戸崎氏は 退院の機会をじっと待ち、担当医を問い詰め、「はじめから症状は説明できない」という証言の録音に成功、その後、病名不明、治療の必要なしの診断書を交付させたのです。また、民事訴訟(本人訴訟)を起こし、拉致は違法との判決を勝ち取りました。

そして、憲法で保障している 適正手続きの保障、個人の尊厳と弁明の機会、医療保護入院制度の欠陥を次々と証してきました。 医療保護入院制度には適正手続きを保障する法令がない。憲法以外には適正手続きの法令はない・・・など。よって、このような組織的犯罪システムを、国家が幇助するからくりになっていることを暴露しています。

また、医療保護入院制度の濫用防止の法律「精神保健福祉法34条」が存在しているにも関わらず、東京地方検察庁の判断(刑事)は、①戸崎氏への事情聴取をしていない ②拉致の現場検証もしていない ③「罪とならず」「嫌疑不十分」で不起訴としているということです。

このように、どんな立派な憲法があっても、ある特定個人を陥れるため、公権力を濫用することは可能のようです。そのため 戸崎氏は、本人の意思によらない診察の可視化の提案を 打ち出しております。

拉致犯行のあった2006年といえば、公明党が政権与党にいた頃だし、当時、彼を精神病として、72日間も精神病棟へ隔離できたいきさつからして 当時の政治的背景も無関係ではなかったはずです。彼を拉致し強制措置入院させた根拠なるものは、決して開示されないであろう 提携会社作成の「密告書」のみであったわけです。

憲法 第31条の適正手続の保障(主に刑事手続きに限定)

「何人も、法の適正な手続きによらずに、生命自由、財産を奪われることはない」というデュー・プロセス条項に由来する条項であり、国家の権力が恣意的に行使されるのを防止するため手続的制約を課すと規定されています。

憲法 第13条

個人の尊重(尊厳)幸福追求権及び公共の福祉について規定しています。例えば、私企業による解雇が有効か否かが判断される際、解雇されるにあらかじめ弁明の機会を与えたか否かが考慮されるのも、その現れといえます。

精神保健福祉法34条

都道府県職員が調査の結果、診察が必要とした場合、指定医(知事指定)が事前に診断、入院の判断、強制的移送の判定、医療保護入院が必要とした場合、都道府県の職員が本人を ①いかなる事実に基づき  ②いかなる法令に基づき  ③不服申し立ての機会があることを書面で知らせる  そして指定医に強制移送すると規定されています。

↓ 国家犯罪としての医療保護入院制度、その証明

http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Step01.htm 

ガスライティングとは
カナダの現役警察官の証言

可愛い夫婦の手作りホームページ

ご夫婦揃って東京銘柄大学卒の超エリート(IBM社員)です。自他共に認める 絵に描いたような 可愛いご夫婦で 被害者とし扱うには痛々しい限りです。ご夫妻は 信頼できる弁護士が見つからないこともあって「本人訴訟」で裁判に臨みました。 ご夫妻の被害は 奈良の騒音おばさんと 同じケースであり 地域ぐるみで うまく嵌められたものでした。 

 

創価学会からの被害者たちから 集団ストーカーやハイテク機器を使った心身攻撃など 組織的近隣ハラスメント犯罪は 「地域ぐるみである」と よく聞いていたが ご夫妻の被害の実態を見ると やっぱり そうなんだと再認識しました。天野ご夫婦に関する事を、当HPで、記事として揚げてあります。詳細はこちらから

YouTubeのマークをクリックすると拡大動画が見れます。



集団ストーカー被害者が経験する、被害者が加害者にされてしまう巧妙なカラクリです。110番通報の加害者が、何食わぬ顔で登場します。朝鮮人独特のハラスメントマニュアルです。

在日朝鮮人は自己中心的な方が多いですが、この歌は、在日朝鮮人の特徴を的確に見事に表しています。聞いていて気持ちいいですね

引越して2年後、ある変化があった年に天野ベラの両親と愛犬がひと月のうちに亡くなりました。歌を唄っている天野ベラの母親はお風呂場で急死したのです・・・。

2009.12.25の日記より 自己都合退職に追い込む

モビングは、職場ぐるみで細かいながらも執拗なグループハラスメントを続け、標的である被害者(ターゲット)となった人物が辞職せざるを得ない状態を作り上げる集団犯罪行為である。モビングの結果、通常、自己都合退職にさせられる。

会社側がターゲットを解雇する形式をとらないのは、「何も起こっていない。この人が勝手に辞めたのだ」という表面上の体裁を取り繕う意図があるためである。加担する人々は、強引にでもそのストーリーに沿って物事を進行させる。モビングの加担者は、明らかに嫌がらせであると証明できる行為や、犯罪と証明できる行為を注意深く避けて全ての嫌がらせに偶然を装うターゲットとなった人物の悪評を広めたり、罪をなすり付けたりといった行為も行われる。 レイマン氏は、職場におけるモビングの段階のひとつとして、さまざまな加害行為の後に、精神鑑定診断を強制的に受けさせるなどして精神疾患との烙印を押し、ターゲットを解雇へと追い込むという手口をも挙げている。

ターゲットとなった人物からすれば、会社側が組織的に行っているという証明がほぼ不可能であるため、一方的な不利益を被ることとなる。職場でのハラスメントがパワハラやモビングであるなら、グルハラは職場を飛び出した地域ぐるみのハラスメントである。つまり、職場でのハラスメントはそっくりそのまま住居地域に移動されるのである。ターゲットが職場を退職してもハラスメントは中止されることなく、転居してもその地域で、生涯にわたり継続される。

職場でのグループハラスメントの原因

たとえ会社の人事制度を利用しているにしても、改善要求を持ち込んだことにより、会社の人事方針を批判したことがわかった場合、あるいはハラスメントによって、就業環境や職種・事業所の変更を申し出たり、人事部門と敵対する労働組合に加入するなど、会社方針に反するとみなされる行為を社内で行ったことによる。また、職場外では、地域でのねたみや特定の宗教の勧誘を断ったことが原因であるケースが多い。ターゲットを調査し、ターゲット個人の情報を不特定多数の加害者側が共有し、ターゲットを囲み個人情報を聞えよがしに「仄めかし」、「聞かせ」、「ターゲットの悪い噂をまき散らす」、「騒音を浴びせる(ノイズ・キャンペーン)」、「車のライトを浴びせる」、「ターゲットの対人関係の破壊」、ターゲットの行く先に偶然を装い「待ち伏せ(コリジョン・ジャンペーン)」、「つきまとい」、監視を気付かせる為、故意に存在をアピールすることにより、ターゲットにストレスを与えるなど様々なグループハラスメントがある。詳細はこちらから

kogchanblog はこちら

2012/06/18 日記より

 

祝出版「その女在日につき」

 

在日の在日による、在日のための『在日本帝国』に成り下がった日本!在日の肺腑を剔る一冊

 

青の太字をクリックしてください。写真などが表示されます。妻の天野ベラが「ルサンチマンは女の宿痾」に続き第二作目となる「その女在日につき」をこの度書き下ろし、本日6月18日に発行しました

この本には、天野ベラ(妻)が 中学・高校と通った立教女学院における同級生が、在日韓国人であった事実が赤裸々に綴られています。在日であるがゆえに日本人に対する憎悪が溢れんばかりに満ちていた同級生の怒りの矛先は、その女を宥恕し、宋襄の仁をもって接してきた天野ベラに、容赦なく振りかかりました。日本人に対してならどんなに無礼であっても構わない、何を言ってもしても構わない、訴えられても在日韓国人の擁護に特化した弁護士に守ってもらえる、在日の権力に与する裁判官らに有利な判決を出してもらえるという奢りに満ちています。

続きはこちらから


テクノロジー犯罪・集団ストーカー・それから...。
プラムさん
音声送信被害者


2012-04-06 の日記より

拙宅前は私道なのでグーグルのストリートヴューに画像公開されてないはず。 何気に自分の住所を検索してみたら ストリートヴューに、しっかり公開されていました。確か1、2年前までは、画像公開されてなかった。ネットからグーグル社に削除依頼をしたが、2週間経っても画像は公開されたままだった。 グーグル社の電話番号は、なぜか電話帳やHPに載っていない。法テラスでアドバイス頂き ようやくグーグル社の担当部署へ電話。 画像削除は出来なかったものの、ボカシを入れてもらいました。ところで創価学会本部は宗教法人で公共性が高いのに、なぜストリートヴューの公開画像がないのか? 訊いてみたら2つの可能性があると担当者は説明。写真そのものを撮影していない。②信濃町は異次元ワールドですからカメラを持って近づく事が出来なかったのでは・・・

グーグル社 ストリートヴュー対応窓口 電話番号03-6384-9900 begin_of_the_skype_highlighting 03-6384-9900 無料  end_of_the_skype_highlighting
当ブログ管理人は、地域防犯パトロールに協力
しながら集団ストーカー犯罪を訴えている。
街宣活動、チラシ配布、
清掃など


語るべき真実~集団ストーカーの側面

2011-09-05の日記より

当ブログ管理人は、これまで司法機関や警察と接して来た経緯から 証拠保全を地道に行う必要性を説いています。盗聴盗撮の違法性については、盗聴の傍受は現行法では検挙出来ても微罪どころか罪に問われないケースが大半。しかし盗聴内容を第三者へ流すことは違法である。被害者は外出先や自宅近辺で加害者から仄めかしを必ず何らかの形で受けている。これは加害者側が第三者へ情報を拡散している立派な証拠となる。 知らない人間から仄めされる内容からして 加害者側が被害者の情報を第三者にリークしている事実証拠となる。仄めかしなどの証拠保全に力を入れて欲しい・・・。


集団ストーカー被害 貶められる日本人

太田警察署長に不服申し立て
 2011年6月25日、小松原直実さん(当ブログ管理人)に 前の家の住人が
鍬を持って襲いかかって来た事件について、太田署の対応、捜査手法も特別公務員職権濫用罪に当たると考えています。そして映像記録を見せても住人の犯行については全く言及せず・・・これは太田署全体の責任問題と考え、当人に対し厳正な捜査をしていただきたく、太田警察署長殿に対し不服を申し立てました。7月末、太田警察署長あてに配達証明付き郵便にて送付。配達されて1週間以上経過しましたが、何ら回答も無いので、次の段階に移行したいと考えています。

 

重大事件発生と警察の対応
http://masurao2631.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

 

所轄の警察署長宛に不服申し立て

http://masurao2631.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

 

その後の経過

http://masurao2631.blog.fc2.com/

心の声の悩み
音声送信被害者

アマチュア無線の悪用 エンジニアを狙う犯罪」で
この方のHPは、当HPにて記事にしてありますので、ご覧ください。
集団ストーカー被害~私の場合~
福岡県  てんとう虫さん

2012.6.6の日記より 概略

年収 5,000万円のお笑いタレントの母親も、マンションのローン毎月40万円も払っていた別のお笑いタレントの母親も、生活保護を貰っていたという話。しかも、驚いた事にそれらは違法ではないということ。私の場合、転職を繰り返し、鬱病を患い(子供が高校生と中学生の頃)、仕方なく生活保護を貰いました。ところが半年位経って突然「働いてください」と生活保護を打ち切られました。

2012.2.17の日記より  概略

・・・・父が子供6人と母を残し、家を担保に借金、家を出たのが、私が4歳の時でした。この頃の母は、怖い思いをさせないようにと、一生懸命子供を守った優しい母だったはずです。でも、私が小学校に入学した頃からの母は、一日中口愚痴を言い、口汚く私たちをののしり、愛情のかけらも感じられませんでした。もしかしたら、母も私と同じ集スト犯罪の被害を受けていたかもしれません。

2012.2.8の日記より

私がこの被害に遭って一番辛かったことは、人から冷笑されたり、嫌がらせをされたりしているうちに、自分が嫌な人間だからこんな風にされるんだと思い込んだことでした。人から冷たくされる事には慣れましたが、自分自身が最低の人間だと思うこと程辛いことはありません。そのうちに、私が人から嫌がられるような性格になったのは、母のせいだと思うようになったんです。そして、私は母を心から憎むようになりました。

2011.7.23の日記より 概略

私には30歳になる息子と26歳の娘がいます。2人は対照的な人生を送っています。娘は友達も多く青春を謳歌していますが、息子の方は、転職を繰り返し、現在も東京で失業中です。若い頃からのカメラマンの夢も、諦めかけています。上京して3年、話し相手も出来ず、孤独がつらいと言っています。自殺を考えた事もあるそうです。せめて、被害者同士交流が出来ればと思い、この被害や被害者ネットワークの事を言いましたが、「そんなんじゃない。」と取り合いません。被害に遭っているか、いないかで人生が大きく変わります。

2011.7.2の日記より 概略

職場で、集ストの加害者であろうMさんが、私の悪い風評を流しているようなんです。・・・そこで私は、Mさんから意地悪をされていると何人かに愚痴ってみました。そしたら、その人たちも、Mさんの事を良く思ってない事に気付きました、最終的に、Mさんの風評を聞いて、私に冷たくした人が、上司にMさんの事を言ってくれ、その後Mさんの態度が、ガラッと変わっていました。そして、「不愉快な思いをさせて、すみませんでした。」とMさんに言われました。・・・・私は集ストという犯罪を知らなかったばかりに、50年という長い間、ただやられっ放しでした。

さくらんぼの実る頃 ~テクノロジー犯罪被害者の日記~
ミランダ
音声送信被害者

2011/02/24 の日記より  概略

警察の生活安全課に被害相談。資料持参。・・・中略・・・翌日、相談員の方から、やはり被害届けは受理できないという電話。翌日、写真と資料を受け取りに行き説明を伺いました。
アメリカの裁判勝訴の資料に関しての警察の見解、
資料を見ていると加害者が特定できていて、ストーキングを行い、マイクロ波を照射したということで、 もし、あなたが加害者を特定できれば、ストーカー規正法を適用できます。いつも近くに停まっている怪しい車などがあれば、 ナンバーを控えておいて下さい。
傷の写真に関しての警察の見解
皮膚科のDrが、なぜこのようになるのか分からない と言われているものに関して、 電磁波による傷害と判断する事はできない。 実際にレーザーによるものであれば、相当の痛みが伴うのではないか?
電磁波被害に関しての警察の見解
本当にそうした加害行為を行おうと思ったら、 かなりの装置が必要になる。 アメリカの軍事用でもそうしたレーザー機器は開発不可能。 なぜなら、かなり大きな装置になってしまうので、移動させられない。
に関して → 私は加害者特定できていません。 ただ、音声被害に関しては、3~5人程度が加害行為に参加しているようです。音声送信では、5人と聞かされています。実際のところは、分かりません。
に関して → 専門的な見解が必要になると思います。痛みに関しては、ある時もありますが、たいてい傷ができた後、痒くなって気付きます。 痛覚が反応しないくらいの短い波長というお話もあります。   
に関して → 装置を持ち運び、車で追跡しているようにお話をされたので、加害者は装置の前にいて、レーダー・レーザーで加害行為を行っているのではとお話しました。私の加害者は、引きこもりでずっと同じところにいて 外出しておらず、加害装置を借りて、加害行為を行い、お金をもらっている。だから、これが自分の仕事だと音声送信で言っていると そのまま伝えました。

2011/03/31 の日記より  概略

・・略・・・加害者によるコントロール下にある事を認識させられています。そこに、私の意思はありません。加害者に私はいらないと言われます。でも、本体は必要だと。自分という人間媒体を通して、加害者と会話をした方は何名もおられます。本当は、いつどうなってもおかしくない状況です。今、このコントロール被害を止められるのは、加害者だけでしょう。しかし、こんな状況下でも、今までは被害の広報活動ができています。ここまでコントロール被害があっても動けていたのは、まだ加害者にとって余裕なのだとも思えます。加害者は、私の事を「お人形」、「人間ロボット」と言います。「操縦席はオレでした」というセリフは、もう数えきれないほど何回も言われています。
2011/05/28 の日記より

被害認識から3年8ケ月。当時、一人暮らしをして頃、そのアパートの中の出来事を毎日のように仄めかす人達が現れました。初めは、気のせいかと思うのですが、やっぱりそうなのです。毎日毎日、どうやって情報を得ているのか。プライバシーのない毎日。公然と繰り広げられる中傷。被害認識から1年後、インターネットで『集団ストーカー』という言葉を見つけました。これだ、と思いました。省略・・・一時期、会う人会う人に「ごめんなさい」と言われ、なぜ謝られるのか、分かりませんでした。日常生活で利用する業者さんなどの初対面の方が、帰り際にごめんなさいと言って帰ったりするのです。その続きはこちら

2011/07/29 の日記より  概略

皮膚科受診。省略・・・私の体に突然できた傷には、ミミズ腫れ、出血・内出血様の打撲痕、発疹、切り傷など、一番長引いているのが両胸の外側。就寝時のみ痒み発生 → 黒いシミのようになる → 半年以上変化なし → 皮膚科受診 → 初めて診ていただく先生だったので、経過の写真を診ていただこうと思ったのですが、「写真は見なくていいです」と言われました。前回受診から半年も経っているのに、どういう経過を辿っているか見ないそうです。省略・・・Dr.ご自身の虫刺されと同じだと言われ、1ヶ月前に蚊に刺されたけど、黒くなっているとシミを見せられ「治る前って、黒くなるじゃないですか」「年とってくると、治りが遅くなるんですよ。」などと、とにかく、捲し立てる様に早口で話されます。私の方は、ただのシミではなく、指で触るとプチプチとほくろのように皮膚が黒く硬化した状態が分かるのです。衣類との摩擦など、機械的なものだと言われました。中略・・・「皮膚を焼けるほど強力なレーザービーム発生器、200ドルで発売中」を印刷したものをお見せしました。

医師:「こういうものが日本にあるんですか?」

ミランダ:「個人輸入はできるみたいなんです」

医師:「FBIの特殊任務に就いているとかならともかくまず飛行機から落ちる確率よりないです。」「レーザーによってそうした傷になることはないです」「レーザーとかそういうものでできた傷ではないです」・・・と、何度も否定されました。この方は日本皮膚科学会皮膚科認定の皮膚科専門医で、臨床助教授です。実は、「電子兵器が使われた時に、どういう傷になるか把握されている」ということになりますでしょうか。逆にどういう傷になるのかとか伺えばよかったのですが、とにかく、早口でどんどん喋られるので、ききづらい感じでした。
2011/09/27 の日記より
昨年、音声送信の録音を始めた頃には、寝初めの1時間くらいまでしか声は入っておらず、実際、夜間にトイレに起きたとしても、音声送信が聞こえる事はありませんでした。当時は、私が就寝すると加害波の輻射(放射)はしていても、加害者も寝ていたかもしれません。でも、録音した音声ファイルを見てもらって、就寝1時間後くらいまでしか 声が入っていない事が分かり、それを指摘された加害者は、すぐ夜間も音声送信をするよう、加害方法を変えてきました。

2012/02/28 の日記より 概略

憑依被害認識の始まり。2010年10月2日(土)の午後、心理学者を名乗る女性と私の口から話しました。加害者は『自称心理学者』だが、本当かどうか分かりません。でも、それまで低俗な内容を言い続けていた加害者とは違うと感じていました。その人と、上層部の年配男性という人物を含む数名は、10月初旬、1週間くらいで帰らないといけないからと、いなくなりました。どこからどこへ帰るのか分かりませんが、私の脳内へ音声介入してきたのは1週間くらいだったと思います。それ以降は、女性が何名かと男性2~3名になりました。昨年末くらいからか、男性がいる感じがしません。私の脳内音声は無声音声で、人の違いは分かりにくいです。この後の記事はこちらから

2012/03/30 の日記より 概略
このところ、疲労感が強いです。加害者の人格が入ってくる被害を言われる方がいらっしゃいますが、私も他者の人格が感じられたのです。ある芸能人が批判されて、苦しんでいる映像送信を受けました。その人は泣き叫んでいました。その映像と共に、それを楽しんでいる人格が入り込んできたのです。その瞬間、その人格はとても楽しんでいるのが分かりました。少しの時間で終わりましたが、操作が外れた時、それがとても恐ろしい事だと感じました。とても普通の精神状態ではないと感じました。人が苦しむ姿を見て、心底楽しんでいたのです。この後の記事はこちらから

【東京都大田区】創価学会員の集団ストーカー 嫌がらせ・付きまとい   
デンチョウさん

2010.5.31の日記より  概略

カルト創価学会員 職安に出現 今日は川崎の職安へ行ってきた。16:30分位から18:30分位までタッチパネル式で検索するタイプだ・・・1番端の席で、隣は人が座ってた。創価ではないだろう。で1時間ぐらい検索してトイレへ立つ。受付の男がいいタイミングで咳払い 創価だ!トイレを終え席へ戻ると、隣の席に違う人間が、タッチパネルを音を立てながら何回も何回も検索している。創価なのは判るが・・・「創価だな」と言うとペンが止まった。明らかに創価だった。中略・・皆さんはこのような場合音が気になるようでしたら、即、創価カルトに「うるさいよ!創価学会」と言ったほうが良いと思います。
2011.10.29の日記より  概略

被害に気づいたのは2、3年前、その時は、ちょうど選挙期間でカルトポスターが貼ってある家からのコリジョン 付きまといが多数出てきた。 警察に相談したときも警察官は最初こそ「寝てないんじゃないか?」「病院に行ったほうがいいんじゃないか?」などを連発。だが相談の回を重ねるごとに「政権が変われば・・・」「管内に違う被害者も居る」など実態を隠しつつ、ポロッと本音が出てしまう事が多々あった。創価学会が加害者であることは明らかでその手口等をまとめた被害者のブログ等も検索をかけると100万単位のヒット数

この被害にきずく前にバイクで事故ったことがある。この事故る前に妙なことが多々起きた。財布が妙に落ちている事。 バイク走行中チャリで思いっきり突っ込んでくるやつ? 今考えれば学会員に仕組まれていた事は明確だ。
その中で、猛スピードでチャリがカーブを曲がろうとして、私の前で転倒した事があった。罠に嵌める学会員が居て、被害者ずらした学会員が居て、それを見ている学会員が居れば、明らかに罠に嵌められた感じになる。この事が事故らされる要因にされたのではと考える。

 

事故らされた相手も、急に私の前にチャリで飛び出してきて、それを避けようとして転倒骨折(2回の手術)明らかにおかしな運転をしていたチャリ、その後、加害者宅を探した。選挙期間だったせいか羽田の突端で個人経営の建設業者の集落入り組んだ路地にもカルトポスターが貼ってある異様な雰囲気の街、3色旗を平気で住宅地立てている異様な住宅街、明らかにカルトの集落、この集落に私を事故らせた加害者が居た。

 

事故らされて運ばれた病院が、武蔵新田の木村病院。ここに入院50日したのだが、私が入院したときは6人部屋に一人。その後一人私と同じくバイクで事故った男性が入院。6人部屋で2人、嫌がおうにも会話を交わす。その男性は私と同じく2回目の事故で2回目の手術、その時は異様な偶然だと思っていた。

 

入院も後半になってきたとき、ある医療関係者が「あの人創価だよ!」 正直、意味がわからなかった。カルトだ!と言う事だったのだ!で、この病院に入院して居る時も看護婦が非常に嫌がらせをされた。なぜか同室カルトには優しかった。で嫌がらせをする看護婦X3と同室カルトは非常に仲がよかった。嫌がらせ看護婦X3も3人とも仲がよかった。退院後この看護婦を街で見つけた。この看護婦に2回見たので付けて見るとカルトのポスターが貼ってある家に入った。ここで点と点がつながって線になった。

 

この事故等は創価学会員に仕組まれたものであることを。この看護婦はアンカリングで街で私の前を横切り、カルト同室患者もアンカリングのために事故らされたと思った。沼部駅の周りで工作員が多いのも駅前マンション(クリーニング屋が1階に入っている)の最上階502に種田と言う工作員が住んでいる。この種田は沼部駅前でペットグッツショップを経営している。

 

あの場所に土地を所有しているとなると・・・朝鮮進駐軍を思い出す。朝鮮カルト学会員の可能性が大。この種田は早朝6時半から子供を連れ土手にサッカーをしに行く時、家の前で2トーン大きな声でガキと話しながら行く。朝の6時半に明らかにカルト工作員なのは明確だ。この種田のペットは、カルトに貸し出され、私の家の前で吠え出す。借りたカルトが家の前で蹴飛ばして吼えさせていたのだ。

 

いろんな嫌がらせだけでなく犯罪を専門とするカルトの裏部隊も存在すると思う。最後に私はローテク系の事しか被害は記していないが、ハイテク系も多数有る。つま先・尻・首などに針で刺したような痛み。部屋内の鏡・UB・天井等からのパチ!といった大きな音。眠らされる等。だが文章力がない為ハイテク系の被害は極力書かないようにしている。他の被害者が多数わかりやすく書いているからでも有る。これからもローテク系中心に記していきたいと思います。追記:室内で方位磁石の指す位置がバラバラになる状態です。


集団ストーカー静岡ってなに?

2011-02-20 の日記より 集団ストーカーの被害者となってしまった理由

日記の概略・・・集団ストーカーの被害者となるには、おそらく一種の共通点があるのではないか。なんらかの形で加害者集団の一員と接点を持ってしまったことは前提ですが、中略・・・当時、中堅スーパーのテナント店の店長ではありましたが、休みもなく、部下店員もなく、老舗といわれる会社とはいえ、内情は火の車、本社工場は売却予定。6店あった店舗は3店に減っていました。ある意味、決定的な弱者、知名度もある落ちめ老舗ショップの身うちを、追い回すことは、それなりに、人の悪意を扇動するには 充分な理由なのではないかと思います。


1998年当時、リストラの舞台となっていた中堅スーパーで、過去に培われたプライドばかり高い
スーパー社員ともめたことから はじまってしまった集団ストーカー。そのころ気運の高まっていた「やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視(ツカサネット新聞) - Yahoo!ニュース」  本来の目的から大きく逸脱してはいますが、自分の生活圏で生活するものは、影響されないわけにはいかない、まるで町内会の行事のような、集団ストーカーの被害へと発展していったという構図です。 
この後の記事はこちらから



グレーより薔薇色

2010年06月24日の日記より

ピッキングできない鍵に変えた次の日 不法侵入に遭い

新たに お金が盗まれていたことが発覚。 貯金箱に いっぱいに入っていた100円玉が 半分盗まれただけではなく貯金箱に いっぱいに入っていた500円玉が、今日見たら5枚しかないことに気づいた。500円玉だけで10万円相当盗まれている。不法侵入されたその日、前の家で見知らぬ若い男と その家の人間が 酒盛りをしていたところを見た私の家に不法侵入し盗んだお金で いっしょに酒盛りをしていた可能性が高い。恐ろしい被差別部落朝鮮人 こいつらは集団犯罪者だ。ささいなことに因縁を付け 朝鮮民族が団結し、ガセ悪評を流し がんじがらめにしておいてこうやって平気な顔をして他人の家に不法侵入 そして 泥棒を働くのです。朝鮮人集団 こいつらは集団盗人であり 殺人者である。 昔の数多くの人が言っていたことは本当だった。 現在 人権団体などを作り被害者を装っていますが、これは犯罪者集団の巧妙な手口であり 奴らは集団民族を結集し、日本社会を根っこから破壊しているのです。

2012年04月11日
日記より

この1年以上 ずっと全身の痛みと傷をそこらじゅうに与え続けられていますその最たる結果として 手の指(第一関節への痛みと大きな腫れがこの1年間ずっとありましたそして 最近 手の指の腫れがひき 目視したところ 両手の指の第一間接(親指以外)が、すべて 変形している事に気づきました現在 写真に保存しています 目視でわかる位 ひどいものです。・・・中略・・・私が部屋で声を上げて非難していると 警察(部落警察?)を呼びますどっちが 犯罪組織か? やつらは こうやって 被害者を亡き者にし抹殺しようとしているのです今もひどい 電磁波放射線を肩 両首 後ろの首 頭部耳 に強烈な放射線を照射し苦しめていますそれでもって 私が抗議の声を部屋から上げたら「警察官」を呼ぶのですどう思いますか?この構図。犯罪者たちが警察を呼んでいるのですよ。 これは 被害者と加害者を逆転する発想です。 

テクノロジー犯罪の日々
Author:時水   埼玉県在住

2010/10/20の日記より

私は24時間、365日、どこにいても監視嫌がらせ目的の、付きまとい、待ち伏せ、尾行、騒音、全身へのハイテク機器での被害を受けています。家にいれば24時間攻撃を受けます。一般の方は私の神経過敏、被害妄想と思うかもしれませんが、この凶悪犯罪は現実に行われています・・・

ハイテク犯罪は遠隔操作で、集団ストーカーは自然を装う為、証拠を撮るのが難しい姑息で陰湿な凶悪犯罪です。私は自律神経やうつ病などとは、縁のない人間だと思っていましたが、2年半ほど前、凄く疲れて、すぐに眠れるわりには、1時間または1時間半で目が覚め、その後眠れないという症状がおきました。3か月位の間に、どんどんいろんな症状が出てきて体がおかしいぞ、やばいぞと感じた時には大変な事になっていました。眠れない以外に、目眩はする、立ちくらみ体が寒い息切れする、耳鳴りはする、耳が聞こえずらいなど、「おいおい、こんな病気があるのかよ」というのが私の初めての感想でした。

そして家族全員がかなり重い病気にかかり、入院や療養中に他の病気が重なるという状態になりました。何も知らない私は、厄年での被害だとばかり思っていました。あとから解った事ですが、私や家族がかかった病気はハイテク機器で作られた病気でした。作られた被害だと気が付いた時には、私に集団ストーカー、ハイテク機器による拷問が始まりました。家族を人質に脅され、生まれて初めて恐怖を知り、死を覚悟しましたが生殺し状態にされました・・・

 

身体被害の記録ですが、家にいる事が多くなっている私は、ハイテク機器で常に攻撃されています。場所は全身で、足、ふくらはぎ、ひざ、太もも、尻、腰、背中、手、腕、ひじ、二の腕、肩、首、顔etcで、顔は特にかゆみをやられます。あまりに数が多く、早ければ1秒で場所を変えビクビク、ブルブル、引っ張られたりします。心臓、内臓をチクッ、ジクジクと痛み、腸をいじられ強制的に屁を出させられ、下痢、便秘にされます。あまりに数が多く、完全に記録できないので日記には書けない時がありますが、毎日やられています。

太ももから下の足、腕に熱い痛み、ゲップ、くしゃみも非常に多いです。被害者の方と会い、ブログを作り、被害者の方々と行動を共にするようになってから、脳への危害を加えるようになりました。そして家族共に頭痛、目眩、喉の痛み、耳にキーンと鳴る耳鳴りを共通して被害にあうようになりました。頭痛を例にとれば痛みが数分で止み、しばらくして、また痛むのです。

 

通常家族全員に、共通の痛み方が同時に起こらないと思います。

なぜか、私の家系には無縁の病気である、心臓発作、脳卒中、癌と加害者に「仄めかされ」てるうえ、活動するようになって被害を激しくやられるようになり、いつまで生きていられるのか解りませんが、被害を記録していきます。PC、家電などすべてハッキングされPCは毎日嫌がらせをされています。



氷山だいとさんのサイト(現在閉鎖中)の一部転載

語りかけの対応 2003年6月2日

夜 寝床に入ると、東から電波が届くが、私だけに聞こえる 誰かからの語りかけの 小さな声が、たまに聞こえる。最近は、時に 左翼のマンションにお金で雇われてきている おばさんの声が 聞こえる。わたしの場合、短い言葉しか聞こえず、ずっと聞こえるわけでもなく、迷惑なほどではない。だから、気にしてはいない。概して、若い男の声の時は、言うことが乱暴で、女性は優しい。寝る時に、女性の声でやさしく「お休みなさい。愛しているわ。」とあいさつしてくれ、とを考えているが、それはない。旅行中、男性から 語りかけられたことがあるが、疲れていたし、せっかく旅に出て、盗聴男に語りかけられるのはいやだから、「男性の相手はしない。女性を出せ、女性を。」と考えたら、女性に変わったが、あまり聞こえず、そのまま寝てしまった。

語りかけの被害とは

被害者の中には、ずっと誰かから 語りかけを受けて、非常に心身ともに疲労している人がいるようだ。それらの人たちは、盗聴者の声がはっきりと聞こえる特徴がある。そして、概して、語りかけは乱暴で、悪口や中傷、自信をなくさせることを狙っているようだ。常に、語りかける側が優位にあり、被害者はその声に悩まされていることが多い。

私の対応

私の場合は、私のほうが語りかける人よりも強い立場にある。たまに聞こえるが東の家族であるが、深夜まで起きているから、その家の父親と10代半ばくらいの息子が語りかけるようだ。が、寝る時は女性の声がいいから、「女性にしないと、相手しないよ。」と考える。すると母親が出てくるが、急に聞き取りにくくなる。それで語りかけは止まる。私も、いい加減飽きてくると、「若い女性いないの?」と心で思い、リクエストする。と、中学1、2年の女の子が一度だけ出てきた。その女の子の声はあまり聞き取りにくかったし、私が寝るのは深夜なので、あまり出てこない。乱暴な人は変えさせたらいい。コツは、嫌な人には相手せず、無視するといい。そして、心で思い「女性をリクエストする。」すると、担当が反応してくれる。 彼らに語りかけをやめさせることができないが、少しでも その被害を緩和するために、仕方なく、対応せざるを得ないのである。

語りかけへの対応

あまり乱暴な言葉を使ってきたら、怒りちらすとよい。私は大阪市内で暮らしていたから、この地方の人間は弱くしか見えない。「うるさいんじゃ。テメェは、数軒横の家族やろ。そこのぼんぼんやな。ぐたぐた文句言ったら、お前のとこ、真っ先に警察にたれこむからな。」犯人がばれていることを明らかにすると、静かになる

盗聴者は本当のことを言うか?

犯人は本名を隠す。偽の犯人の名前をつかませる。犯人は電波で盗聴していることがばれることを極度に恐れる。だから、犯人は名前をけっして言わない。もし言うことがあったら、それは偽情報である。私は名前まで聞き取れないから、名前で語りかけられたことはないが。犯人は電波で遠くから盗聴していることを隠す。遠くから電波で盗聴することが世間に告発されたら、犯人は捕まると考えている。だからけっして、それをばれないように、被害者にその仕組みを悟らせないように、だます。犯人が盗聴器をお前の家にしかけて盗聴している。と言ったら、それは全部嘘である。

・・・中略・・・

まとめ

電波犯罪被害者の中でも、語りかけがある人、何も聞こえない人、さまざまだ。毎日耳を閉じても聞こえたら、非常にうるさいだろう。そんなときは、盗聴者の語りかけに惑わされず、だまされず、自分の生き方を守ってゆくことが大事である。


電磁波による被害の症状は
 こちらから


電磁波犯罪被害(超音波・超低周波・テクノロジー被害)   2010年5月23日死去

上記HPの管理人さんは、長い間、超音波、電磁波攻撃に遭って戦っていた方です。

「NPO法人テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」の第一回大阪フォーラムの時、彼と始めてお会いしました。当時、彼も私も、集団ストーカー被害者として、被害報告をしました。その後、メールや電話で、いろいろとご相談にのっていただきました。亡くなられた事を大変残念に思い、生前の、彼の実績を、私のブログで残すことにしました。下記のブログをご覧下さい。

http://iza36.iza.ne.jp/blog/entry/1704736/

精神病院への強制入院から逃れられて

事件の概観
中学の同級生Aが、主人公(以下Kと呼ぶ)の恋人にストーカー行為を働き、強制猥褻を迫り始めた。Aに抗議し、AとAの母親が謝った。ところが、Aのストーカー行為、強制猥褻は その後も続き、結果、彼女はKの元を去って行った。Aと話し合おうとしたが会ってくれず、再三、Aを訪ねても会えず・・・。

その後、Aの所属する宗教の地方幹部Bの家でAと話し合うことに。しかし、Aは興奮して殴りかかってきた。Kも応戦、そして決裂。翌日、刑事2人がKの家へ来て傷害罪での任意同行を求められたが「相手が先に殴りかかってきた。私も負傷している」と拒否。「今日は逮捕状を持ってないが、いつでもおまえをぱくることができる。」と恐ろしいことを言われたKは 翌日、自ら警察署へ。

昨日の警官はBから事情を聴いたらしく「話し合いで解決してくれ」と。その後Aに たびたび、会いに行くが、どういう訳か毎回110番通報され、要請に従うパトカーに邪魔されAと会えず。。


Kはこの問題を共産党の県会議員に相談、健康対策課課長染谷意の事を聞いた。この課長は本省からのキャリァ課長だった。その時、「何故か?」という質問には終始無言で「この件は、**党の**県議の関与ですので、不服があれば、行政不服審査へお申し出下さい」と極めて重要な発言をしてくれた。それで、長い間の疑問が氷解した。強制診察の対象とされたKが、措置入院を免れたのは・・・。

それまでの伏線
知事への面会要求 染谷課長の説明
精神病院への強制入院から逃れられて

掲示版


復活ハッカマンの任務

Author:ハッカマン


2011.5.27の日記より
意識はしっかりある!なのに 全身てんかん症状を電磁波でやられると ほんとにコンピューターでプログラミングされた不自然そのものながら 強制自然の世界はまさに死を直面してしまうでしょう、でも殺されないのは分かるけど 変死して死因が特定できないものに対しては この暗殺方法でしょう!意識があるのに全身硬直してんかん症状を やられるのは正直相当キツイですよ!
・・・中略・・・
目の前のマンションから引いたテレビアンテナがボックスになっていて 内部になぜかコンセント搭載 電力は何ボルトか一切書いて無い。このボックスを取り付けられた家の住民は 大腿骨骨折などで入退院の繰り返し、くも膜下出血、大腸がん、ハッカマンも廃人状態で入退院状態というか。このアンテナボックスを取り付けられた家は100% 何かが起きている状況。しかも入院中 このアンテナボックスが 今度はハッカマンの部屋の外壁につけられ まさに部屋の中 電子レンジ状態ベランダの目の前の電線みたいのは ぐるぐる巻きのコードが引かれています。黄色いトラックが来て 電柱のトランスあたりに はしご車で登ってるわりには 何も作業はせず ちょっと目をはなすと ぐるぐるコードが引かれている、あっという間に 近所中ぐるぐるコードが引かれた。ただしみずほ銀行前には引かれていない!

●●
市ではよくあること(ぼやき)


庭に植えて楽しみにしていた花が、咲く寸前になると綺麗に摘まれる。不自然に枯らされる(庭と隣接してるのが創価と確定している工作員の畑。カルトはターゲットが息抜きや、楽しみを見つけると、テクノロジー犯罪やガスライティングで徹底的に妨害してきますね。)引き出しなどに大事に仕舞って管理していた小物が高確率で無くなる。(家宅侵入の疑い)・・・中略・・・マインドコントロール(?)で創価の集ストではなく、同じ家族へ強く疑いを持つようにされてしまっている。話が通じない上に 休日に限り 絡んできて ゆっくり休めない状態です。絡んでくるのを さえぎったりすれば 延々と不機嫌になり、加害者がやるような嫌がらせもしてくるようになるので 始末に終えません。

コメント 

異常電磁界が室内に満たされると、精神の抑制が効かなくなり人格が変貌する人も出てきます。夫婦仲が悪くなったり、兄弟(姉妹)喧嘩が生じたりします。抗し切れないイライラ感が襲ってきます。気をつけましょう。
電磁波犯罪 メモ置き場 Ciaran's den

創価学会、在日朝鮮半島人、なりすまし日本人による人体実験、囲い込み弾圧システム(電磁波による操作と人海戦術による運命人生操作)集団ストーカー電磁波犯罪の被害者です(他の加害グループを指摘される被害者の方もいらっしゃいます)。音声送信はありません。この犯罪には気がついていない被害者、潜在被害者が多くいると思います。非公開の科学技術、遠隔で生体信号をモニターし、心や身体機能を操作する技術と人海戦術を用いた謀略で日本人と日本社会が、科学の危険性と人道倫理を無視したカルト集団に既に数十年、少なくとも40年以上、ほぼやりたい放題に改変、破壊されてきています。神奈川県茅ヶ崎市東海岸南在住。

 

●近隣照射元(24時間365日の盗撮盗聴監視と身体攻撃、纏わりつく熱やかゆみとして感知、アルミ蛇腹で反射、LEDで方向確認、取り囲む様に配置されている、

●都市と近郊中心に日本中の住宅地、集合住宅に すでにこのような創価朝鮮と協力者近隣システムが多数散在しているようです、室内にいても身体の局部《頭部、顔面各部、背中、腹部、生殖器、肛門など》を照準にしてくる為なんらかの透視装置を持っていると考えられます

●今思うと80年代前半から加害に協力しなさそうな人々が引越していきました、皆引越し前後に大病を患ったり、事故に遭ったり、裁判沙汰に巻き込まれています)続きはこちら

ベガのブログ

2009-05-29 の記事より

日本円の印刷機を持っているグループへの忠告

ブッシュ一派の下請けとして日本円の印刷機を受け取ったグループに忠告します:その権限を財務省日本政府に戻してください。明らかに平成時代は日本の衰退、高齢化、格差拡大の時代になっている。1985年までのやり方に戻さない限り日本は良くならない。要するに官僚と閣議に円の印刷権限を戻せば国は良くなる。1998年の「日銀改正法」により、日銀は政府の干渉を受けないで政策を決定できるようになりました。米国のFRB(米連邦準備銀行)と同様に 支配者たちに乗っ取られています。簡単に説明すると、日本政府は通貨発行権を持っていないのです。日本政府は、1枚約20円で印刷された1万円札を、1万円+金利利息で買っています。通貨代金は、税金から支払いがされているようですどうりで、日本の借金約800兆円は減らないはずですね。米国の場合は、ドルの印刷機を持っているグループへの金利利息の支払いで所得税の全てがなくなるそうです。ちなみに、このことを調べたレーガン元大統領は暗殺されかけています。

②特別会計 約200兆円を一般会計にする

日本には、お財布が2つ有ります。1つは一般会計(80兆円)。このお金は家計簿に使った内容が記述されます。もう1つは特別会計(200兆円)。このお金は何処に使ったかよく分かりません。マスゴミは、一般会計と言うお財布の話しかしません。表面上の話だけしかしません。特別会計一般会計にすることにより、不明瞭なお金の流れがなくなる。官僚の無駄遣い、米国に巻上げられているお金、無駄なODA等等が減り、集めた税金が、何に使われたかが分かるようになります。一般会計が80兆+約200兆になれば、赤字国債を発行しなくて済む。続きはこちら

週刊文春 2011年10月27日号 池田大作の病状 暴露!
2ケ所の脳梗塞、車イス、夜も病室の電気を消さない理由

昨年五月以来、公の場から姿を消した創価学会・池田大作名誉会長。重病説が取りざたされる中、数カ月前まで看護師として池田氏を担当していたAさんが重いロを開いた。車椅子、言語障害、意思疎通も困難――。厳戒体制の病室で何が起きていたのか。衝撃の証言はこちら


DENEBUのブログ
音声送信被害者

堀江一敬(ホリエカズタカ)、ニックネームは、DENEBU(デネブ)。茨城県水戸市出身と在住。40歳(2012現在)。過去に東京の大手ゲーム会社で、ゲームプログラマーとして、研究開発の仕事を10年以上行っていた経験があります。結婚して内原に住んでいましたが、被害を受けて完全別居(2007年12月)。その後、実家に戻り両親と住んでおりましたが被害継続。離婚(2008年の4月)

 

国や県や市、警察などに幾度も相談。 国自体に明確な法律や条令が無い為、被害から抜け出せず、失職、離婚、入院、下血、血便、手術など、次々と不幸と病気が襲い
ました。
池田大作氏へ 公開質問状

 

質問先
東京都新宿区信濃町 創価学会本部 池田 大作名誉会長様
質問者
茨城県水戸市梅香 堀江 一敬
説明

私は、茨城県水戸市梅香に在住の堀江一敬(ホリエカズタカ)と言う者です。ニックネームはDENEBU(デネブ)と申します。おおよそ2007年11月から、長期に渡る犯罪被害を毎日の様に受け続け、それにより通院、離婚、入院、下血、血便、手術、物損事故、失職など多数の尋常では無い被害も繰り返し、人生が酷く悪い方向へ変わってしまいました。


2011年6月28日現在も、被害の慰謝料は1円も貰えておらず、一度も有名な方に会えて被害に関して話を出来たことなく、望んではおりませんが関係も有らず、前の家にも入れたこと無く、解決に結びつく具体的な証拠も得られないせいで、この犯罪被害から3年以上も抜け出せずに苦しんでおります。

実はこの犯罪被害では、「池田大作名誉会長様」や「創価学会関係者様」似の方や、ご本人と思われる方が、私への送信に出てきており、さらに私などへの人的嫌がらせにも関係している噂を聞いており、非常に不安に思っております。

私は、この被害を記録しているブログを持っておりまして、それはライブドアの「DENEBUのブログ」と言います。URLは、http://denebu.livedoor.biz になります。そのブログは、長年に渡り続く被害やその一部を記載していますが、その中で、S会や某新興宗教団体Sなどと記載した部分が、創価学会関係者様と言う噂や情報をお聞きし、さらに古くは2008年初期の頃から被害中に幾度と無く、お名前を耳にしており大変不安も感じております。


これらを解決したい理由には、再び幸せな関係や家庭を築いても囲まれ、同じような被害に陥る可能性があると思え、強く不安だからであります。もしも犯罪に関与されている場合は、今すぐお止め下さい。

私は、この様な酷い状態から一刻も早く解放されたいと強く願っております。是非、その為に以下の質問にご返答して頂き、問題をクリアーにさせて頂きたいと思っております。ご返答は、以下の質問1から質問4の答えを、郵送した封筒に同封した返信用の用紙に見えるように記載して頂き、同じく同封の返信用封筒に用紙を入れてしっかり封をし、2011年7月8日(金)までに必着で返送して頂きたいです。念の為、公開質問状の文章やそれへの返答は頃合を見て、私のブログにアップさせて頂きます。

何卒、この質問に対してのご理解とご返答の方をお願い致します。

※尚、各質問の内容が身に覚えが無い内容の場合は、各々に「なし」とご記入下さい

質問1
私に対して、テクノロジー犯罪(電磁波や電波など電気的武器や見えない媒体を使った嫌がらせ)や、人的嫌がらせ犯罪(集団ストーカーやガスライティング、つきまとい、待ち伏せ、住居や出かけ先で嫌なタイミングで騒音を鳴らす行為や唾吐き(音鳴らし含)・咳払い(音鳴らし含)・仄めかし等、住居に死骸や害虫等の投げ込み、ゴミ置き場にある私の家のゴミ袋に迷惑行為(袋の切り裂き)等、車に迷惑行為(鳥の糞の様な物のなすりつけ等)、住居付近にカラス等の誘導、住居の前やその付近での野良猫の殺害、私の生活(行きつけのお店や地域の電波施設や警察等)や職場に介入や口利き、結婚や離婚に関係、失職に関係、犯罪被害黙認、盗聴や思考盗聴(の類)など)下線の部分を注1とする)を行った事や関係した事はありますか? ありましたら一番最初のおおよその年月日と、今までの合計回数を教えて下さい。
質問2
私や家族や親戚、友人、知人、私の行ったり関係したお店、会社、そして離婚した妻と元家族や関係者下線の部分を注2とする)に対して連絡を取ったことはありますか?ありましたら、(注2)の各々に対しての、一番最初のおおよその年月日と今までの合計回数を教えて下さい。

質問3
(注2)に対しての、(注1の犯罪被害)に関係したことはありますか? ありましたら、(注2)の各々に対しての、一番最初のおおよその年月日と今までの合計回数を教えて下さい。
質問4
他に(注1の犯罪被害)について犯罪被害解決に結びつく情報を知っている場合は、その情報を全て教えて下さい。

最後に

失礼かと存じ上げますが、私は創価学会員では御座いません。しかし本当に長期の被害に困り、上記の内容をお聞きしておりますゆえ、何卒、ご理解頂きたいと思います。頂いたご返答は、ブログやホームページ上で、きちんと掲示させて頂きますので、ご了承下さい。


2011年6月29日(水)


集団ストーカー 盗聴 創価 嫌がらせ ほのめかし 監視社会 密告社会 創価用語 

符牒 符丁 暗号解読 日本独立  ジョン・ポール・ジョーンズ John Paul Jones

2010.11.17の日記より
創価学会・敵対者駆除マニュアル
a)創価学会への強固な敵対者に対しては、将来的に考えてもその子息子女を落とす必要がある。子息子女の不幸により折れる可能性も高い
子息子女へは 創価学会へ反発しないよう躾ける
敵対者の子息子女の結婚は潰す必要がある。
会員の子息子女の敵であってはならない

b)会員の商売敵を排除する事は資金確保の上で重要である。商売敵の子息子女も、将来を見据え落とす必要がある。 会員の子息子女の商売敵にならぬよう落とし躾ける

c)敵対者が地域で高評を受けぬよう計らう

d)各会員が連帯し、自然と不幸になったように落とす必要がある
くれぐれも会員が疑われてはいけない


e)敵対者の言に信頼が集まらないよう計らう

f)敵対者の安定につながる者らも落とす必要がある

g)常に経済的/心理的に圧迫させる必要がある。

上記の 「創価学会・敵対者駆除マニュアル 」は 私が5年前(2006年 4月~6月)に 家族も仕事も失い 創価学会員たちから 都営大江戸線に乗れば 頭に紙袋を広げて ゴキブリをかけられ 加害者が逃走する嫌がらせと 絶望の日々を 送っていた時期 に 「666 創価学会にNO」という TeaCup コミュニティー 掲示板に貼られて見せつけられたものを コピーして 記録しておいたものです。詳細はこちら

2010.6.26の日記より

ターゲットにされた非創価の家は より貧しく見えるように、隣人の創価学会員宅は毎年 壁塗りや、植木職人を呼んで庭の手入れをさせる。創価学会幹部指導のもと 創価モデル地域に金が使われている。創価に逆らったらどうなるか? を見せつける 創価モデル地域にされた 非創価 は惨めな思いをさせられる。その 創価モデル地域に 私の親の家がさせられたため、 私は 中学一年生12月25日に家の前の道路で 帰宅途中にひき逃げされた。それから四年後、近所の非創価の大工さんの娘さんが 同じ場所で ひき逃げされて 引っ越していった。貧しく見える非創価の家屋は

①創価が組織をあげて 仕事を奪い、

②創価が組織をあげて 風評を流し、

③創価が組織をあげて 車から自転車を破壊し、

④創価が組織をあげて ゴキブリ・クマネズミを放り込み

⑤創価が組織をあげて ひき逃げして

⑥創価が組織をあげて 拉致などして、

⑦創価が組織をあげて あらゆる手口を用いて家屋の人を減らして、

きたからに他ならない。その組織的嫌がらせに対し 直接に中途半端な報復しかしないと 騒音おばさん にされてしまう。 私も 騒音おばさんにされかけた頃が その数年前にあった。 ただ、私は一年以上も続いた騒音から 器物損壊、公文書毀棄 までされたが 個人報復をしないで、仕返しもせずに ヘッドホンで音楽を聞いて気分を紛らわした。結果 二年程度で 効果がないと判断した 隣人創価(組織的嫌がらせ) の騒音は なくなった。 だが、行方不明にされた私の家族は戻ってこない・・・
2012.1.27の日記より

玄関前の塀を車で突入して破壊された。近所で創価に入らなかった家を燃やされた。隣人創価が雇った植木職人が無断で家の屋根に登って現行犯逮捕された。など様々な嫌がらせを創価から受て来た私は、決して創価公明党に投票することなどありません。私は韓国朝鮮利権団体を嫌っている。

だから、全羅道 出身者の創価公明党が 好きになれない。
だから、
慶尚道 関係者の集まる民主党が 好きになれない。
だから、
忠清道 江原道 出身者らが集う社民党が 好きになれない。
もし、あなたが日本人なら 全羅道と慶尚道の争いに 巻き込まれる日本国を嘆いて欲しい。日本の国会議員たちは いつから
 韓国の出身地争いをするようになったのか? と。
解決の糸口
韓国は一枚岩ではない。 在日 韓国問題で苦しむ君! 鶏林八道でググれ。
全羅道慶尚道は犬猿の仲、争わせて漁夫の利を得る京畿道が韓国の歴史。この出身地コントロールを理解出来れば、日本人が在日韓国に支配される日々から解放される。くれぐれも、韓国人を一丸に纏めさせて 日本人と争わせる愚をしてはならない。公明党 山口なつお議員は全羅道出身の在日二世であり、慶尚道出身と仲良く出来ない状態だ。鶏林八道 全羅道 慶尚道 くらい知識に入れておこう。本文はこちら

2010.7.15日記より

セブンイレブンの謎。監視社会を意味する愛。系 →(アルファベット)11→ イレブン イルボン(朝鮮語)→ 日本人
創価用語

セブンイレブン  ・117→  11→   グループ ガード(組織を守れ!)
11 イレブン イルボン日本人(正確には在日朝鮮半島人)日本在住の朝鮮半島人を守れ!という意味になるのが 「セブンイレブン」。
セブンアンドアイグループと創価企業には愛・iがよくつくが意味は? アイ eye つまり集団監視社会の目の意味。「誰かが見ている」 愛とは監視社会の意味。因みに 「サークルK サンクス」 も創価企業である。 サークル → ワッカの繋がり、あるいは連帯責任。 K →11(アルファベット11番目だから。)→ イレブン → イルボンつまり日本人。 すると、「サークルK サンクス」の意味は? 日本人の連帯責任のワッカ 企業の意味になる。 本文はこちら
2010.7.17のコメント欄より

ディズニーランド(アメリカフロリダ)ができたのは、舞浜のディズニーランド(オリエンタルランド創価)が出来る遥か昔なんですよね。もともと、セブンイレブン(アメリカ)だって、創価在日朝鮮半島人とは無関係の会社でした。バブル景気の後で 日本セブンイレブンジャパンこと 後のセブンアンドアイグループの主体をなすイトーヨーカドーが率先して アメリカセブンイレブンを子会社にしました。1990年代の日本のニュースは まるで 日本がアメリカに戦争に勝ったかのような騒ぎっぷりでした。その浮かれた日本人たちの影で、創価在日朝鮮半島人幹部たちが小数で大多数の日本人を集団 監視社会 で支配する術を 創価企業が連携して 構想を練っていたことを 報道した マスコミは 当時、一つもありませんでした。本文はこちら

2011.9.26の日記より

GoogleJapanが創価資本になった理由はYouTube動画の証拠削除だった。Google が iGoogle になっていた。→ http://www.google.co.jp/ig?hl=ja 

eye (監視社会を意味する セブン&アイ と同じ創価用語で日本人を騙すために「愛」なんて漢字にする。

GoogleJapan が 創価資本 になっていた。
米国Googleが 米国YouTubeを傘下にした。 すると結果、 GoogleJapan つまり創価が日本のYouTube 動画を勝手に削除するようになった。 権利者ではない者がYouTube動画を適当なハンドルネームで著作権侵害申し立てをして削除しまくってる。 (申し立て受付が裁判所ではないため、申請があれば即答で受理するほどのデタラメさ)さまざまな映像が「著作権侵害」という申し立てで削除されています。ところが、著作権を持たない申し立てで削除されているのです。YouTubeで。 簡単に言えば創価・在日・北朝鮮・韓国が繋がる動画を著作権を持たざる申し立て人がYouTubeで削除しているのです。
※私も現実に見たから言ってるわけですが。「2ちゃんねる」によれば「ビートたけし」を名乗る北野武ではない者が、「テレビ朝日の著作権を侵害したと申し立てがあったためYouTubeが削除しました。」と書かれて削除された その動画たちが テレビ朝日と無関係の動画ばかりを 著作権侵害申し立てをして削除しまくってるそうです。つまり同じ手口を私も創価と繋がる韓国の動画で削除された姿を見ました。第三者を装って、創価と北朝鮮、韓国の動画を削除しています。(しかもハンディーカメラの個人的な映像であり著作権侵害に該当しません。) もし、肖像権侵害と言いたいのなら
GoogleJapanが住宅街を勝手に写真を撮って流していることこそ、肖像権および生存権、その他の侵害だと思いますが?本文はこちら

2012.1.22の日記より

与党公明党政権となって以降、 自衛隊隊員までもが監視社会構成員になって、私の個人情報 (隣人創価が聞き耳をたてて盗聴している内容)を知るようになった。この 監視社会問題 Surveillance society を語る時、 被害者が「警察 が 警察 が 」 と書き込むのがインターネットでの最近の流行だが、 むしろ 創価学会が警察のお墨付きを得たと考える方が納得しやすい。 なぜなら 警察庁主導なら 1990年代 1980年代 1970年代 からだってできたはずである。監視社会 Surveillance society 導入は 公明党が与党になってからである。また 集団ストーカー 被害を訴える人の増大も、与党公明党政権 以降である。(もちろん インターネット普及 という重大な変換点の時期でもあったからだろう。)本文はこちら

集団ストーカー In 埼玉
田中まる
集団ストーカー被害者の日記
fjr1300pa

4月16日 その日の朝食で義歯を付けた時、下顎左側犬歯の内側の痛みに気づいた。この時は、義歯の不具合だと思い、加害工作には気づいていなかった。AM3:30頃から開始されたと思われます。(ブログにはUPしていませんが、メモ帳に就寝時刻を控えている為)


4月18日 食後、義歯の不具合では無く、口内炎だと気づいた。この時も、まだ、加害工作には気づいていない。口内炎は下顎左側犬歯の内側だ。

 

4月20日 口内炎が、自然治癒していない事に疑問を持つようになる。義歯の装着は、1時間/回、2回/日で、それ以外は外している為、2・3日も経てば自然治癒するはずだ。オカシイ?。やっと、これが近隣加害者による、電磁波照射である事に気づいた。

 

4月21日PM11:30 加害工作の証拠の為に、口内炎をビデオ撮りしていると、下の前歯に舌が当った時、グラグラである事に気づいた。下の右側の奥歯のグラツキにも気づいた。シマッタ。約15年前に経験した症状と全く同じだ。約15年前の事だが、アパートを借り、上階の工作員から電磁波照射を受けていた。当時は、集スト犯罪も電磁波犯罪の認識も無かったが・・・。不可解な出来事を経験しながらも、約4年間入居していた。上階住人との騒音トラブルで、双方ともに強制退去となった。今、考えると、私の過失はゼロだったのだ。悔しい。当時の症状も不可解だった。丹念に歯磨きをしても、全く症状が改善しなかった。歯科医に相談したも良いアドバイスは貰えなかった。この歯科医も加害者側だから当然だ。逆に、歯周病が悪化して、「このままでは、全ての歯を失ってしまう」と。電磁波照射による歯周病の悪化が、レントゲン写真には写っていた。引き続きこちらから      (2012年4月22日の日記より)

集団ストーカー被害者の日記

700mkss 動画

1波の加害工作   2010年7月3日の日記より  
今日は隣の工作員ヒロの子供が、屋内で走り回る嫌がらせである。「うるさい」と注意したら、逆切れして、頭を叩かれた。ビデオ撮りの妨害も受け、動画の一部は残っていなかった。とっさに俺のビデオを掴んだら、録画停止ボタンを押していた。偶然にしては、出来すぎている。奴らはハイテクを使っていて、全て事前に知っているのであろう。俺が、自宅に帰って来ることも・・・。録画停止ボタンの場所も・・・。被害者の多くは、このことを経験的に理解出来るはずである。

2波の加害工作
その1.5時間後には、別加害者のソウカの子供ストーカーが、自宅の近くで騒ぎだしたので証拠撮りしてきた。第2波とは、1.5時間の間をおいて、再度攻撃することで、精神的ダメージを狙う奴らの手口を説明するものである。


「さっきの一件(第1波)で諦めたのではないのか?」

「また、仕掛けてきた(第2波)」

「いい加減にしろ」

(ここでターゲットをキレさせて暴力に誘導する)奴らは、この手口でターゲットを自殺や犯罪に追い込んでいくのである。以下は、その工作員と工作車両。地元の子供ではないと思う。わざわざ加害工作の為に、遠征してくるのであろう。動画、画像はこちら

「秋葉原の無差別殺傷事件」「マツダ工場のひき逃げ事件」の犯人も集団ストーカー犯罪の被害者でなかったのかと連想させる。 秋葉原事件のK容疑者は、過去、長年に渡って、散々嫌がらせを受けてきて、その延長線上に、さらに 作業着を隠されるという嫌がらせに遭っていたとしたら、本人が悪意だと感じるのは当然のことだ。

仄めかし・陰謀・検証記・・Verification Of Gang Stalking
電磁波等による犯罪被害実態の報告
音声送信被害者

声を聞かせる

平成13年5月、女の声で初めて話しかけが始まりました。その声は聴覚を通して聞こえるのではなく、頭の中に直接聞こえる感じがしました。以来、現在まで複数の男女による四六時中の執拗な話しかけが続いています。日に2,3人の女の声で話しかけてきます。それら女の声に混じって男の声で話しかけがあります。話の内容としては脅し、悪意の表明、あざけりが主で、話の要所々で高度な技術を所有し駆使できる彼ら「犯罪者集団」への畏怖・屈服を強要します。出勤すること、車を運転すること、風呂へはいること、眠ることなど日常の様々な行動について禁止し、「・・をするとぶっ殺す、家族を八つ裂きにするぞ」などの脅しが続きます。

 

見る

私が見ているものを「声の主」は同時に見ています。今見ているものについて会話の中にリアルタイムに取り入れてきます。文字、句読点、その他細かい物まで見えるようで、読んでいるものの内容について話に取り入れてきます。又、色についてもわかるようです。私はいつも完全に「奴等」の監視下にあります。

 

聞く

私が聞いていることを「声の主」は聞いています。そのことをリアルタイムに話しに取り入れてきます。

 

わかる

私が口のなかでつぶやくこと、小さい声で話すこと、内言語系でつぶやくことを「声の主」はリアルタイムに聞くこと・了解することができます。そのことにより「声の主」との会話が成立します。また、私が考える内容を了解されてしまい、「声の主」は話しかけの中に取り入れてあざけり・脅しの材料にします。

 

声をまねる

私が知っている人物の声をまねて話しかけてくることがあります。300人程度いる県内の職場のうち20人くらいの人物の声をまねて、その声で話かけてきます。10人程度のタレントの声をまねて話しかけることがあります。また、即興で電話の相手の声をまねることができます。「声の主」から高性能のボイスチェンジャーのようなもの・声の合成機械の存在を示唆されたことがあります。

 

記憶をとりだす

私の小さいときから最近までの記憶を「奴等」は取り出し、解析しているようです。アトランダムに私の視野内の物に関連してそれにまつわる記憶の内容を正確に「声の主」は言及します。また、さりげない微細な記憶について言及したとき「声の主」は、その取り出し技術及び関連した微細な記憶に言及できる技術を自慢することがたびたびあります。

 

痛みを感じさせる

身体の任意の場所に痛みを感じさせることができます。歩行中に神経痛のような強い痛みを臀筋に感じさせることができます。頭痛、胸痛、胃痛、関節痛など痛みを嫌がらせに使います。靴の中に小石がはいってそれを踏んだような鋭い痛みを作ることができます。

 

便意を催させる

通勤途中・会議中・勤務中などトイレにいけない状態にあるときをねらって便意を強制的に催させられ、あざけりの中で便を漏らさせるぞと脅される毎日が続いています。また、日に数回、いやがらせとして便意を催させられ、排便を強要されることがあります。

 

排便・排尿をさせない

排泄に関係する筋肉を任意にコントロールし、「声の主」が「今日は排便させない」、「10日間排便させない」と言いつつ、排便をさせないことがあります。また、排尿をコントロールし、「腎臓をだめにする」、「人工透析をするようにさせる」などと脅しながら排尿の量を極端に少なくさせ、顔をむくませることがあります。

 

感情をコントロールする

話しかけの内容とあいまって、怒り、イライラ感・躁鬱など感情をストレートに変化させることができます。このことにより、言葉による脅し、あざけりなどを効果的にすることができ、私の精神的な苦痛は倍増させられます。自分自身の自然な感情は押さえ込まれ、感情は「奴等」にいつもコントロールされています。

 

行動を誘導する

特定のものを食べたいあるいは飲みたいと思わせることができます。また、風呂にはいりたいなど、任意に○○したいと思わせることができます。「奴等」に誘導されていると気がつかなければ、自然にそのとおりのことをさせられてしまいます。

 

映像をみせる

目を開いているあるいは閉じている状態にかかわらず、視野内に映像をみせることができます。後述しますが亡くなった父親の姿など多くの映像をみせられました。この映像は静止画・動画など自在にできます。また、色はモノクロ・カラーなど多彩ですが、全体的に薄めです。即興ですれ違った人の顔を視野内に写真のように映し出すことができます。

 

視野の明るさを変化させる

あたりがある程度わかる程度の暗闇の状態を全くの漆黒の闇に変えることができます。後述しますが、これで帰宅途中に用水路に転落させられました。夜間、ルーバーから漏れてくる街灯の光を更に明るく感じさせ、あるいは暗くさせ、光と暗い部分を反転させることができます。また、日中、まぶしさを増加させ、あたりを見えなくさせることができます。また、視野の一部を欠けさせ見えなくさせることができます。

 

音を聞かせる

いやがらせに蚊がブーンと近づいてくる音をリアルに聞かせます。新築した家の天井からドンドンと音が始終出ているように聞かせ、おびえさせます。彼らが音を私に聞かせた場合、外界の本物の音と区別がつきません。聞こえる位置を頭の真中、前方、後方、耳の位置と自由にかえることができます。

 

ものを重くまたは軽く感じさせる

ビニールの手さげ袋、バックなど手に持ったもの、肩にかけたものをいやがらせに非常に重く感じさせることができます。また、歩いているとき、階段の上り下りなど身体を重くあるいは極端に軽く感じさせることができます。

 

においをさせる

糞便のにおい、整髪料・化粧品などのにおいをあたかも実際に嗅いだように感じさせることができます。お彼岸の墓参りに行くなと命令され、それを無視して出かけたとき、いやがらせに駅で糞尿のものすごいにおいを嗅がされたことがあります。「声の主」に「ぶっ殺す」と脅された後、火葬場のにおいを嗅がされたこともあります。

 

思考中の内容がわかる

考えていること、あるいは考え始めようとした段階で「声の主」はその内容を判読し会話の中にリアルタイムにいれてきます。「声の主」の脳と私の脳が電磁波的な何かで直接つながっているという印象を受けます。

 

忘れさせる

直前の事柄を切り取ったように忘れさせることができます。「声の主」に揶揄られながら、インターネット売買で少し前に入力した指値が全く思い出せないことがありました。

 

物理的に力を及ぼすことができる

車を運転中にハンドルを固定状態にされたことがあります。このことがあってから車の運転をやめました。散財目的に誘導されてパチンコをしたとき、アタッカーに玉が寄らないようにされたり、フィーバー時に入賞口に玉が入らないようにされたことがありました。「奴等」は玉の流れを自在に変えさせることができます。また、銀行のATM操作時に画面にタッチしない状態で数字を入力されたことがあります。

 

日記はこちら


集団ストーカー In ドイツ
モクレンさん

ドイツのバーデン州新聞に載った集団ストーカー被害者が出した広告。


シュタージ(旧東ドイツ時代の秘密警察)被害者の会が、加害に参加した人からの情報提供を呼びかけています。

http://www.badische-zeitung.de/anzeige-12449572-10-1
Sonntag, 7.September 2008


南バーデン州/スイス/フランスで集団ストーキングに参加していた、あるいは今も参加している情報提供者/証言者を探しています。おそらくあなたの「仕事」は想像とは違っていたでしょう。秘密は完全に守られます。連絡をお願いします。(被害者の方も!黙っていることはありません。データ/写真/車両ナンバーなどの証拠を集めてください)

もう一件、同じくバーデン州新聞へのシュタージ被害者の会の広告 
(ストーカー対策フォーラムへの投稿記事より)28.7.2008
http://www.gegenstalking.net/viewtopic.php?f=12&p=148

Es werden Informanten / Zeugen gesucht, die sich an einem "Gangstalking" in S醇・baden / Schweiz / Frankreich beteiligt haben oder noch beteiligen. Wahrscheinlich hatten Sie sich Ihren "lukrativen Nebenjob mit eigenem PKW" etwas anders vorgestellt, als unbescholtene Leute f醇в ein paar Euro Schwarzgeld zu n醇rtigen und um ihren Verstand und/oder Besitz zu bringen. Schreiben Sie uns, absolute Diskretion wird zugesichert. Kontakt 醇・er nogangstalking@yahoo.de oder Zuschr. unt. 20105130Z, Sie k醇rnnen sich auch direkt an die Kontaktadresse der Stasiopferhilfe unter http://www.stasiopfer-selbsthilfe.de wenden

南バーデン州/スイス/フランスで集団ストーキングに参加していた、あるいは今も参加している情報提供者/証言者を探しています。おそらくあなたの仕事、「自家用車でできる割のいいアルバイト」は想像とは違っていたでしょう。数ユーロのお金のために善良な人々を脅し、理性や所有物を失わせる仕事とは思っていなかったでしょう。秘密は完全に守られます。連絡をお願いします。


組織犯罪 集団ストーカー被害を綴る

2006年8月15日の日記より

※一部引用

この10年間、私が車で出掛けると必ず「どの様な時間帯でも・・・深夜の1時、2時、3時、4時であろうとも・・・どの様に人里離れた山中」でも、各地でピッタリ当るように危なくしてくる車が次々に何台も何十台も出現し、1日50回以上の交通妨害犯罪被害を受ける。本来は交通量の少ない脇道から、毎回、突進して出て来たり「私の車の前を走り、見通しのきかないカ-ブで突然停車、私の車にセンタ-ラインをはみ出させ、対向車との正面衝突を狙う」「坂やカ-ブや交差点、木や家で死角となっている位置に違法駐車し、対向車にセンタ-ラインをはみ出させ、走行対向車との正面衝突を狙う」

http://www.geocities.jp/secondnoendinger/page008.html

↑自分の事が書かれているようで驚いてます。

 

2006年8月4日の日記より

深夜に目が覚めると同時に、自宅前を車が走り去って行く。ずっとスタンバイしているのだろうか?ちなみに今日に限った事ではありません。出勤時の渋滞はよく起こされるが、今日は全然前に進まない。これほどの渋滞も珍しい。原因を知ろうとその道を走る事にした。すると、渋滞の先には、大型トラックがトレーラーに抱えられていた。ストリートシアター? 

 

渋滞中、集スト加担者達を観察しながら改めて思った。何故これだけの数の加担者を操る事が出来るのに、ターゲットたった1人を抹殺する事をしないのか?何故こんな手間が掛かる事をするのか?と。警察の関与は間違いないと思う。事故を装って殺し、揉み消してしまえば良いのでは?警察が関与しているのだから簡単なのでは?などと単純に考えてしまうのですが。

 

集団ストーカーシステムを回す事に意味がある、という推測がある。心理学的犯罪手口を知ってしまった被害者の多くには、自殺や発狂に追い込まれた者は少ないのでは。(手口が解っても防げない事も多々ある)

 

自殺、発狂させる可能性が低くなったターゲットは、直ぐ殺してしまい、集ストターゲット予備軍の中から新たにターゲットを作る。被害に遭っている事を知らないターゲットに切り替え、システムを稼動させれば効率が良いと思うのだけどどうなんでしょう。

 

ひょっとして殺さないのではなく殺せない?

 

警察、その他、組織団体の構成員全てが、自分の属する組織が、集団ストーカー犯罪を行っていると知らないから? その人たちに気付かれないように、殺人行為を行わなければならないからなのか?闇社会の人間達でしか実行出来ないのでしょうね。きっと。どうゆう人達なのだろう?

 

若いDQNっぽい集スト達の表情を見てたら、以前までは実に楽しそうにヘラヘラしながらストーカーを行っていたが、最近は不満げな表情をしていたり、睨まれたりする事が多くなったような気がする。DQNに限らず集団ストーカーの多くの者にイライラしている感じが伺える。

創価学会による電磁波被害報告sub 上記の英語版
戦え!! 集団ストーカー被害者
被害オヤジさん
集団ストーカーの嘘を暴く (私が海外逃亡した理由)
集団ストーカーと電磁波攻撃

2007年9月2日の日記より

私の場合、次のように、順を追って攻撃がエスカレートしていきました。
1.風評被害、嫌がらせ(玄関扉をガタガタさせる、非常に不気味に感じていた。この段階では、加害者が特定できず、警察に相談に行っていた。)
2.救急車、消防車、パトカー、ヘリコプターによる威嚇によるいやがらせ。
3.アンカリング、ほのめかし、つきまとい等の人員を動員してのいやがらせ。
4.電磁波攻撃、音声送信
最近は、心臓めがけての電磁波照射で、痛くて目が覚めることが多々あります。電磁波照射が始まったときから、覚悟はしました。ブログ等残して、後々の人が検証する材料にでもしてくれればと今は思ってます。
2007年9月2日の日記より

昨日も、就寝中、心臓への電磁波攻撃を浴びせられていたため、胸が痛くて何度も目を覚ました。
今日も寝不足。今、うとうととうたた寝をしていたら、いつものように、左眼を狙って電磁波照射。目がひりひりしています。肝臓を狙っての照射も感じます。肝臓は眼と関係しているそうですから。痛撃のみならず、なにやら肝臓自体を掴むような感覚をも覚えるのです。以下省略
2006年12月7日の日記より
私の自宅(西新宿5丁目駅前周辺)、職場(新宿法務局周辺)の近隣にお住まいの方々への問いかけです。この地域は、果たして航空路だったのでしょうか?以前と比べて、ヘリコプター、セスナが多く、騒がしいとお気づきでないですか?時には、戦争でも始まるかのごとく、たくさんのヘリコプターが隊を連ねて飛んでいきますね。以前から、この地域に住んでいる方であれば、周辺地域の異変に必ず気付くはずです。気付いてください。これは、一個人への「集団ストーカー」という組織犯罪の一環なのです。あの清水由貴子さんも、同様の被害に遭っておられました。彼女も集団ストーカーの被害者だったのです。マスコミが報道しているような介護疲れによる自殺ではなかったようです。ニコニコ動画
2007年8月29日の日記より

・・・多分私が集団ストーカー加害組織にターゲットにされたのは、相当前に遡るかもしれない。(後日作られた不幸の記録を詳細に記載します)というのも、数年置きに不信な出来事が起こっていたから。ただ、はっきりとターゲットにされたと気付かされた地点は、西つつじヶ丘に住んでから。今から5年ほど遡る。そして、2年前より、電磁波攻撃(テクノロジー犯罪)が始まった。初期の頃、あまりにも、警察車両、警察官等と出くわすことが多くなったのと、私は原付で移動しているのだが、違反もしていないのに、嫌がらせのためパトカー、白バイで、追い掛け回されたり、信号機を次々と赤にされたり、私を待ち構えるかのように、違反しそうなところで、検問されたり、てっきり、警察が組織的に集団ストーカーを実行してるとばかり思っていた。ただ、他の被害者のブログ等も読んだり、いろいろと調べたところ、反日勢力(在○、同○)、朝○人宗教屋(○○○会、○○○会)が加害の中心らしいことがわかってきた。何と警察官の3割が○○○会員であるとあるブログには記載されていた。警察の中にも、マスコミの中にも、加害側の人間は入り込んでいて(かなり上層部)、そういう声を圧殺してしまっているのが現状です。ネットで、それを隠蔽する偽装サイトもたくさん作られています。

集団ストーカー 犯罪告発 Blog

横浜市金沢区在住。被害歴は20年以上。ナイトさん(ニックネーム)
2009.11.29日記より

著書「朝鮮総連の大罪」P62~64より掲載部分・・・

工場の終業後、いったん宿舎まで帰ってから、どこかへ出かけて朝まで戻ってこない・・・最初は酒でも飲んでいるのだろうと思ったが、どうもそうではない。どうやら、何か「仕事」をして帰ってくるらしい。また、欠勤してどこかに出かけ、夕方くたくたになって宿舎に帰ってくる者も多かった。彼らが何をしているかはすぐ分かった。

 

宋さんにも「指令」が下ったからだ。先輩従業員が朝食の席でこう言ったのだ。「おい、宋トンム(漢字で同務。目下や友人に対する軽い敬意)、今日は工場に行かないで俺とつきあえ」「え、困りますよ。仕事をさぼるわけには……」そう言いかける宋さんに、先輩はそっと耳打ちした。「いいからつきあえ。これは工場よりもっと重要な仕事なんだ。そう言えば、お前カメラ持ってたな。持って来い」

そうして新宿駅前の喫茶店まで行くと、知らない男が手を振り、店の一番奥にいる初老の紳士のことを指さした。先輩はうなずくと、カウンターに陣取り、初老の紳士をチラチラと見始めた。手を振った男が、入れ替わりに店を出て行った。先輩が宋さんに小声で言う。「おい、しっかり見てろよ。今日はあいつをつけ回すぞ」「え、なぜですか」「(総連)中央がそうしろって言ってるんだ。工場の仕事なんかより名誉ある仕事だぜ。

 

「あっ、コーヒー注文した。ブルジョアめ。おっ、日本のブル新聞(ブルジョア新聞。社会主義者が『朝日』や『読売』などの一般紙を蔑んで言う)なんか読んでやがる。朝鮮新報を読めよ、民族反逆者めが」・・・こうしてその紳士をつけ回した挙げ句、夕方に東京駅前で若い女性と密会する現場を押さえることに成功した。「おい、写真撮れ、写真」・・・そうして、近所の喫茶店から電話して、別の張り込み員に来てもらい、ようやく宿舎に帰ることを許された。

 

「今日なんぞは楽な方だぞ。二、三日帰れないこともあるからな」「先輩、あの人は絶対に僕たちの尾行に気づいていたと思うのですが」「当たり前だろう。そのためにやってるんだから」「えっ!?」「こうやって神経をまいらせるんだよ。あいつは陰で次期議長の金炳植副議長の悪口を触れ回っている不心得者だから、こうしてお灸をすえているのさ。しかし今日、浮気の現場を抑えたから、あいつももう終わりだ。それにしても、お前けっこう筋がいいな。これから、もっと働いてもらうぞ」


「筋がいい」といっても能力を評価されたのではない。先輩の言うことに何でも口ごたえせずハイハイと従うところが評価されたに過ぎなかった。しかし、人を疑うことを知らない当時の宋さんはそんなことにも気づかなかった。こうして、なし崩し敵に宋さんは、
朝鮮総聯の秘密部隊ふくろう部隊の手下となった。・・・・

 

↑この内容はまさに集ストです! そう考えると、実行犯上層部は、彼らか、そのシステムをカルトが流用悪用していると考えられます。


創価学会員にはアキレカエル
電磁波犯罪は創価学会の匂い
集団ストーカー&組織的嫌がらせ&いじめ@東京都世田谷区
KGSさん

寝た状態から立ち上がろうとしたら、膝に全く力が入らなくてそのまま部屋の中で転んだときもあります。不思議でした。暫く経って膝が元の状態に戻りましたが・・。電磁波攻撃に関する専門家らしき人の話を聞く機会がありました。軍事技術だそうです。
2010-05-03 ・・・小学生の時、初めてノイローゼになりました。離人症という病気でした。中学生の時から眠れなくなり何年もたった現在でも続いてます。精神科の病院に通うようになったのは学生時代ですが、現在は同じ病院に結構な年数通っています。だからと言って、医者を信頼してるわけではないです。統合失調症の薬を飲み始めて1年か2年くらいで体が不自由になり始めました。今では取り返しのつかない失敗だったと思っています。私の飲んでいた薬は後遺症を残す可能性のあるものであることが、後にネット検索で分かり、その薬を飲まないことを宣言すると、今まで経験したことのない異常な不眠状態に陥りました。気が狂うとはこのことか、そんな気分にもなりました。おそらく断薬するには、段階を踏んでいかないといけないのだと思います。

2010-06-18・・・20年近く前、近所の創価のチンピラどもと その親から目をつけられた。彼らとの直接の接触は一切無かったはずですが、彼らのほうから一方的に僕に粘着してきたはずです。それから10年近くは近所の創価だけによる仄めかしがほとんど、尾行などもあった。9年近く前から状況が変わり、毎日の睡眠不足と仄めかしで精神的に不安定になり躁鬱的で攻撃的な部分が爆発してしまいました。ある日、PC関係の出張サポートを受けた時、担当者から嘘をつかれ激怒、その会社の総務部に怒鳴り込みの電話をしてしまった。おそらく病気のせいだったのだと思います。その後、警察消防及び創価関係と思われる車両が、うちの前を走り回るようになりました。

2010.10.14・・・毎日よく眠れない私は 遅くても11時には布団の中なのだが、それでも、なかなか眠れないことがしょっちゅうです。特に、ネット上で奴らに攻撃をしたので嫌がらせが激化、眠りが悪くなりました。我慢の限界を超えたので、抗議のビラ撒きしたら、車両の騒音は すぐに沈静化、しかし、夜中にチンピラがワイワイ騒ぐのは、その後数日 続いた記憶があります。私は夜中に必ず目が覚める。酷かった頃は覚めるたびにチンピラが外で奇声を上げてるのが日常でした。夜中の3時とか2時とかでもです。要するにオールナイトです。盗聴器の存在をうかがわせる訳は、目が覚めてトイレに起きたタイミングで叫んでいたからです。さすがに、私が眠っている間中 奇声を上げていたら どう考えても近隣住民だって黙ってないと思うので。ビラ撒きしてから、大型車両のローギアでの加速が無くなったし、一般車両も、普通のエンジン音になった・・省略・・

2010.11.19・・・光のアンカリングのことを前に書きましたが、あれ以来工夫をし始めました。これまで2,3秒しか光ってなかった明かりが 10秒くらい光が長びいてきたようです。 ブラインドの半開きも、五分の一開きに微妙に変化、何年間も続いていた工作が、当ブログで指摘した途端、変わるなんて不思議ですね。笑 最近思うことは、集団ストーカーテクニックが、小中学校生などの間に持ち込まれるのではないか、ということです。ある部分ではすでに持ち込まれていますが。大人でさえ精神病扱いして抹殺できるのですから、相手が子供であれば、それ以上の恐るべき効力を発揮してしまいそうです。体調は元には戻らないようです。異様な感覚が体から抜けなくなる。

2010.12.19・・・最近、ビラ撒きなどの活動のせいか 嫌がらせがレベルダウンしている気がします。そういう意味では楽になってますが、自分の体がボロボロなので毎日しんどいです。それと、うちの前を走ってるクルマは相変わらず8割以上は確実にストーカー車両ですが。・・・後、省略・・

2011.1.9・・・道路を歩いていたら、定番の自転車で衝突してきたおばさんが、ホントに衝突しました。私の横も後ろも誰も歩いてない広い道路なのに、堂々とぶつかってきて、文句を言い放ったので、「あんたがぶつかってきだんだろ」と言っておきました。 
2011.2.24・・・去年の10月からの体調不良の症状があります。津田沼に行った翌日の体調不良の症状はこの病気に似ています。ただし、普通は甲状腺機能が働きすぎる病気と機能が低下する病気のどちらかを発症するそうです。私が去年の10月以来経験させられている症状は、両方の病気に共通する症状があります。のぼせている。これが一番辛いかもしれません。便が細くなっている。最初は便秘のように感じました。手先の震え。これは10月から続いてます。異様な感覚。言葉にするのが難しいですが、これも去年の街宣の後から発生しました。すぐに疲れる。椅子に10分も座っているとしんどくなってくる。食べても若干やせていく。ちなみに食欲は全く落ちてません。ちなみに12月に血液検査と尿検査して異常なしでした。
客観的事実・・・①創価学会批判を駅前で拡声器を使って行ったり、「創価学会員集団ストーカー」と書いた看板を持って駅前でアピールすると、「何故か」その直後から、「不可解な同じ症状の体調不良」に見舞われる。つい最近、家宅侵入の形跡を発見している。しかし、侵入経路は未だに不明。・・後省略・・
2011.2.18・・・就寝中に家宅侵入された。昨日の朝、気づくとパソコンの位置が動いてました。しかも、以前、盗まれたとばかり思っていたCDがパソコンのドライブに入ってました。。数日前にそのドライブを別のことに使っていましたので、完全にやられました。うちは昼間でも深夜でも家宅侵入の難易度はプロと言えどもハイレベルなのは間違いないです。玄関とか勝手口は合い鍵を使っても入れません。サッシはクレセント錠でロックされてるので 雨戸を開けてサッシをはずして 2枚同時に外して入るのか?鍵は朝もロックされてますし。うちの窓から侵入するのは凄すぎます。周りのアパートも夜遅くまで明かりが点いているはずだし、こらのアパート等には工作員が配置されていることは知ってましたが・・・。それとも、この家ができた時、既に、知らないカラクリでもあるのでしょうか?体調も月曜日くらいからまた異様に悪化してます。家宅侵入と関係が無いことを祈りたいです。去年崩れてから殆ど回復せず、先週くらいに良くなりそうかなと思っていた矢先にまた悪化。とりあえず、自分の死亡診断書の死因欄は先行予約しておきたいです。
10月1日土曜日・・・自分のパソコンの記事をアップしてから、強烈な消化器系への攻撃を喰らってます。いつもどおりガスが充満、お腹がキュルキュル鳴る。弱めの不定期な電気ショックみたいのも感じます。睡眠も以前のように悪くなりました。
5月8日日曜日・・・今これを書き始めたら、「微振動」が始まりました。自分の体が振動してるのかどうか相変わらず微妙な感じです。去年から続いている体の不調で一番しんどいのは「のぼせ」へ追い込まれるパターンです。去年10月以降の体調不良のことを「異様な感覚」と表現した理由は、当時、一番自分が可能性を感じたのが「薬品」だからです。あまり、症状を具体的に書いて薬の調合のヒントを与えるのは得策でないと考えたからです。とはいえ、電磁波等の可能性も当時から常に頭にはありましたが。甲状腺機能障害うんぬんとかで書いた症状はほとんどハイテクの作用だったのだろうと思ってます。11時頃眠ろうとして布団へ入ったら、また強い作用を感じて強烈に気持ち悪い。今日一日中続いていた症状とは違うパターンです。その時家の回りに人の気配がありました。
5月7日土曜日・・・夜の11時。眠ろうとしたら前にも書いた漢方の「気」が腹の上の方にぐんぐん上がってきているのが感じられて、椅子に座っていても 胃がキュルキュル鳴ったり。とりあえず、この状態を維持されると今日も眠れない気がします。前回の記録のパターンと胃腸に作用しているということは共通してますが、体感は違います。今日のパターンの方が不快です。このパターンも去年からあったパターンです。今現在なんとなく家の回りに人がいる気配がしてます。気のせいか何だか分からないけれど、机が揺れてます。前にも書いた、自分の手が震えてるのか、どちらかがよく分からないようなやつです。
5月6日金曜日・・・現在夜中の2時すぎです。久しぶりの夜中の強烈な攻撃で覚醒しました。微振動のように体に感じるものです。目が覚めた時から胃腸が音を鳴らせてました。このパターンでこの強度は初めてのはずです。「見えない力」と以前に書きましたが、確かに私の体に作用させている物自体は見えませんが、体に起きている作用はハッキリと、というより強烈に感じることができます。微振動と書いたように、実際少し体が振動してるのではないかとさえ思えるほどです。空気が揺れているのか?体が振動してるのか?どちら?と感じられるほどです。胃腸にガスが溜まってきました。
5月3日火曜日・・・相変わらず弱めの電気ショックみたいな感覚があります。前にも書いた微振動みたいな震えのような感覚が昨日はかなり感じられました。あとは、定番の消化器の不調です。前に書いたような妙な音が鳴って、腸にガスが断片的に溜まるような感じです。普通のおならならブーー、と一発で出るはずのガスが腸の中で10分おきくらいに細かく分割されて出てくるような感じです。

5月1日日曜日・・・木曜日の夜の就寝中の攻撃は強烈。頭の偏頭痛と胃腸の膨満感(ガスが異常に溜まる。昨年の10月から始まった。)による苦痛で目が覚めました。そのため2時間くらいしか眠れず、2週間前の日曜日の激烈な加害の時の感覚と同様。一気に痩せた感覚がします。あばらの下の辺りのくぼみがやけに大きく感じたりします。私自身の体に現れる異変には5パターン位あります。以前に便のバリエーションについて書きましたが、それも大体それに対応してるとおもいます。その異変がサイクルで変わって常に体が不調になっているという状況です。もっとマメに記録を残したいのですが、集中力や気力が沸いてきません。今日は電気ショック的なものがあります。
4月27日水曜日・・・前回の被害記録をアップした直後に加害が開始。おとといの就寝中も夜中に目覚めてから始まり。今現在も同様の加害を受けています。体がぴりぴりするような感覚と胃がコロコロと鳴り始めます。ハイテクらしき加害が始まった去年秋から自分の胃はコロコロとかキュルキュルみたいな甲高くて細い音が鳴ることがしばしばあります。というより、鳴るときは必ずそのような変な音になってます。今日思ったのは加害がある程度弱められると、強い加害を受けた後の余韻として体調が良くないのか、あるいは弱めの加害が続いているのか分からないことです。ただ、強くなった時はすぐに感じられますが。去年の秋から体調が良くなったり悪くなったり、これは全て、加害のコントロールによるものであることがハッキリ分かりました。ワンサイクル2週間くらいでしょうか。以前半殺し状態を継続して、と書きましたが、実際は3分の1くらい殺されている感じでしょうか。もともと、自分は睡眠障害を抱えているので 健康な人よりも この手の加害に対する耐性も弱いのだと思います。
続きはこちらから

緑子の被害記録

2008年10月24日の日記より

私の祖父母達からの被害の疑いについて
集団ストーカーこれなんですが。ある血筋。これを必死に絶やしたいのでは?そこに最近は行き着いてきています。夏目漱石も集団ストーカー被害者だったらしい話。そんな昔から。伝統的で陰湿で同じ手口で儀式といっていいほど。父方母方両方の叔父の死。父の一番下の弟。

 

叔父はバレンタインデーに交通事故で亡くなっています。その彼女らしき人のチョコを乗せたまま謎の死です。叔父は、飲酒運転だったらしく。それで相手の言い分のまま。叔父の車が一方的に悪いという話。今では、死人に口なしです。そんな中。私は最近思うのは、信号でこっちもこっちも青だった!意見が食い違うことありますよね。ほんとに両方、青だったのでは?でも。複数の(これが怖い)目撃証言でだいたい決まってしまうんですよ。交通事故は作られた。殺人ではないのか。そんなこともありえるのでは。

叔父は、父が無理やり力ずくで。大工に就職させて。なんとか働き始めて。しかし、一時期、叔父は、今でいう「ひきこもり」でした。もともと兄弟の中で、繊細でやさしい性格だったと父がいってます。自分のにきびについてさんざん周りから言われて。体臭も気にしていたらしい。周りから見るとそんなにひどいわけでもなかった。本人が、とにかく、すごく気にしていたという話しです。そして、働かず家にこもってた。叔父も集団ストーカーされてた気がします。容姿を気にかけるように。周りで見知らぬ人間に言わせるのです。

私もやられてます。中学の時に、始まり、爆音バイクのひとに。私一人しか通りにいないときに。「ぶーす。」「すげえ顔」「あはははははは。」と。通りすがりに大声で後ろに乗った方は、わざわざ、こちらを振り返りながら。高校生の時も。まったく面識のない、見知らぬ二人組みに
「後ろから見たらいいと思ったのに前から見たらハズレー。」「あははっははは。」と、通りすがりにきちんと顔をみて言われています。思春期なので相当こたえました。見知らぬ人が言うくらいひどいのか?とか良く考えました。まじで。しょっちゅう手に鼻を持っていく人間。(過去多く目撃してます。)

 

父方の祖父母は二人とも白内障になってます。祖母は、私の集団ストーカー被害の真っ只中の今年の3月になくなってます。以前、祖母は、婦人会で役員をまかされるほど。人望が厚かった。ところが、そこから。国が道路を拡張するため。(スケールがでかい)追い出されるように。違う場所に引越しをさせられてます。そして、引越し先の並びのその通りには、聖教新聞者の代理店がありました。ここが少し怖い。近所で、散々やられていたのではという。疑いを今はもってます。ちなみに。父方の祖父母はアンチ学会でした。母が学会員であったため結婚は、反対したらしい。そして、学会どっぷりだった。母方の祖父母の話をします。その前に、今は、すべての宗教をNOと思ってます。私は学会3世として。しっかり親の洗脳を受けて育ってました。勤行しないと、いやな顔されたり。母は、幼い私にしてきました。

急に、理由もなく。イチャモンを上級生がつけてきた。幼稚園でいじめられたのです。勤行をするといじめられなくなる。ほら。勤行をすれば、こうゆうことが起こるのよ。(個人的体験に基ずく洗脳完了)学会の体験にも。ものすごい会社でのいじめがあって、でも、祈ってると、その人がなんと転勤になったり、そんな話。(やっぱり信心はすごいみんなもそうなんだという洗脳再び)

今は、思う。集団ストーカーの仕組みをもって仕組めばできますね。両方とも。そもそも。なぜ学会員になったのか。それについて。いきさつ。祖父は、あまりにも不幸続きだったそうで。嫌になっていろんな宗教を渡り歩いたが全く改善されず。そして、学会の話を聞いて。自分からお願いして入ったそうです。もともとは、頭が良かった為、大同の偉いさんであったそうです。しかし、戦争と病気によって。その生活は、豹変します。そして、祖母が涙ながらにかたる。不幸だらけの壮絶な人生でした。

急に目の前にすごい家が建ち。(今の私の状況との一致。2件にわたってやられてます。)日が全く当たらなくなり。(これも一致)シロアリに悩まされ。(これも一致。私の天井裏にも羽蟻をさしこんだようなあとを見つけています。)そして、区画整理か何かのため。結局出て行くことに。(引越し父方の祖父母たちと一致)そして、引越し先の山奥で。孤独と、いびりに遭っていた疑いがあります。叔父は、家がとても高く売れたため。ゴルフやら。みんなに誘われて(誘導された疑い。)変な外国の宝くじにまで手を出し。(みんなに内緒だよといって子供の私に自慢してきた。)(私は、こうゆう詐欺があるよ気をつけてと。叔父に言った。)こんなことする人では、なかった。しかし子供から見ても、騙しやすそうな善良な人間だった。いつの間にやら。沢山あったお金がなくなって。借金だらけになっていたらしい。そして。裏の山で首をつって自殺してます。(私の状況と一致、今、自殺するように、人為的な嫌がらせにより日々。追い込まれてます。)

お葬式のとき。「あの人は、信心しなくなったから。こうゆうことになったのよ。」子供だった私の耳に入ってきました。私は、そのとき、「叔父さんは信心しなくなったから、こうなったんだって、信心しようね」と、口が勝手に、従姉妹のお姉さんに言ってしまっていたのです。しかも。母に自慢げに報告したのです。全く恐ろしい。

今、集団ストーカーに遭い抹殺されかけ。それで、やっと、世の中のおかしさ。仕組まれていた。いろんなこと。世の中にはびこる大衆を操る方法があるのではと思えてきた。宗教は、大衆をあやつり戦争を起こさせるための洗脳です。マスコミやTVを使用しての洗脳。どうして。TVの言うことをみんな信じるの?すごい。お金持ってるだけの企業なのに?


「脱会者は、不幸になるらしいのよ。」「あの人なんか。おかしくなっちゃったらしいよ。」ある学会員の隣家のお兄さんに。ある日から急に。「あの人、手ばかり洗うようになったらしいの。「少し変らしいから。近寄ったらいかんよ。気をつけなさい。」・・・小学生のとき。ちゃんと信仰しないと罰が当たるとか聞かされるたび 「やめると不幸になるなら、最初からやらなきゃいいじゃん」と心の中で叫んでいた、まさに。そうだ。

 

被害直前の婦人部長が言っていた。タクシーに引かれたと報告したときの言葉。「あなたちゃんと信心しないから、こうゆう目に遭うのよ。」この人は「選挙のときに一人でもいいから頼め」と言っていた。また、時期を見計らって送り込んできた人は「自分は道でも声かけて、選挙を始めて頑張った」など、嫌味を言ってきました。

母は心臓病のため、手術が必要で。そこで奇跡的に大先生が手術してくれることになり、そのおかげで回復し助かってるんだ。みんなが祈ってくれたおかげだと信じてしまっている。これだって。仕組めばできる話ですね。
学会の中に、明らかに金ずるとして騙されている人と、うまい具合に操ってる人が存在する。

よく「池田先生から差し入れですよ、すごいね」とか言って、実際は近所でパンを買ってきて差し入れ。「何でも知ってらっしゃるのよ」とか言ってた婦人部長。私の母に、財務のことを足りないと話していたあなた。あなたは、操るほうですね。きっと。今でも。母は、学会の操りゴマのままです。

 

私のこともネタにして。娘さんのためにもあなたがいっそうがんばらないとね。ガソリン代自腹でみなを乗せ、選挙活動してます。それなのに、外出すると母にも照射されてます。母は子宮筋腫にもなりました。アメとムチなのでしょう。不幸を与え、少しだけ幸せも作る。そして。少しの幸せは宗教のお陰にするためか?

活動をしっかりしてても、ずーと住んでいた会社の社宅。なぜかカビが台所一面覆う部屋だった。毎回カビキラーを使用しても。すぐにカビだらけになっていた。家の食べ物はすぐ腐っていた。父の衣服と一緒に洗って何度も色がでて、服がだめになった。(ガスライティングの手口)洗濯物はよく盗まれた。変な男がよくベランダにきた。夜中にベランダに立っていたり。ベランダ越しにいきなり。私に「おい!おい!」と話しかけてきた。父が追い払ってくれた。

 

父は、ソフトの試合で骨折(私が小学校のころ)地域のリレーに出て転んで骨折。(去年)電車で転落してメガネがワレたり。 寝ててメガネがぐちゃぐちゃになったり(2本目)。5 (私も3本一緒に寝てぐちゃぐちゃになってる)

 

まだ。創価学会が怪しいと知らなかった。電磁波被害最中、「助けてください」と祈って助けを求めてみた。工作員なのかようわからん変な人が来ただけ。みんなに謝罪しても被害がなくなることはなかった・・・今こうしてる間も“ドカンッ、ドカンッ”やってます。2階にいるときは2階で。1階にいるときは1階で、しつこく騒音をアピールし続けてくる。母がいなくなり。私一人になると特にひどくなる。


集団ストーカー教程

このサイトは、ほとんど阿修羅掲示板のカルト板のK24というHNの人の書き込みで構成されてます。2006年の書き込みのため現在と状況が違うような感じのするところ(ネット上での状況等)もありますが、ほとんどは現在の集スト犯罪と変わりないと思っています。

腹立たしく邪魔な者や目障りな者を叩くには → ここをクリック
集団ストーカー加害者側が、嫌がりそして恐れること → ここをクリック
団地内集団ストーカー・自治会汚染の懸念 → ここをクリック
警察防犯ネットワーク活動を悪用その1 → ここをクリック
集団ストーカーアジトの特徴 → ここをクリック
子供を使った工作 → ここをクリック

被害の記録 創価学会被害について
組織的ストーカー・テクノロジー犯罪被害の記録
集団ストーカーについて

2007.11.12 の日記より
今年1月、自分があっている被害がインターネットを見て、集団ストーカーだとわかりました。インターネットは、やっていなかったので・・・被害は長いですが、ずっと気づかずにいました。そういう方も多いと思います。トップにある”集団ストーカーとは”のチラシを、今年5千枚、各家庭のポストに投函しました。少しでもこの集団ストーカー犯罪について伝えていきたいです。この集団ストーカー犯罪は、一部の被害者だけの問題ではないと思っています。誰もが集団ストーカー被害者になりえます。被害者の人生や家族の人生をもメチャクチャにします。

2007.12.13 の日記より

被害にあって、15年です。その間に何度か、警察にも行きましたし、家宅侵入された形跡があり、何度か警察の人を呼びましたが、証拠は?証拠が無いで終わりです。被害届けさえ、書く事も出来ませんでした。今年、インターネットで自分のあっていた被害が、集団ストーカーだと知りました。・・・インターネットで、これだけ集団ストーカー犯罪について騒がれていても、この犯罪は存在していない事になっています。それどころか、パトカーでつきまといをされる、被害者の人も多いですし、私もそうでした。

警察官の拳銃自殺

今も交番の前を通ると、おまわりさんの態度が、とっても不自然に感じます。・・・今日も、栃木県で男性巡査が、交番内で拳銃で自殺する事件があり、今年6月にも、同じように島根県で女性巡査長が、出雲署内で拳銃自殺した事件がありました。(12月19日には、東京駅前交番内でやはり拳銃自殺がありました。)
2008.01.27の日記より

昨年、警察官やNHKの職員の不祥事が、とても多かったように感じた。先日も、NHK職員のインサイダー取引。新会長は就任の挨拶の中で、”NHKは、がけっぷちに立っている。”と・・・他局では流れたが、NHKの7時のニュースではカットされていた。集団ストーカーにあって2年間ぐらい、テレビも新聞も、全く見ないで過ごした時がある。その頃は、つきまといもすごいから、外界からの情報は、出来るだけシャットアウトして、それでやっと、精神状態を保つ事が出来た。

2008.01.31の日記より

半年間、雇用保険が支給される事になった。3ヶ月だと思っていたので、ほんとうにありがたいという気持ちと同時に、半年後はどうしよう・・・  という不安の気持ちもわいてきた。集団ストーカー被害者は、仕事に就く事もままならないのが現実だ。仕事に就けなければ、生活の糧が無く、家族がいればいいが、身寄りが無い人は、”死”をも意味する。政府も見て見ぬふりをするのは止めて下さい。

SFまがいの現実電磁波被害画像

2011年12月15日の日記より

保険金殺人の可能性 私が家族の死に疑問を抱く理由

●引っ越して2ヵ月で死亡した事

●昨年平成22年9月末まで元気に勤務していた事彼は医師でした健康にはとても気をつけてました。

●彼はいわゆるそれなりの役職を勤めた人です保険金を掛けるのに私より都合が良い筈です。

●私とは40年間家族として生活、今年の春に籍を入れたばかりだった事

●死亡前約三ヶ月間、脳を支配され続けていた事他人の思考言語を彼の口から発されていました。恐ろしいテクノロジーの悪用です。強力な印象があります。

●今年30代男性被害者さんが彼と同じ被害で苦しんでいました。自殺しました彼の口から加害者の言葉が出てくるのです(この現象をありえないとか頭がおかしいとか、そう口にする人はテクノロジー犯罪の現実をごまかしたい工作員です。もしくは無知な人です。脳に遠隔操作で刺激を送りとんでもない事を被害者にしゃべらせたり、喉を詰まらせたりは簡単に出来ます。私達被害者は毎日のようにこの拷問被害で苦しんでいるのです)

入院当日の昼食まで嚥下困難が全くなかった事夕食時に突然食事を飲み込む時に咳込み肺に水が入る以前からよく食べ物や飲み物を飲み込む時に遠隔操作でむせるようされていたので飲み込み時は気をつけるようにと言ってましたこれは現在私も同様の被害を受けています

●死亡原因が急性肺炎であるが死亡時の死斑では縊死(いし)気管が塞がれた可能性死後の死斑は仰向けにしたまま動かさないでいると重力で血は下に下がります。大抵は下の背中に死斑が出るため上からは見えません彼は手も足も首もほぼ全身に死斑がありました医師は「こういうの出るんだよなあ」と 異常なしと言う返答。私はこれまで家族や親戚の死亡に立ち会いました。このような死斑は見てません下の写真 ほんの一部で解りにくいかもしれないですが
見て欲しい
入院時に数々の嫌がらせ行為にあっていた事病院はホテルと同じ誰でも入れる場所のようだ。工作看護師男女2名 ビデオに撮ったが消されていた(ビデオが消されたのはこれまで何度もあった。映像をピンボケにされたり身体障害者が加担に利用されている映像は相当回数撮っていたのだが何も残ってない)

入院時、付き添いをしていた私に対して挑発するようなふざけた遠隔操作を病人にしてた事。眠っている病人の体の一部をピクピク動かしていたまるで死に行く者の体を自由に出来る事を楽しんでいるかのようにこの10年間 ちょうど介護保険制度が始まってから奇怪な若死や自殺が増えました。介護、医療という命を預かる現場ではこれまで被害者が経験してきた病院内の付き纏い嫌がらせだけではないのです。この狂った日本の集団ストーカー達の殺人の一部かも知れません参考までに入院時の過去記事(一度は削除された記事ですが書き直しました)ぜひ読んで欲しい。 http://minamibibai76.blog.fc2.com/



電磁波凶悪組織からの救援及び調査協力のお願い
音声送信被害者

はじめまして。突然メールを送ります。どうか、以下の内容をご一読下さい。私は、愛知県に住む40歳の会社員です。私は毎日、ある凶悪組織により脅かされ、電磁波による苦痛を強いられています。組織は1990年7月から私を脅迫し始め、以後、9年間もの間彼らの嫌がらせは留まるところを知りませんでした。時が経つにつれ、彼らが世界中に大惨事を引き起こしていることがわかりました。このメールを書く間も、私の頭は彼らの電磁波でこわばり、キーを打つ指も乱れる状態です。省略・・・

彼らの電磁波機器の作用

1)電子機器の誤動作・遠隔操作

2)人間の思考を盗み・思考のコントロール可能

3)人間・犬・猫・虻・蚊の行動をコントロール可能。

4)頭痛・頭重・めまい・物忘れ・記憶力低下などを起こさせる。

5)人間の視覚を通じての立体画像把握可能。

6)人間の聴覚を通じての盗聴・攻撃可能。

7)人間の睡眠・夢を見させることが可能。

電磁波(+音波)機器の作用と技術的解明の糸口

1.電子機器の誤動作・遠隔操作

1-1)あらゆる周波数の電磁波を自在に使いこなしています。磁気テープ内容を迅速詳細に読める機能をもつようであり、磁気高感度リモートセンシング機能を持っているものと思われます。

1-2)ハードディスク・フロッピーディスクのメモリーを一瞬にして消し去ることが可能。

2.人間の思考を盗み・思考のコントロール可能

2-1)一つの推測として、常に電磁波や、音波でストレス刺激して本人が無意識の内に考えを脳にMEGとしてかかせ、それを読み取っていることが考えられます。

2-2)別の推測として、脳及び生体から時々刻々と放射されるニューラルネットワークの電磁波を、空間全体として、遠隔操作によりコピー受信し、リアルタイムで自分達の脳へ受信して我々の思考を盗んでいるということが考えられます。

2-3)このAssy送受信の間、同じ個性をもつ、機能的に結合したニューロン間で情報の根幹だけがやりとりされ、ニューロンの選択性により、ニューロンに乗らない信号はオミットされるのではないでしょうか。そして、特定のニューロン集団が、特定の情報処理のため次々と形成されているのではないでしょうか。

2-4)また、彼らは、彼らの思考をそのまま我々の思考の中に割り込ませることが可能であり、その際、人間の思考が外界からの電磁波をアナログ的につないでいるため、つながりのある自然な現象としてとらえられますが注意すると、会話中などに言葉が意識より先に口をついて出る、体が意識より先に動く等の現象を伴うことがあります。

2-5)人間の脳ほど精緻な機能を開発するには莫大な工数と多々の問題点が生じるため、また、人間の脳(特に本人の脳)ほど正確に人間の思考を把握できるものは現段階では無いため、あえて人間の脳を直に介しての情報送受信をしているものと思われます。

2-6)彼らは、男性・女性・子供の脳にまでインベードできます。

3.人間の行動をコントロール可能

3-1)人間の筋肉に電気信号(EMG)を送信し、直接的にコントロールする方法が考えられます。

3-2)彼らの意思で、第三者の頭にインベードして操作する方法が考えられます。

4)頭痛・頭重・めまい・物忘れなどを起こさせる。

4-1)頭痛は血管が膨張した状態となり、こめかみあたりに痛みが走ったり、後頭部の一部に痛みが走ったりします。

4-2)頭重は、まるで頭全体に磁場がかかり、一種の磁気モーメントを感じたこわばった状態になります。

4-3)めまいは、小脳か、三半規管や耳石器を電気刺激されていると考えられます。

4-4)物忘れの現象については、始終話し掛けてきたり、何らかの刺激が与えられるため注意力散漫にもなりますが、特に近時記憶の低下が著しい。また、全体的に、睡眠不足、日々の興奮状態β波状態は、私に対するマインドコントロールのし易さと、記憶の抹消を目的としているかも

しれません。

5)人間の視覚を通じての立体画像把握可能

5-1)網膜上に写った画像を電気信号として取り込み、かれらのモニター、もしくはインベードした彼ら本人が見ている可能性があります。

5-2)人影などを錯覚させられることから、逆に網膜上に画像を映すことも可能と考えられます。5-3)しばしば瞼の裏に閃光を感じることから、電磁波による操作が考えられます。

5-4)しばしば物体の焦点がボケることから水晶体を変形させていると考えられます。

5-5)私が物体に注視していなくても彼らは、私の目を通じてその物体を正確に把握しているようです。

6)人間の聴覚を通じての盗聴・攻撃可能

6-1)彼らの話し声が音波(近くにいる人の声)と同調している、話声の音圧が周囲の音圧レベルの大小と関係している、周囲にいる人の中で私ひとりにしか聞き取れない、以上3点から考え、蝸牛までの機関で音声変換されているか、マイクロ波をもちいて誰にも気付かれずに聴覚シグナルを聴覚周波数にあわせ、脳に直接声を送り込んでいる可能性があります。

6-2)他人の声質をすぐその場で真似することができ、タイムリーに、必要人物の声を引き出せる技術ももっています。

6-3)一般のレーダーや、アンテナ系統では検波されていないこと、また、人間を個別に狙えることから、人工衛星により、あるいは、何らかの手段で、ターゲットを絞ったゾーン単位での超高周波、超低周波の物体照射を施していると考えられます。

7)人間の睡眠のコントロール・夢をみさせることが可能

7-1)睡眠不足を起こすため、脳幹網様体を電気刺激してセロトニンの分泌を抑制していると考えられます。

7-2)脈絡はなく、点と点であるが、あきらかに意図的と思われる夢を見させられたことがあります。残念ながら私の技術的知識では、彼らの遠隔操作は、電磁波以外には思い当たりません。但し、放射線(γ線や赤外線)も考えられます。

4.組織の完全犯罪

1)電気系統の異常により航空機事故を起こしています。

2)脇見・不注意・認知と行動のずれ・感情操作により交通事故を多発させています。

3)政界・芸能界・各界著名人をコントロールしています。

4)スポーツの勝敗をコントロールし、大衆を誘導しています。

5)男と女の恋愛感情を抱かせている可能性があります。

6)地殻変動を起こしている可能性があります。

7)人間の感情を高ぶらせて、また、インベードし、犯罪を誘発させている可能性があります。

8)マスメディアをコントロール・支配し、大衆を誘導しています。

9)株価操作をしている可能性があります。

10)遺伝子操作をしている可能性があります。

11)「オーム」のように、一人のことばを繰り返し復誦する女性達が多数います。

12)世界中の主要企業、国家研究施設、組織は、完全に監視されている可能性があります。

5.疑問点

1)彼ら組織の目的はなにか。

2)何故、私が個人的に狙われているか。但し、周囲の人達にも非常にひどい被害が及んでいます。

3)どうやって、脳を始めとするピンポイント制御ができるのか。人工衛星で一般に公表されているリモートセンシング精度より格段高い精度を彼らは操れるのか。一般家庭の送電線・テレビ・コンピューター・蛍光灯・コンセント・変圧器・地下配管配線等を利用して、信号の送受信を行っているのか。

4)彼ら組織は、どうやって生活しているか、どこに住み、仕事は、収入は、家族は、種族維持は、社会生活は。

5)毎日私に話し掛けてくる女性達は、交代制で作業をしており、あるグループは自宅から、あるグループはどこかの集落から、また、あるグループは、共同生活所から、また、あるグループは組織本部近くからというように電磁波のネットワークでつながっているようです。そして、話は対話的であり、完全一方的なものではないだけに、単なる雑音でないことは明白です。

6)設備はどこに保管され、エネルギー供給は、資金、物資調達はどうしているのか。

7)この分野での世界各国の開発が遅れていたのには、何か訳があるように思われます。

8)現在、これだけ電磁波について、脳についての自然科学・医学的研究が進み、文献なども出版されているにもかかわらず、電磁波によるマインドコントロールについての文献がほとんど社会に公表されていないのはなぜか。

9)世界各国で、電磁波と生体についての研究結果が公表されているが、なんとなく一貫性がないのはなぜか。テストデータ入手段階で、電磁波組織の工作があったのではないだろうか。

6.私に対する電磁波の特性

1)場所:ビル街・人ごみ・地下街・地下鉄・トンネル内の新幹線内・アパートの一室、離着陸・飛行中の航空機内でも生じる。

2)周波数:1MHz~1GHzの電波暗室で現象を確認したが、やはり生じたように思います。但し、電波吸収体に耳を近づけると耳元及び脳が少し軽くなった気分がしました。再確認するとともに、極超低周波域についても確認する予定です。

3)頭重がひどいとき、右手で後頭部を押さえてみると、頭重がスーッと軽くなり、電位か磁場の関係ではないかと考えていますがよくわかりません。

4)彼らはパソコンのキーボード入力中にも操作の邪魔をしてきますが、その手口から、コンピューター関係にかなり精通しているものと思われます。

7.電磁波機器の開発時期

1)私の記憶によれば、1982年に具体的現象は生じており、1955年のラッセル・アインシュタイン宣言~1982年の間に開発が進んだものと思われます。

8.問題を解決するために

1)人間一人一人に照射され、あるいは、送受信されている電磁波をすぐにでも検知する必要があります。

2)国際的規模での対策が必要だと思います。

3)優秀な、良識ある科学者が平和のために、至急一同に会し、協力して研究開発を進める必要があると思います。

4)研究開発の際は、いうまでもなく電磁波のバリアーが必要です。

5)自分の意思が、スーッと流されるようにして、その場全体(会議等含めて)が進行して、ものごとが決定されていたら、そのときは注意してください。

6)彼らの武器は、核開発の一環として開発された可能性もあるため十分注意が必要です。

7)必要であれば私はすぐにでもうかがいます。

9.今後の方針

突然、見も知りもせぬ相手から、このようなメールを受け取られ、さぞ驚かれたことと思います。申し訳ございません。しかし、私の話していることは事実であり、現在も苦痛を強いられています。また、9年間の間に2度引っ越しましたが、彼らの嫌がらせは決してやみませんでした。私はおろか、社会に対する彼らの犯罪は日々実行されています。内容が内容だけに、なかなか信じていただけないのも当然のことと思います。最近、世の中を混乱させているコンピューターを利用したネズミ講的ものとは全く異なり、極めて深刻な問題です。彼らの武器がかなり高度であり、いまだ世界的にも公表されていないことから、極秘の研究により開発が進められたものと思われます。もしかすると、これはあくまでも推測ですが、何か、軍事技術と関わりがあるかもしれません。こちらから、突然メールを送り、勝手なことばかり申しております。何かお気づきの点、また、技術的支援等ございましたらよろしくお願いします。ご一報いただければ簡単なメールのやり取りで状況をつかんでいただけると考えており、問題の解決と調査にご協力よろしくお願い申し上げます。完全な証拠を提示できないため、信じていただけるかどうか不安でしたが、勇気を出して、メールを出しました。但し、私の身に降りかかっていることは事実であり、私、及び世界の人々に照射されている電磁波を調べていただければ実証できます。今後も事実の実証に努めるつもりです。誠に勝手を申しまして恐縮ですが、もし、私の身に何か異変が起きた場合は、

よろしくお願いします。

 

姓名        ** *** (** ***)

生年月日      1959年  4月 2日

年齢        40歳

住所        〒***-**** 愛知県

電話        0***-**-****

-mail     *******@pop21.odn.ne.jp


電磁ハラスメント被害を綴る
音声送信被害者

2009.10.28の日記より

現在、身体的な苦痛で数ヶ月間悩み苦しまされてる日々。表情が勝手動く、首が捻じ曲がる。それに伴い呼吸が苦しくなったり、抑えるのが困難な感情に頻繁に襲われる。症状は自宅で強くあらわれる。何も出来ず寝たきりの状態。来週、市内の病院でMRI検査と治療を行う。

2009.9.1の日記より

前日のエントリーは、「ブログを消せ」「消さないと殺す(親も)」と脅迫が、書いた夜から執拗に続くので消すことにします。加害者達にとって都合が悪いらしいようです。「エントリーを消しても殺す」とかなり怒っている様子。前夜は実際に殺されかけました。頭重による時には昏睡のようになる脳機能の低下、顎の痙攣による小刻みな呼吸による呼吸困難で。

2009.7.6の日記より

現在の状況。まともに頭が働かない。頭は常に重く思考が鈍い。頻繁に強い頭重感が頭部に当たるような感覚を受ける時がある。そうなると意識を一瞬失う感じになり、何も考えられなくなったり声が発せられなくなったり。同時に身体の力が抜け、キーボードに乗せてる手がずれ落ちたり。今、ブログを更新しようと下書きを始めると、頭が重くなって考えられなくなる。今日はここまで数時間ほど、いつもよりは比較的まともに頭も身体も動かせてたのが・・・。加害者にとって都合の悪い場面で、この思考を極端に鈍らせる頭重が襲う。

創価学会と在日朝鮮韓国人集団の電磁波攻撃(Ameba)

私は今から14年前(平成10年)に、江戸川区の実家の2件隣に住む、在日朝鮮人の創価学会員幹部S本宅の主人と、言い争いをした。それから間もなくしてから、集団ストーカーや自宅マンションでの騒音攻撃テクノロジー攻撃が開始されました。現在、『集団ストーカー認知・撲滅の会』や『集団ストーカー被害者ネットワーク』での街宣等で被害撲滅に向けて日々頑張っております。姿を隠した遠隔操作によるテクノロジー攻撃 365日 24時間体制での監視 つきまとい気の弱い被害者は、統合失調症と同じ症状を作り病院に送る 病院で軟禁状態に置かれる気の短い性格の荒い被害者は、追い詰めて切れさせ 殺人などの犯罪を起こさせる集団ストーカーは、地域では、近隣の学会員たちが故意の騒音を撒き散らし、職場にあっては、学会員社員が、集団で、ターゲットを退職に追い込む全ては、マニュアルに沿った「嫌がらせ」工作であり自分たちを、少しでも脅かす者は 容赦なくターゲットにする異常で卑怯な犯罪集団である。

AIGIS(アイギス:神の盾)

2011年1月29日の日記より
集団ストーカー被害は、2007年春頃から始まっていたかと思います。「最近妙に自分に絡んでくるおかしな人が増えたなぁ」程度にしか思ってなかった(当時の私は受賞暦のあるCGアニメ作家として活動、展示会での出展も果たしていました。・・略・・自宅前にゴミやタバコの吸い殻が頻繁に捨てられるようになり、あまりにもひどい状況だった為、犯人を捕まえてやろうと監視を続けていたところ、近所に住んでいる某宗教団体(S)を後ろ盾にする元市議員(女性)の息子でした。彼は「ソブラニー」という銘柄の外国タバコ(英国製)がお気に入りらしく、彼が自宅前を通る夜22時過ぎに必ず同銘柄のたばこの吸い殻が、時には火がついたまま捨てられていました。・・略・・

集団ストーカーの加害者連中は、被害者が自暴自棄になって自殺したり、精神を病んで自滅したり、生活に困窮して犯罪を犯すのを今か今かと心待ちにしています。その様な悪魔達の誘いに乗ってはなりません。どうせ死ぬなら戦って死んでください。・・略・・集団ストーカーというテロ行為は「国家間の戦争事案」であり「日本国家の主権の危機」を示す事象であると認識すべきです。・・略・・我々、集団ストーカーの被害者は、しかけられた戦争に遭って「難民」となるのではなく、「兵士」として覚醒し、敢然と立ち向かうべきです。・・略・・我々が使う武器は「情報」です。情報こそが集団ストーカーという戦術を壊滅させる最大の武器なのです。「集団ストーカーの犯罪事例を写真・映像を例示しつつ客観的に暴露する」一般市民に認知されていない、現代の戦争の実態を暴露し、彼らの犯罪行為・テロ行為を封じ込め、日本から出て行ってもらわなければなりません。日本で生活するのは日本を愛する人、日本の為になる人だけで結構です。

「集団ストーカー」の被害者が訴える被害の中に「脳への音声送信」があります。何の予備知識もない人々に対してこの被害を証言すると、「幻聴だ」とか「妄想の産物では?」等と被害の実態が正しく伝わらない結果を招きます。遺憾ながら何の情報も与えられていない人々にしてみれば、「脳内に音声を直接送信する」という表現自体が、SF(空想科学)小説や映画の世界の中だけのおとぎ話と受け取られても仕方がないでしょう。

 

しかし、事前に「人間の脳に音声を直接送信する技術が開発されている」事がニュース記事になっていると知らされていたら、「脳への音声送信」を架空の話として片付ける訳にはいかなくなるはずです。以下は人間の脳に直接音声を送信する技術が開発されている事を報じた3つのニュース記事です。

■マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA』:「サブリミナルメッセージも」2008年7月8日(配信:WIRED Japan)

■特定の対象だけに声を届ける広告板と、「神の声」兵器
2008年
1月10日(配信:WIRED Japan


上記記事では「マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)」を利用した脳内への「音声送信兵器」の開発が行われているとの記述があります。

■特定の標的に音を「発射」する技術、米軍が開発中
2007年
6月7日(配信:WIRED Japan



集団ストーカー・電磁波犯罪撲滅目指して


このブログの管理人さんは、被害者の会を立ち上げています。他の被害者団体との連携、街宣活動、相談会などやっていて、毎月、定例会なども開催しています。下記のHPをご覧ください。

・定例会、相談会の開催
・電磁波被害の軽減方法、被害証拠の取得方法などの検証・情報の共有
・各種専門家を招いての講演会
・議員、行政機関等への陳情
・街宣、署名活動

組織ストーカー電磁波犯罪被害の会  会長は高山さんです。


ハイテク犯罪に関する調査と研究
音声送信被害者

管理人 福島俊明
昭和35年10月19日生まれ(男)
千葉県習志野市袖ヶ浦2-1-3-507
この方は、長年のハイテク犯罪の被害者ですが、
事件を起こし、服役中です。
詳細はこちらから

低周波音と私のイメージ

低周波音は、固有振動数が一致すれば、人体の内臓をも共振させます。貴方はこんな拷問に耐えられると、お思いになりますか?めまい、耐えられない感覚、見当識喪失、吐き気、おう吐、腸けいれん、不眠、心臓など内臓器官の共振の影響の報告が紹介されています。又、動物実験には長期間・音圧レベルが大きい、ばくろ実験もあり、生化学(細胞・分子レベル)の変化、そして破壊があるものが見られます。

共振現象とは、はじめは小さく力のなかった同じ周期の波が、しだいに揺れ幅が激しくなってゆく現象です。顕著な例として1940年米国・ワシントン州のタコマ橋の崩壊があります。タコマ橋の崩壊は、風が橋に当たり発生したカルマン渦の固有振動数が、橋の捻じれ振動の固有振動数と同じだった事によって起こった渦励振といわれるものでした。これは生体の臓器でも起こり得ることで、超低周波音曝露実験では、共振によって胃が破れ実験動物の犬が死んでいます。私も何度か就寝姿勢の際、経験させられています。心臓の揺れが段々大きくなり、四方八方からでたらめに蹴り上げられる様な物凄い苦痛を感じたことがあります。

低周波音は聞こえる 集団ストーカー被害者必見動画


集団ストーカー・低周波音振動被害報告



2011年12月 4日 → 音もなく頭上を通過して行くモーターグライダー
2011年12月25日 → 庭にいたところ30分余りの間に7回も通過して行った同一機体意図的である。
2010年12月30日12月26日昼、近くの店に寄ると早速上空に現れたFA-200エアロスバル、JA3628。ストーカーよろしくと、旋回を始める。旋回中の写真を見ると、パイロット一人だけのようだ。
2010年12月17日 昨日(15日)は家にいたのだが、午前中から主に自衛隊ヘリが10回位通過している。先月から毎日のようにバタバタと騒がしい大型のV107やUH-1タイプである。前回ストーカー機を撃墜などと書いたせいか、もう一ヶ月前になるが、11月8日の帰りである。真っ暗になっていたが、あと100mで家に着く所で、前方上空から灯りが接近してきた。車の窓を閉めているせいか、音は聞こえない。窓を開けたが音は静かだ。キーンとジェット音だ。サイレントモードがあるかは知らないが、本当に静かに車の上空を低速で通過して行った。暗くてライトだけが光っていたので機体が何か分からなかった。・・・
2010年12月11日 ここは埼玉なのに、なぜか家の上空に奈良県防災ヘリ「やまと」現る。
2010年10月24日
ストーカーして来るなら、ただ撮るだけでなく機体番号を捉えたら撃墜とみなそうと思う。これまでオーバーに のべ100機として101機目からとする。今日午後、庭に出たら5分位で飛んできたビーチクラフトバロン双発機。JA5314。以前投稿した車輪を出して飛んできたもので本田航空である。本田航空のサイトにも載っている。
2010年8月22日 → ユーチューブに動画をアップしました。チューナーもないのに、ICレコーダーのマイク端子につけたコードからNHKのAMラジオの第一、第二放送が同時に聞ける。詳しいことはわからないが、電磁波攻撃であろう。電磁波には指向性がある、より強く反応するのが南側なので、攻撃はいわば南の家からということになる。犯人はわかっていても規制の法律がないので連中のやりたい放題となってしまっている。


集団ストーカー被害者の独り言

2012年4月29日 の日記より

集スト被害を認識しだしてから、10年を超えるが今も始まったときと同様の嫌がらせが続いている。それは、自分の行動を付回し誹謗中傷を言いふらしているらしく、次に行くと嫌がらせの咳払いをしたり、態度が横柄だったりと態度が変わっているのである。兎に角、態度が急に白々しくなり、次から来にくくする様な態度なのである。・・・以下省略

2011年5月12日の日記より

省略・・・集ストの正体は依然分からずじまいだが、在日、創価、統一?連合あたりだと思う。その資金源はパチンコか?ようつべの動画で拉致被害者の訴えを撮ったものがあるが、警察が拉致にあまり熱心でないということなので、ひょっとしてパチンコマネーがまわっているのかなと思う。政治家も統一教会と親密だったりともうどろどろになっているのかもしれない。・・・以下省略

2010年10月 5日の日記より

いろいろありまして ココログをほったらかしにしていたが実はちょっとしたアクシデントがありまして。もうアパートの窓からWEBカメラを出して撮影できなくなってしまった。それまでは平気で外の風景を撮ったり布団叩きや物音のする方向を撮っていたのだが、以前にも書いた東南アジア女か大家だかが通報したのだ。よって、ネットにあげていた動画もそれ関係は削除した。赤の他人に無断でカメラを向けると”盗撮”になると言われればそれまでなのだが。よって証拠の動画を撮ると言うのは、すべて盗撮になってしまうことになる。最近は、カメラを人に向けただけで盗撮呼ばわりされかねない世の中なので難しい。

 

コメント・・・超音波や低周波などで痛みや痒み、湿疹などの症状が作れるのは事実です。電波、音波の周波数を変える事で実に様々な身体的、精神的障害を作り出すことが出来ます。被害第一段階の組織的つきまとい、布団たたき、咳払い、仄めかしを実行するだけで、いとも簡単に精神病院に隔離される被害者もいます。この段階をクリアできる被害者には、第二段階の超音波や電磁波攻撃が待っています。被害者がビデオカメラを持ち歩くのは自己防衛のための証拠保全のためなのだから、合法的な行為です。組織的犯罪に個人が立ち向かうには、それしかありません。警察も認めた電磁波犯罪(仲良し3人組より)


集団ストーカー被害者ブログ


2010年3月5日の日記より

被害に遭ってからブログを始めるまで1年近く経っています。被害があまりに酷いので、昨年の5月に大学を中退しています。大学では、講義中に頭を重く感じさせられたり、目線を強制的に黒板からずらされたりしました。とても強い電磁波を浴びていたと思います。・・・中略・・・昨日、警察署の方から電話がありました。「現在はどのような感じですか?」「警告しますか?」といった内容でした。私は、警察へ相談に行っても未だに音声送信や飲食店での仄めかし、運転中の異常な幅寄せなどに遭うので、もしかするとまだ警告されていないのかもしれないとは思っていたのですが、そうだったみたいです。私が警察へ相談したのは2009年11月27日です。3ヶ月以上かかるみたいです。驚きです。 少し不審に思ったのは、担当官が変わっていたことです。前の方は、このテクノロジー犯罪についてご存知だったのですが、昨日の方は知らないみたいでした。音声送信、つきまとい、仄めかしを第三者に説明するのは、至難の業です。なかなか信じてもらえず、「意味がわからない」などと言われましたが頑張りました。私の心の傷がとても深く、大きいこともあると思いますが・・・。実際、沖縄へ帰ってきて3ヶ月くらいは、毎日泣いてばかりいました。2時間くらい泣き続けることもありました。それよりも、何故担当官が変わってしまったのでしょうか・・・しかもこの犯罪を知らない方に・・・? ・・・中略・・・

私の犯人は和田拓久(わだ たくひさ)という人です。埼玉県北浦和在住。22歳。証拠もあります。犯人の情報公開はこちらに

VIPのみんなで創価潰そうぜ

創価学会はビジネスとして成功した団体である

創価学会は、池田大作が就任以来、「病気が治る」「幸せになる」「奇形が生まれない」「事故に遭わない」「地獄に落ちない」などの、「功徳をちらつかせる方法」で信者数を増やしてきました。(昭和30年代後半で500万世帯を突破)

信者=資金源 ・・・病気や怪我、持病で苦しんでいる人に対し、「入信すれば治る」と言った具合に功徳をちらつかせ入信させる。彼らは、いずれ教団にとって資金源になります。

功徳と仏罰・・・信者に対して「功徳」や、「仏罰の恐ろしさ」を語ることで信者が財務し、上層部の人間が儲かるようにできています。

上層幹部には「稼ぐのが目的」の組織員がいる・・・ビジネスとしての創価学会を成功させるための幹部が多数存在します。「幹部の実態」については、元信者(芸術部所属)、杉田かおるさんなどが暴露しています。 学会広告塔の女性を酒席に招いてセクハラを行ったり、異様なハメのはずし方をする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

下記の灰色文は 池田大作の 韓国観と日本観である。これは、まともな日本人の言葉、考え方ではない。韓国・朝鮮をこよなく愛し、日本を心の底から憎む。こういう教祖様に仕えていれば、『ビザの恒久免除』や『地方参政権付与』に血道をあげるのも当たり前。まさに亡国の徒・池田大作、創価学会・公明党である。

 

韓国の情は厚く深い。5千年の間、苦難の歴史を耐えて乗りこえ、しかも情け深さを、なくさなかった人達である。憎しみを人に向けるよりも、悲しみを雪のように胸の奥に積もらせながら、明日を信じて微笑んできた人々である。愛の国、美の国、文の国。その平和の人々が、「何十世代の後までも忘れぬ」と、怒りを骨に刻んだ相手が、日本の残虐な国家主義者であった。行く先々での略奪。暴行。殺戮。禽獣にも劣る」、文化なき「悪鬼」と呼ばれた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「世田谷一家4人殺害事件」の真相  元警視庁勤務の北芝健氏が語る
芸能人も数多く所属しているカルト教団が事件に深く関与していることを北芝健氏が明言。日本では誰でも知っている韓国系の宗教団体が、巨額の献金に応じない世田谷一家を惨殺することによって、他の献金を拒否している日本人を震え上がらせ、献金を促進する目的で行なわれた犯罪だということです。証拠はあるけれど、日本の政権にも、その宗教団体が深く入り込んでいて、
事件解決が日本の政局にも大きな影響をあたえるから、そう簡単に解決することが出来ないということです。「世田谷一家殺害の証拠はあり過ぎるくらい存在している。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

刑法犯の外国人検挙数(警察庁)平成16年度(2004年)
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji25/H16_27.pdf 
窃盗 1位 中国人     2位 韓国・朝鮮人
殺人 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
放火 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
強姦 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
暴行 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
傷害 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
脅迫 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
恐喝 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人

 

元創価学会弁護士の山崎正友氏の本の中に、中国地方の教誨師が監獄に入っている凶悪犯罪者を調べたら30パーセントが創価学会員だったとの報告があるという。学会員総数(公称)による対人口比率だと15パーセントにあたります。一般の人の二倍の犯罪率。しかし、実際には創価学会の会員数は公称数字の数分の一といわれていますから、二倍の犯罪率どころか、ものすごい高い犯罪率であることが分ります。

 

http://www.asyura.com/2002/bd18/msg/406.html

http://es10000.jugem.jp/?eid=12 


あなたの目の前で犯罪は起きている(電磁波犯罪)
ニックネーム:destiny   出身:福岡県  現住所:東京都
2007-12-14の日記より

電磁波・集団ストーカーの被害に詳しい方などに聞くと、世の中には加害者連中の巣窟みたいな場所があるそうです。どうも僕は今そのアパートに住んでいるようです。というか、そこに住むように仕向けられたという感じです。・・・ネット上で物件を色々検索し、不動産屋に目星をつけた数件の物件の詳細を問い合わせていた段階では別に問題は見えなかったんです。ただ、実際に不動産屋に行っていざ物件を見せてくれという段階になって、不自然な理由で(大家さんの意向で・・とか、実は入居してましたとか)次々と候補の物件がなくされ、たったの数件が残されました。で、不思議なのはヤツらが僕に入って欲しい物件(加害者の巣窟)だけが、なぜか他の物件に比べて飛びぬけて条件が良いんですよ。多分、相場より3~4割くらいは安い感じを受けましたね。しかも、他の物件よりランクが上なのに家賃がめっちゃ安い!(笑)不動産屋もなぜかやけに勧めるし。普通、誰だってそこに決めますよね?もちろん、多分そこに決めさせたいんだなというのはバレバレだったけど、経験上たとえ他の物件に住んだとしてもどうせ被害には遇うと分かってましたから、ま、いいかと。・・・中略・・・これは僕の想像ですが、僕が最初に被害にあった地元のアパートもそう、今のアパートもそうで、多分そこの地域住民なり町内会なりの連中はそのアパートに入居してくるターゲットを嫌がらせして苦しむのを楽しむみたいなシステムが出来上がってるんじゃないですかね?だって、僕がアパートを下見しに行った時から、その商店街の一部の人らがいかにも「ターゲットが来た来た」みたいな感じでニヤついてましたから。・・・略・・・あ、それから、僕には関係ないと思っていたヘリコプターがやっと来ましたっ。このブログを書き出した途端。とうとう僕もヤツらからVIP扱いされたかな?(「あいつ要注意人物だな」とか言ってましたし)

続きはこちらから
2007-12-25 の日記より

音声被害の仕組みについて → この被害の特徴として24時間いつでもどこでも声を送信されるというものがあります。素直に「加害者は一体何時寝てるんだ?」などと不思議になることもあります。・・・しかし、これはかなりの確率で単なる自動化された機械によって音声送信されている可能性があります。考えても見てください。例え加害者が人生を掛ける程の復讐心でこれをやっていたとしても、ターゲットの生活に合わせて、それも行動にピッタリとタイミングよく声を送信できるでしょうか?出来たとしてもそれを何年も365日24時間続けることができるでしょうか?常識で考えたらそれは不可能ですよね?・・・さらに、その声(言葉)は前に聞いたものと声、アクセント、長さ、ニュアンスなどは全部まったく同じではないですか?多分同じはずです。(僕はこれで気づきました)また、最近なるほど!と思ったのが、音声被害に数年間あっている方によると過去一回もくしゃみや咳などが聞こえてこなかったというのです。続きはこちらから

2009-06-15 の日記より

またしても全身への激しい電気刺激の痒み攻撃が!昨日の夜も凄かったですねー。特に電気刺激で全身及び陰部への痒み攻撃はもの凄いものがありました。あまりの痒みに起きたのが夜中の3時50分頃。以前とは違って、かなり強くて鋭い刺激が一晩中来てました。で、ムカついたのでその部屋のブレーカーを落としてですね、部屋の壁をAC/DC電圧チェッカーで調べてみたら、なんと怪しんでいた隣の壁から電流が流れている反応が数箇所ありました。続きはこちら

中村もんどの必殺日記
ターザンさん

2009年3月10日  教習生も乗らない危険な場所

この日は自転車走行をするつもりだが時間的に、どうしようかな?と悩んでいた時である。それでも、いつもの場所に向かった矢先、目の前に 不吉な予感を漂わせたワンボックスが停まっていた。『危ね~なぁ!ここカーブだろ』そう思いながら『番号は8じゃないよね』と思いチラリと見ると8じゃんやっぱり、こんな危険な場所で事故でも起こさせようとしているのか。

 

ここは、地図を見て頂ければ分かるとおりS字カーブの危険な場所の出入口である。ここは、大型トラックも坂から降りてくるのでスピードの出る危険な場所である。プロドライバーなら、こんなところに停める人はいない。まあ、頭にきたが何事もなかったので、そのまま進んだが、必ず、アンカリングのあった後は、次々と出没するので気をつけないといけない。

 

案の定、その先には 埼玉県警察本部の車が自転車道を塞いでいた。そして因縁をつけられた。組織的嫌がらせをされたので危険なS字カーブで駐車していた車も家に帰ってから確認して見た。何とビックリ教習所の車、スクールバスである。日を改め、その事件現場で聞き込みをしたところ、『その場所で教習生を乗せているところ見た事もない』『よく、そんな所で停まっているね?』と我輩と同じ意見であった。帰り際、『どこの教習所ですか?』と聞かれたので証拠物件を見せた。協力者もあきれて『ここは坂を下ってきた車やトラックがスピード出してくるんで危ないんだよね、それにS字カーブだし』と我輩と同じ事を言った。危ないのを知っていてなぜ停めていたのか?この車に遭う前に携帯で報告する乗用車があった。記事の詳細はこちら

2009年2月 7日  たった今通り過ぎた女が

先日の話であるが、過去最高レベルの集団ストーカーの手口でやられた。芸術的でもある。この日は、自転車走行運動ではなく歩行運動をしていた。『今日は、出ないのかな?』と思っていた矢先。前方に女の人が歩いていた。携帯でアンカリングでもするのか?よく観察するとチラリと我輩の顔を見るも何の動きも見せない。ストーカーじゃないのか?でも目がおかしい。そして香水の臭いもやたらとキツイ。通り過ぎてから後ろを見るとだいぶ後方に行ってしまった。

 

気のせいかと思い自分の車の方に向かった。すると、目の前に女の人が歩いていた。さっきの女の人に似ている。さっきの女の人とすれ違ってから1分とちょっとくらいだろうか?だいぶ近づいてくると、ビックリした。さっきの女の人だ。でも、考えられない、先回りして、逆に走って来たとすれば、息が上がっているはず、なのに、いたって普通。ポシェットも同じ色と形、服装も同じ。どう見ても同じ女だ。それにすれ違う時のチラリと見る独特の目使いもキツイ香水の臭いも同じ。でも、我輩は騙されませんよ!この香水のキツイ女は、双子を工作員として使って同じ服装をさせて同じ香水をつけて同じ人物に見せかけて、ありえない現象を作り上げる遣り方。もう一つの可能性は双子ではなく一人で工作しているとして仮定すると、車でこの女を乗せ先回りさせたと判断すれば。トリックは崩せる。記事の詳細はこちら

2008年11月30日  工作員にさせられている者もいる

工作員じゃなくとも突発的に工作員にさせられている者もいると感じたのは数度あるが今回極めて真面目な人で工作色に染まりそうにない、利用されているだけのアンカリング者がいた。流れとしては次のような事が想像できる。通常の仕事の話からターゲットの話に急遽変わる。

公安工作員:『今、そっちに行った車見てよクレスタなんだけど』
利用された者:『はい、今、来ました。この車がどうかしたんですか?』
公安工作員:『近所で有名らしいよ』
利用された者:『ふ~ん?』

このように会話すると、電話を受けた者は 携帯を持ちながら 我輩の車を目で追うように見る。ようするにアンカリングと言うやつを知らず知らずやらされてしまうというわけだ。本人が工作員じゃないのにね。それで、彼に問い詰めてみたところ、相手の事もあるので最初、奥歯に物が挟まった言い方をしていたが、我輩が ① 青森県警の警官に暴行を受け怪我をした事。② それを弁護士会に救済を願いでた事。③ それから公安が付きまとうようになった事。を言うと、彼は『負けないで頑張ればいいんだ』と励まし、我輩に着信履歴を見せてくれた。アンカリングしている者から励まされたのは初めてだ。(笑)まだまだ世の中すてたもんじゃない。世の中、権力の色に全ての者が染まるとは限らないという事だ。

記事の詳細はこちら

2008年10月20日  偶然もここまでくると面白い

今日は、一番新しい土手で通せんぼしたストーカーを書こうかなと思いましたが、静止画で手抜きします。(爆)この写真の場所は、我輩の墓がある霊園です。我輩が来るのを見込んでいたのか、墓所の下の事務所の前には88系の車が一台いました。まあ、いつもの事なんでビックリもしませんでした。

 

我輩の墓は、その事務所の上の方にあるので、そこへ上って行くと、「ん?88」 また 一台いるな・・・ 今日は多いのかな?(笑)・・・と思っていたら、ものの数分で、もう一台 また、88が来た。さらに、911テロリストナンバーまで出没してきました。御覧の悪魔の風景は、数分の時間で完成しました。墓の下に88系1台、我輩の周りに88系2台、隣に911テロリスト、一時間ほど、墓には、この5台しかいませんでした。

 

偶然もここまでくると芸術的でございます。こんな子供じみた事を平気でやる組織は精神異常者の何者でもありません(爆) 皆さん数珠つけてましたし、墓の下には曹洞宗の寺があるというグリコのおまけまであるのよ(爆爆爆) 画像はこちら

僕のご近所トラブル

私は創価学会員でした

2006年5月15日の日記より  
非常に残念ですが当ブログを、無期限休止にします。なぜなら命の危険にさらされているからです。これ以上ブログを続けると私以外の人にも迷惑になると考えたからです。前回の嫌がらせが『最後通告』だとしたら、皆さんがこのブログを読んでいる頃には、私はこの世から消えているかもしれません。しばらくの間、ブログの管理は友人に任せます。私にもしもの事があった場合、その友人に最後のメッセージを託しています。リンク、記事の転載、自由です。許可なく使って頂いて結構です。ここを読んでいる、私に常軌を逸する嫌がらせをしている学会員、あんたらのしている事は正義でもなんでもないよ。ただの犯罪・・・


私の大学時代の知人は熱心な学会3世でした。その子はある日突然、首を吊って自殺しました。
死ぬ前日の日記には「どうして生まれて来たんだろう…何の為に生きて来たんだろう…死ねば活動しなくても良い、頑張らなくて良い。」活動の忙しさ、ノルマの厳しさが苦しい。辞めたいけど親が悲しむ。私はその頃すでに活動していなかったので、彼女と挨拶する程度でした。周りの人はこんなに苦しんでいる彼女に気がつかなかったのか。彼女の両親は「日々の学会活動の忙し

さに娘の気持ちを考える余裕もなかった、人間って、なんて馬鹿な生き物なんでしょうか。大切なものを失わなければ気がつかない。あなたは何の為に信仰しているのですか?
ついでに近況報告
弟は大学進学を諦めました。「何歳になっても大学に行く事はできる。家族が生きる為に働く。」
私と亡くなった祖母がお世話になっていたお寺の住職さんの紹介で就職も無事決まり、家族で住める家も用意して頂きました。母には住職さんが用意してくれた事は内緒です。その問題の母ですが、手術をすれば治る見込みがあるそうです。しかしそんなお金はありません。私が借金すれば、捻出できるのですが・・・しません。愛がないと言う人もいるでしょう。でも、これが私の愛の形です。信仰で家族を犠牲にして来た結果です。それを受け止めて死んでもらうのが、母にとっては一番良い死に方だと思います。人生の最後に何を思うのか・・・。

2006年3月28日の日記より 

私は創価学会を絶対に許さないでしょう。年末の財務で、全財産を持っていかれました。婦人部の幹部が「お金に困っている時程、財務を頑張りましょう。今は困っていてもすぐに何倍にも返ってくるから。今、家にあるお金は全部財務として使いなさい。」勧められるままに、母はすべてのお金を創価学会に寄付しました。もう住む場所もありません。あと数ヶ月で家を出なければいけません。兄弟の大学の入学金、学費、当面の生活費もすべて寄付しました。

財務の後、学会員は訪ねて来なくなりました。座談会でも母は無視されています。財務を勧めた幹部とは連絡も取れないそうです。そして母は病気になりました。もう永くはないと思います。
これが、家族を犠牲にしてまで活動していた人の結果です。母が憎い。それ以上に創価学会が憎い。死ぬ前に気付いても遅いんです。一家和楽を装っていても、もっともっと前から私たちはバラバラだったんです。もう疲れました。

2005年12月12日の日記より 

学会員の二面性、私は争いごとは嫌いです。学会員の家に生まれて、いつも「勝負」だの「戦い」だの「常勝」…もう、うんざりです・・・聖教新聞のような人権を無視した汚い言葉で、罵る事で勝った気になってるだけです。ま、あの新聞のせいで学会嫌いが増えているのですが。

学会員がよく言う言葉に「学会に入らなければいけなくなるように、祈っていきましょう。」
これは、祈伏の対象者がどん底にまで落ちて不幸になれば、学会に入る気になるから、不幸になるように祈っていきましょう。という意味です。はぁ?それって呪ってるってことですよ。自分勝手です。いい人そうに見えても、スイッチが入ると豹変し不幸になるように呪いをかけて、忙しいですね。そうそう、これは虫けらのような退転者の言う事ですから、無視しておいて下さい。

2005月11月5日の日記より 

アタシの知ってる「創価学会」が削除されていました。ご自身で削除したのなら何も問題はないのですが、危険な目にあったのではないかと心配してしまいます。一応、元活動家(表面上)ですから、いろんなことをやってしまった人を見てきました。あのブログはいつもコメント数がありえない数になってしまうんですよね。学会員さんの話の流れは、みんな同じで、一般の方は「話が噛み合ないので、コメントもうしません。」と去っていく。相手にしないのが一番かも知れません。でも、向こうから関わってくるんだよねー。すんごい迷惑なのに。迷惑だって言ってるのに、「あなたの幸せの為に。」って。一番の希望は、財務として創価学会に支払った1500万円?(現在も記録更新中!)を、母に返してあげて下さい。学会嫌いの祖母の遺産まで使ってしまう、馬鹿な母が悪いんですが。保険を解約、家を売り払ってまで捻出したお金ですよ。

 

2005月10月13日の日記より 

男友達から相談されました。「彼女が学会なんやんかー。やばくない?」はっきり言って私からしてみれば「創価学会」ほど厄介な物はありません。国籍が違うことより苦労するかも。とりあえずアドバイス。「俺と学会、どっちが大事やねん!」いきなり、これだけは言わないようにね・・・「そんなことを言う人とは付き合えない。もちろん学会が大事。」と、言われてしまう場合も多々あるのよ。彼がその言葉を言う前に、彼女からこんな一言。「結婚したら、学会に入るやんな?」彼は迷わず別れを決断した。もうこんな話は聞き飽きた。いつになったら、この問題は解決するんだろう。どうして、信仰しない自由を認めてくれないんだろう。

2005月9月15日の日記より 

投票所で大量の学会員を目撃 選挙は、彼氏のママとパパと行って来ました。うじゃうじゃと学会員さんが溢れかえっていましたよ。で、見ちゃいました。おばあちゃんと、若い女性が車から降りてきました。


女性 「さ、○○さん着きましたよ。」
おばあちゃん 「ありがとうございます。」
女性 「あっ○○さん、紙忘れてる!(と、小さなメモ用紙を渡す)公明ですからね。」
女性 「必ず…で…して下さいよ。よろしくお願いします。」←小声なので聞き取れず

その女性は車で待機。
彼のママ 「mocoちゃん!あれっ!」
私 「うん。やばいね。やっちゃったね!紙渡したよー!」
彼のパパ 「通報やー!」
私 「そんなんしたことないから、分かんないんですけどぉ。」
彼のパパ 「確かに。あの人の名前も分からんしな。」
彼のママ 「取っ捕まえたらええねん!」←ママさん、落ち着いて(汗)

結局、何もできなかったんですけどね(苦笑)やっぱりあれは投票干渉罪ですよね…。


 2005月8月30日の日記より 

ガカーイン キター!!さて、先程我が家に創価学会の方が来られました。脱会する時に「家に来たら、警察呼びます」と書いていたのにも関わらず。「選挙のお願いに回ってて、ついでにね♪」ついでにでも来て欲しくないから、脱会届にあのように書いたんですよ。その前に戸別訪問していいの?違法じゃないっすか?さらに追い討ちをかける一言。

学会員「誰に入れるの?もちろん公明よね?」
私「そういうことは言えません。人に聞くのも良くないかと思います。」
学会員「教えてくれたって、いいじゃない。もしかして民主党?あそこはダメよー なんとかかんとか」

 

玄関のドアをバターンと閉めて、終了。ポストには公明党のチラシが入ってました。どういう神経してるんでしょうか。

創価学会と反日朝鮮左翼を滅殺
集団ストーカー 分別奮闘記 
神奈川県相模原市のビクニティさん
音声送信被害者

2011.7.31の日記より

私が、この犯罪の被害に気付いたのは、2005年6月、大学病院に入院中のことでした。最近になって、ネットなどで一般に周知されるようになってきましたが、まだまだ誤解が多く、この犯罪を訴えると、統合失調症扱いされる人が多いようです。かくいう私も、その一人!・・パニクって状況を上手く説明出来なくて、統合失調症と診断されちゃいました。 以下省略
2011.8.3の日記より

思い出してみると、小学校の頃にも、トラブルの連続でした。相模原市内のS団地に住んでいた頃でした。奇形を持つ障害者の友人と、その子の友達(A)がいました。そのAと私は親しくなり2人で遊ぶことが多くなりました。ある日、放課後の学校内で、突然女子10人位に囲まれ、「障害者の子からAちゃんを取った。」「Aちゃんはなんで(私の名前)と遊ぶのか!」などと、責めてきたのです。A個人の意思をも無視した物言いでした。それに、障害者といっても、指が2本奇形なだけの、いたって普通の子で、特別視や差別すること無く、その子とも普通に遊ぶ仲でした。身障者を特別視するのは、創価学会員の特色みたいなので、今になって納得です。記事の続きはこちら
2011.8.4の日記より

昨日、父が、町田市立図書館で、テクノロジー犯罪被害者による被害報告集 遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告を、借りてきてくれました。図書館にまで、集スト関連本が置いてあるとは、ビックリです!入会しようと考えていたNPOテクノロジー被害者ネットワークが出版した本です!・・・中略・・・今も、頭の中に、一方的に語りかけてくるキモい声や、音声送信による、お風呂場で水を流すような音、痰吐き音、サイレン音、ドアや窓の開閉音、トイレを流す音、赤ちゃんの鳴き声、怒鳴りつけるような罵声、訛りのあるおばあちゃん声、わざとらしい咳払い等が、絶えず聞こえています。記事の続きはこちら
2011.8.9の日記より

退院してから数ヶ月後、弟が、友人とルームシェアをして暮らすことになり、実家を出ていきました。その頃から、また音声送信による24時間の語りかけが始まったのです。明らかに、家族や友人、おもに私に対する悪意ある噂話のような内容でした。当時の私は、その声が、隣近所から漏れた声だと思っていました。・・・中略・・この新築分譲マンションに、引越してきた当初から住んでいるのは、全く付き合いのない隣のS家と、中学時代の同級生でクラスメイトだったN家と、当時から全く家族構成も不明だった上階のU家位です。記事の続きはこちら
2011.8.19の日記より

他者に聞こえない周波数による語りかけが、まだ、判ってなかった頃、何とか、他の人にも事態を伝えようとして、真っ先に警察に110番通報したけど、電話が繋がらず、本格的に焦って救急車なら来てくれるはずだと、インスリン自殺を偽装してみました。・・・中略・・・運ばれる途中の救急車の中でも、最寄り駅からバスで20分以上かかる大学病院内でも、語りかけは、途切れる事無く、聞こえてきました。
記事の続きはこちら

2011.8.22の日記より

バイト探しに奔走している間にも、近所で、仄めかしが頻繁にありました。とりあえず、事態を把握しようと、脳に響く語りかけが、どこまで届くのか測ろうと、遠出をしてみる事にしました。また、専門学生時代の友人に関する話まで、知っているような口ぶりだったので、本当に、当時から監視されていたのか、調べるため、急行列車で45分位かけて、専門学校のあった新宿方面まで、行ってみる事にしました。・・・中略・・・地下街から、デパートの中まで、人ごみをウロウロしましたが、語りかけは途切れることもなく、また、人の余り居ない派遣会社のオフィスの中でも、同様に聞こえてきたので、一定距離で付回されている訳では無く、遠距離から、どこにでも加害が可能だという事も、判ってきました。記事の続きはこちら
2011.8.28の日記より

音声による嫌がらせがピークだった頃は、真冬でも、昼夜問わず、窓を乱暴にバンバンと開閉する音が聞こえ、その音に反応して、心臓の動悸が激しくなり、少しの物音でも、心臓に激痛が奔るようになりました。家族の声を聞くことすら、痛くて辛いので、1日中静かに寝ていることしか出来ませんでした。音声送信が止む少し前に、睡眠中に、陰部に凄まじい痛みを加えられ、「処女膜破っちゃった~!!」などと、訳の分からない甲高い声と、笑い声が聞こえてきたりしました。記事の続きはこちら
2011.9.18の日記より

9.17上野で街宣に参加。最近、購入したビデオカメラで、ちょっとお試し初撮影。街宣後は、喫茶店で色々とお話し、私と同じ様に、音声送信で自殺強要や、セクハラ発言をされた方もいましたし、NPO被害者の会に入会しようとアンケートを取り寄せた方がいました。NPOに関しては、なりすまし工作員が多いとの話も聞きますので、私はどうしようかなぁ。加害組織には、マニュアルがある様で、本当に誰に対しても、同じ様なやり方なんだと感じました。・・中略・・帰りの電車では、相模大野駅で人身事故があり、電車が途中でストップ。運行再開まで、途中で立ち往生。記事の続きはこちら

2012.4.3の日記より

NPOテク犯ネットの定例会の最中、何度も席を立って(おそらく)トイレに行っていた方で、自分も結構、尿意を操作される被害を受けるので、この人もトイレ被害キツそうだな~と思っていた細身の若い男性でした。定例会に参加される位の元気はあったのに、2月に急死って、明らかに不審死ですよね。死因は不明だそうです。一人暮らしで身寄りの無い方で、テク犯ネットの会員と連絡先交換していたそうで、その方に連絡があって発覚しました! 記事の詳細はこちら

2012.10.5の日記より

9月30日、NPOテク犯ネット東京定例会に参加。先月は、6月に新しく入会した大阪の会員の方が、亡くなられたという訃報が届きましたが、また9月末にも、また一人、亡くなられたそうで、16人目の犠牲者が出てしまいました。どちらの方も、死因が癌ということで、長期にわたって電磁波攻撃に晒され、発病したのではないでしょうか?私も、半年で筋腫が肥大化してたので、人ごとでは無いですけど…。記事の詳細はこちら

集団ストーカー被害者の会

一般の方でも、こういう光景を見たら、お気をつけて

もう何年も前の事、加害者の一人とまだ交流があり一緒に中央線に乗っていた時の話です。 何駅も過ぎて電車の走行中、彼女は携帯を取りだし メールを確認すると、急にこちらを向き、 真向かいに座っていた女性(3~40代)の事を「あのねぇ あの人ねぇ、すっごい変な人なのよ~」 と話し出しました。 こちらは「ふーん」と聞くしかなかったのですが。 でも知り合いならば相手が乗りこんできた時点で 気付くなり、挨拶するなりのリアクションがあってもよさそうなものなのに・・ 相手の女性も、こちらに目を向ける事も無し。 どうみても知り合い同士とは思えない、引っ掛かる光景でした。 今考えてみると、これが「集団ストーカー」なのでしょう。 私と同じように、何も知らない一般人も利用されます。 同乗していた加害者は、○○関係者であり 日頃から他人の悪口大好き。 電車・店内あらゆる場所で、一緒にいて恥ずかしくなるほど、 大きな声でしゃべったり笑ったりする女性でした。
2009-01-29 の日記より

集団ストーカーをしたことがある人(探偵さん)の書き込みがありました。その書き込みを掲示板にUPしていた人がいたので、それを転載します。
―――転載開始―――
私と同じ若者へ言っておきたいことがあります。 それは探偵にはならない方が良いということです。 そして官僚の方に以下の事実を認識して頂きたい。 そして国民の一人ひとりが真に安心に暮らせる社会を創って頂きたい。もちろん探偵さんじゃなければ出来ない素晴らしい仕事はあります。 でも最近は愚かな経営者の利益優先の経営方針により、自分の全く知らない老若男女を不幸にする (自殺するよう働きかける、不治の精神疾患を煩わせるなど)仕事を多数行っています。ちなみに経営者がヤクザだと言うことは探偵業界ではよくある話です。

 

私は5年位前から一年前まで探偵をしていましたが、仕事の内容に納得できず、しかも仕事をする事で、精神的に病んでいく自分を見つけたので足を洗う事にしました。・・・中略・・高校卒業後、念願かなって某探偵事務所に就職することが出来ました。 探偵業界では名の知れた規模の大きい事務所でした。 多忙な研修が終わり現場で働くことになったのですが、最初に携わった仕事に愕然としてしまいました。その仕事とは私がイメージしていた「良い」仕事ではなかったのです。

 

それは初老の企業役員Xさんを精神的に追いつめる仕事でした。 仕事の依頼人は、Xさんが自殺したり、精神的に狂って、社会生活が送れなくなれば、自分がそのポストに就けるから、Xさんを潰して欲しいと懇願してきたのです。 結局、Xさんは自ら命を絶ちました。 それはビルの屋上から飛び降りるという方法でした。 運悪く最後にXさんに不幸を働きかけたのは私だったのです。 Xさんを追いつめた仕事を少し詳しく書いてみます。

 

通常、この仕事は10~20人位のグループで行われます。いわゆる集団ストーカーです。 グループで仕事をするのは ① 相手に自分が探偵であるとバレにくくする為、 ② 相手に得体の知れない団体に狙われている事を仄めかす為、都合が良いからです。さらにもう一つ大事な理由があります。それは自分が人を殺したという罪の意識を分散するためでもある様な気がします。 そのことを考え、仕事の段取りを指揮したものと思われます。そのせいか、私のように人を殺したと罪の意識にさいなまれる人は工作員の中でも少数 。 Xさんには、私を含めて工作員が20人配置されました。配置された人の年令・国籍は多様で私が一番年下。

 

探偵の「ある1日の仕事」

朝、Xさんの自宅のポストに葉書を入れます。 宛先の書いてないその葉書には「スイカ」とだけ油性ペンで文字が書かれています。普段のXさんの生活習慣を監視しているので Xさんがポストを毎朝チェックするのは間違いありません。 だからXさんはその朝にその葉書を確実に目にした筈です。

 

その日の昼にXさんが歩いて移動している時、すれ違いざまに一人の工作員が大声で「スイカ!」と叫びます。 Xさんは、何か得体の知れない団体に狙われていると気付いているので、この工作員の言動に反応しないはずがありません。 Xさんは危険を感じたのか可哀想に、悲痛な面持ちで足早でその場を去ろうとしました。

 

しかし私たちはXさんの行動を先読みし、工作を仕掛けておきました。 Xさんの行く先は二手に分かれていて、どちらに進んでも、道ばたに不自然にスイカが5個ずつ置かれていたのでした。 この日の工作は非常に程度の低い、つまり相手が受ける精神的なダメージは小さいものです。

 Xさんが命を絶った日の工作

その日は、Xさんの自殺を確実なものにする工作でした。 その工作をここに書くと、私の身が危険になる可能性があるので書かないことにします。 私はその日の前日、逃げ出したい気持ちで一杯でした。罪滅ぼしの仕方を見出せないでいる、自殺教唆罪に問われてもおかしくない。

 

現在の私にできる最大の善行は、多くの人達、特に若者達にこの事実を記憶の片隅にでも置いて頂いて、 殺人などの不幸を助長する仕事に手を染める、悲劇を未然に防ぐ事だと気付いたので、生硬ではありますがこの文章を書きました。 そしてこの文章が官僚の目に留まり国に働きかけて このような悲酸極まりない仕事を 日本から追放してくれる事を心から願っています。
―――転載ここまで―――


ZENのほのめかされとデイトレラボ
リウマの独り言

テクノロジー犯罪、集ストなど犯罪テロ被害からの実践的脱却、緩和法

2010-06-29 の日記より

今日の拷問被害 → 足から脳髄へ電流が流される感じ。頭と耳にキーン。サウナでのぼせるような熱い感覚、身体、頭が熱でのぼせてだるく苦しい。窓は全開。空気は冷たいが、熱線頭脳、身体に深く介入して逃げる事ができない。頭の中でオ―ンという音が鳴り 頭の中がブルブルされる。何か機械が挿入されたような。頭が活性化して眠れない。身体、足がビリビリ電流が流されてるよう。今まで殺人未遂3回。死にたくない生きたい。自殺はよくない事だ。親や家族の為に死ねない。愛情、健常な自己愛性の低下。被害者同士、共同で生活したい

増加する電磁波・超音波etc.集団ストーカー犯罪

音声送信被害者
2008年02月19日の日記より警察に被害届けを出しに行ってもなかなか受理してもらえない・・。警察はこの犯罪を認識している・・・。NPO法人犯罪被害ネットワークや被害者個々人による行政への訴えは一応受け取るものの、解決へ至る動きはない・・・。この犯罪を論文にした学者もいますが、何かの力が働いたのか、今はこの論文を否定しているそうです。但し、研究者の目に留まるほどこの犯罪が広まっている証拠かもしれません
電磁波傷害体験告発書

音声送信被害者

このページの上記に概要が掲載されています。
また、HPの記事の中にも取り上げています。
下記の青文字をクリックしてご覧ください。

電波による人体への傷害・被害の実例 投稿者:あきみつかよ

「電波傷害告発」より骨子だけ抜粋 


電磁波犯罪は存在する  (東京)


2011-06-15 の日記よ

私の自宅マンションに父が来た。父の歩き方がいつもと違う。その旨を父に尋ねた。父は、最近、真っ直ぐに歩けず、体が右左に傾いてしまう。病院で脳のCT、耳の検査をしたが「異常なし」とのこと。担当医は、父が真っ直ぐに歩けない原因は不明と言った

波乱万丈すぎる人生


2009.04.28の日記より
乳がんで52歳で亡くなった母 同じく乳がんで52歳で亡くなった姉。同じ年齢で同じ病気で母と姉が死んだ。奇妙な一致。姉が独身で会社勤めの時、会社の健康診断でントゲン撮影に微小な異常発見、その後、大病院の検査、がんセンターの検査も「心配なし」。その後半年毎に検診、3年半経過、10ヶ月ほど通院にブランク。胸に異変。悪性のため右胸切除。1ヶ月半後に両胸を全摘出・・・姉が麻酔から覚めると、姉の背中に大きな傷が出来ていた・・・

目次 電磁界による神経操作
遠隔地からの神経操作・・・非常に弱い磁界により神経操作ができる。小さいポータブルのバッテリーによる装置により、2・3百メートル離れたところから、被害者の神経操作をすることができる。 0.55 Hzの磁界では、めまい・失神・吐き気など体の具合が悪いぐったりした状態を生じる。1/2Hz付近の磁界では、胃が張った感じ、胃が締めつけられる感じが生じる。

~集団ストーカー被害記録~
ハローワーク館内で「外での勧誘は当ハローワークとは一切関係ありません」いう放送が頻繁に流れていた。保険金が闇のカルトの資金源になっている。もしかしたら、これは単に保険会社が保険外交員を勧誘しているにとどまらず、保険会社の中のカルト組織が保険金殺人の次のターゲットを探しているのでは・・・もし私が保険外交員になったら先ずノルマをあげるため自分を保険に追加加入する・・・これで又利権カルト集団のターゲットとしての旨みが・・・

集団ストーカー及び電磁ハラスメント被害を綴る

2007/09/25の日記より

駐車場で満車に近い状態なのに、1ヶ所だけ空いている状況が多い9割以上の確率で、その空き場所の前に、人が乗った車がいる。ずっとこっちを見ている。注意を引いてうまく駐車をさせない(イライラさせる)、あわよくば他の車にぶつけるのを期待している・・
集団ストーカーについて

2010-02-17の日記より 

去年から、冬になると水ぶくれができる。不思議なことに左足にしかできない(写真)。これよりまだ大きい水ぶくれが出来ていたが、それが治ったら、すぐまた、新しい水ぶくれができる。右腕にも訳の分らない傷。背中にも覚えのない傷。昔から肌荒れのない、何を食べてもニキビなどできない体質であったが、この数年でどんなにか肌が汚くなったことか。
じかんのうた


2009年2月1日の日記より

ゴミ出し時、いやみを含んだ笑い声を聞かされる。すれ違いざま「うるさい」と言われる。スーパーで背中越しに笑い声を聞かされ、「うるさい創価学会」と言うと、すぐにいなくなった。周囲もトラブルを起こしているのが学会員であることに気づいてきた。NPOテク犯のチラシを配ったら嫌がらせが止んだ。学会員が訪ねてきて「菜の花をおすそわけするわ」と言われ「結構です」と断る。タダより高いものはない。
電磁波等の兵器による攻撃や大人数による嫌がらせや犯罪、
電磁波犯罪集団ストーカーの解決へ向けて
音声送信被害者


2012.03.31
日記より

ある衆院議員へメールを送ったら、秘書の方から返事。今の社会が合理性の追求のみを価値としているせいで 気配りや思いやりといった 恕の精神を見失う事になり 今日貴方が悩まれるような事が 顕在化する事になっている、といった事や、この犯罪を技術的に防止するソフトウェアは 未開発であり 今は一人一人の性善説にゆだねるしかないが、いずれ法的措置が用いられる事になる。
Social Stalking

自宅から数分の細道に差し掛かると同時に、目の前で二匹の犬を連れた男性が道にしゃがみ込んでこちらを見つめていた。目があったので会釈すると男性は視線をすっと外し、犬は吠え続けていた。
「こんばんわ」
「・・・」
「こんばんわ」
「・・・」
二回とも無表情のまま無視され、犬は尚も私に吠え続けている。さすがに面識のない人物から、こうした不自然な態度を続けてとられることは誰でも不快だと思う。すると彼は自宅前で突っ立ったまま、何やらぼそぼそと呟いている。犬の鳴き声が喧しく、聞き取れないので歩み寄った。すると彼の口からは、
「警察官友の会だから、むこうへ行け」
声は低く落ち着いてはいたが、とても高圧的な物言いと態度だった。そんな言い方失礼じゃないですかと思った。「いいからむこうへ行け」
「警察の関係者の方ですか?私すぐ近くの者ですが、ごみ投棄されたり、いやがらせ受けて・・・」

「だったら警察へ行きなさい」
「関係者なんですよね?」
「いいから向こうへ行きなさい」
そして、その後男性は延々、ぶつぶつと電話番号を口ずさみはじめた。・・・・私はそのとき、これまでの自宅前での職質や、匿名近隣者からの言いがかり騒音苦情の様が脳裏に映った。公安関係者や、防犯ネットワーク関係者らなどによる迫害的弾圧を受けているとして、発信されている方々の情報との関連性も駆け巡っていった。2005年、転入後しばらくして、国勢調査員が自宅を訪れた際、いくつかの不審点とも相まって、今回は見送りたい旨を意思表示したときに、
「この辺の人皆アレだけど、本当にいいのね?」と薄ら笑みを残して去って行ったことを思い出した。今回のこの出来事が、この地域で起こる特定不特定住人らによる不審現象との関連性があるのかどうか。ただ、そうした関係者が多く住む地域であるということは認識している。問題の動画

西宮市大畑町のテクノロジー犯罪&集団ストーカー

ニックネーム:自由人 出身地:兵庫県


2010.11.15の日記より

掃除機をかけると飛行機が飛んで来る。まるで仕返しでもするかのように必ず「ゴオー・・・」と飛んで来る。電気シェーバーやドライヤーなども同様です。なぜ不快がるのか理由を二つ考えてみました。この点について、青森県の被害者【テクノロジー犯罪、遠隔操作による犯罪の訴え】のkoutaさんは、「加害者はほんの小さな音でもキャッチできるらしく、ちょうど聴診器で聞いているような状況ではないか」と。そのとおりなら、掃除機の音は堪らんだろうね。それで飛行機の音で報復するのか?第二の理由は、掃除機・電気シェーバー・ドライヤーなど電化製品からは超音波が発生するため、監視中の加害者が収集している情報にノイズが生じているのではないか?クリアに情報が取れなくて苛立っているのではないか? 記事詳細はこちら

千葉県のJ.Kawamura さんから届いたメールの一節。

引用開始・・実は22日のメールを受け取る1時間くらい前に私はナショナルジオグラフィックの動物動画でミーアキャットが大好物の蠍(さそり)を食べているのを見たばかりだったのです。その直ぐあとに自由人さんからのメールに「蠍座です」とあったのでどちらかが誘導されたのかと口にするとウチの電気がボン!となったのです。まさかと思いましたが笑いの脳神経をやたらと刺激されて泣くまでとめられなかった事がありました。それで星座の件は答えないでいたのです。偶然ですよね?・・引用終了  

私が蠍座と書いたのは自然な流れからだったので、私が誘導されたとは思えません。ただ、私はメールをすぐには出さなかったので、その間にJ.Kawamura さんが動画へ誘導されたと考えられます。それから、上のメールは1月28日に届いたのですが、私は27日の記事で「隣人はネコ殺し」を書きましたので、「蠍」の他、「ミーアキャット」も仄めかしになっています。ミーアキャットが蠍を食べる動画を見た後に、私から蠍座と書いたメールが届いた。これでは、J.Kawamura さんが私に対して疑念を抱いても当然なのです。実に手の込んだ離間工作です。

1.犯罪の認知 国家機密とも言えるような犯罪システムを、政府と学識経験者が全国民に説明すること。

2.犯罪の法整備 国家機密とも言えるような犯罪システムを重犯罪として憲法に定め、厳重な罰則を設けること。

3.加害者全員の処罰 死刑、無期を含む懲役、罰金、加害組織の解散、及び、正しい人材による警察組織の再編成を実施すること。

4.防御技術の開発 テクノロジー犯罪対応の防御技術を開発し、その技術の有効性を政府と学識経験者が全国民に証明すること。例え法整備が実現しても、技術的にテクノロジー犯罪を防御できなければ国民の安全は保障されません。

5.被害者の損害賠償 被害者は最低でも1年に付き1億円、被害歴10年なら10億円を請求する充分な権利があり、加害者、又は加害組織、及び国家が、被害者に対して慰謝料・損害賠償を支払うこと。



集団ストーカー研究対策室

2011年04月15日の日記より

アンカリングへの反撃方法 → 集団ストーカーの正体がSだと思っている方なら、小声でその人を見ないようにして「あっ、そうか?」とか「そうか?」とかいいます。Kと思っている方なら、「こう、あんこ」みたいな・・・口を動かさないで、腹話術のようにした方がより効果的。あくまで、幻聴か、聞き違いか、関係のない独り言ととられるようにします。なので、はっきり聞こえるように言ってはいけません。聞こえるか聞こえないくらい微妙な音量にします。最も近づいて来たときか、すれ違う時にそれをやります。あからさまな嫌がらせ風のしぐさは、バレやすいので注意が必要。思わぬトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、十分注意して下さい。
本文はこちら


2011年11月10日の日記より
彼らの攻撃対象にされるた条件 → ・彼らの存在に気付いてしまった。・カルト系の会員が依頼した。・カルト系の会員側から敵対していると思われた。・彼らのことをブログで書いた。・勧誘を断った。・脱退した等など・・自分らの仏敵がS信者の人生より少しでも有利であってはならない。自分たちより辛く苦しい人生でなければならない。これが彼らの教義だ。そのため、長い時間をかけて徹底してやっているのだ。本文はこちら


2012年04月15日に日記より

不特定多数でストーキングをする場合のルール(想定) → 事故らせたり自殺誘導をする。一方、自殺に見せかけた殺害、交通事故に見せかけた殺害、保険金殺害など、凶悪犯罪を手がけるのには内部の特殊部隊、暴力団や外国人などへの外部委託が考えられる。本文はこちら

2012年05月08日の日記より

カルトナンバー車を用いるカルト側の狙い → 被害初期「4444」などの、ぞろ目ナンバー車を頻繁に登場させ被害者を恐怖に陥れ、その特徴的なナンバーに注目させる。一旦、この刷り込みが完了すると、被害者自ら、身の回りのカルトナンバーを探してくれるようになる。つまり、カルト側は、お金をかけてカルトナンバー車を動員しなくて済む。それが狙いなのだ。

本文はこちら

電波で人を操るは

2007年3月18日の日記より

今まで電波で操った頭と交信した人の脳波の周波数(?)は登録しているらしい。(書き込み等をした人が特定できない事を確認の上する事。)電波で操られたら、まともに生き、逆らう事。人に広める事、起訴する事が出来なくなる。彼らのねらいはVIPだと思われる。監視しなければならない人(反逆者)は全員監視されているかもしれない。電波で操られているので、妨害電波をだす物を開発してもらいたい。電磁波被害に遭っている人は、周囲の犯罪者等、バカ(電波で人を操る集団)のした事を公開し、周囲の人に起訴させよう。

 

2012年6月4日の日記より
目的
電磁波の加害者は、人を操り、うそと本当、夢と実際の区別をつける事が被害者にどのくらいできるかを実験している?人を操る練習をしている。うそ体験をさせる事、バーチャルリアリティをさせる。加害と実際の区別


電磁波での私への加害方法。
電磁波で周囲を操られ、おかしいと言われ、電磁波で精神的に弱らせる。音声送信をする。電磁波で電気製品等をいじり、電磁波の力を見せる。被害者はどうしょうもないと思わせる。さんざんいじる。抵抗した時は、警察につかまらない程度に周囲の人でいじる・・・盗難の金を返せ。自首しろ。電磁波犯罪をやめろ。


常識で理解出来ない状況(新ブログ)
集団ストーカー 認知活動日記


2009年8月26日の日記より

T理教修養科を(今回で2回目、父親の肝臓病のために志願。)8月27日に何とか無事終了、そのまま31日まで詰所でひのきしん(主に清掃、他詰所の用事など)をして実家に帰りました。すると帰ってきて一日経って父の容態が急変、即検査、入院しましたが、それから2週間ほどで亡くなりました。死因は肝臓ガンです。そして葬儀が終わってつかの間今度は母親がガンの疑いが出て検査することになりました。

 

私の現在の身体への被害は、思考盗聴を元にした、電磁波と思われる攻撃による、手足のぴくつき、痙攣、めまい、心臓に負担がかかる攻撃などです。最近多いのが左足裏の内側のしびれです。

私が3ヶ月の修養科生活を終えて8月1日実家にもどったとたん阪神の関本選手(T理高校出身、T理教の人ならほとんど知っていると思います。)が体調不良で戦線離脱したのは偶然でしょうか。現在服用している薬は(リピディル、中性脂肪を吸収する薬、ロナセン、ロドピン各2錠ずつ、アーテン副作用止め、睡眠剤、レンドルミン、アモバン、各1錠ずづ)以上です。

 

2009-11-18の日記より

私への仄めかしです。私の教会の月次祭は毎月8日ですので、8日の日に仄めかしが多いのです。久しぶりにブログ更新したら、その日に神戸市須磨区のT理教立道分教会火事のニュースを目にしました。行方不明者の年齢が74歳、亡くなった父と同じ年です。74歳という数字を合せてきたりもします。また、この日、同じT理教○江系列の会長様が、お亡くなられました。仄めかしでこういったことをよくしてきます。

 

2010-05-16の日記より

最近、家の前の道路の車両が少し減りました。クラクションも鳴らさなくなりました。不思議です。どういうことでしょうか。2,3日前からに突如、インターネットに繋がりにくくなり、原因を調べるとモデムの故障ということで新しい物に交換するとすぐに繋がりました。被害は思考盗聴されながら、ふわふわめまい、筋肉のぴくつき、相変わらずでテレビのリアルタイムで仄めかし(ニュース、CM)ひとり言を言わされる、あと強制妄想?等です。テレビのCM、提供挿入はわたしの思考盗聴を元にしたものです。変なタイミングでぶつ切りでCM挿入はおかしいと感じてください。

"創価学会の嫌がらせ?”とテクノロジーを使った犯罪

ニックネーム hakuou


2010-07-23 の日記より

八潮パークタウンは創価の巣窟だった

八潮パークタウンで、お祭りの日に自殺した人は「電磁波や特殊な音波の影響でもあったんじゃなかろうか?」という内容を、自分の体験やいきさつを踏まえた上で書いています。八潮パークタウンのイメージが悪くなるといって、住民ともども口をつぐみますけど・・・中略・・・

NTTでは電気信号で人間をラジコンのように遠隔操作する機械の試作機が作られ実用化されつつあるようですから(バラエティ番組で爆笑問題が試してやっていましたが)素人判断でありますが、何かの電気信号がそうさせる可能性があると思ってしまうんですけど・・・?

八潮パークタウンの近くに競馬場があり、その通りを新幹線基地のほうへ行くと、テレコムセンターという電磁波に関係する施設があります。新幹線といえば、「JR東海」ですが、三菱から発売された超指向性音響システム 「ここだけ」はJR東海の協力の元で、(2002年から)20年以上前から研究がされていたようです。

 

ここだけ」という機械は、超音波で特定の範囲内の人に音を聞かせる装置で2002年に140万で発売が開始されましたJR東海から依頼され作り出したが、ノイズが入るということで実用化されなかったという話がありましたが、ノイズが入っても、その試作機は十分に使えたんじゃないのか?と思う次第で、80年代には、それを使って嫌がらせできたんじゃないのかな?と思ってしまいます

2010-06-21の日記より

刺された方が悪いでしょ

自分の周りでは、「お前が悪いから嫌がらせされて当然」と考え、そう言ってくる人がいます。他にも「お前が馬鹿だから、そう言われるんだよ」とか「そうされるんだ」が当然と考えている人が多いです・・・ところが、それまで、「される方が悪い」と言っていた人たちが、こと殺人や殺人未遂、詐欺などの犯罪となると話が一変、された方ではなく、した方が悪いと言い出すのです。この一貫性のなさ? 結局、善悪ではなく、相手を見て物を言っているだけに過ぎない。そう考えてしまいます。 

集団ストーカーに遭っていると感じている人の多くはずいぶん前からテレビから誹謗中傷が流れていると感じていたようで、掲示板などに書き込みされています。私の場合、決定的なのは2002年のはじめ、仕事場近くや、当時通っていたカルチャスクールに両手を合わせて拝むしぐさの絵を悪戯描きされてから、通りすがりの老若男女や芸能人が拝むようになったことです。

 

渋谷のよしもと無限大ホールに行った時、一番最初は外から見ていただけなのに、私が居るのが、わかるらしく気にしていた様子。何度か行って中に入って見ると、丁度、村上ジョージなどが、出演してて、その出演者の中の一人が、私の顔を見て、こそっと、両手を合わしたのです。こっちは出演者全員、集団ストーカー工作員の仲間だと思っていますから、笑いもせず、拍手もしませんでした。そしたら案の定、それらが気に食わなかったようで、その後から、空気が読めない奴を「KY」というようになり流行るようになりました。


広島県呉市 集団ストーカー被害記録
pumillaさん

2011.3.16の日記より

引っ越し後直ぐ、下の住人から騒音問題を誘発され、集団ストーカーのターゲットとなりました。そして、365日24時間、監視、付きまとい、嫌がらせを受けるようになりました。集団ストーカーには、宗教団体Sが深く関係していると言われています。中略・・・早くこの犯罪が裁かれ、被害者、いじめや嫌がらせを受けている方々全員に笑顔が戻る日が来ると信じています。だから私は自殺はしません。落ち込む事もありますが、落ち着いて強い心で居ようと思っています!

2011.3.19の日記より

夫と二人で住んでいますが、ターゲットは私のみです。下のH家(4人家族)、上の大家が主な依頼人とも言える加害者です。下のH家は私の問いに「学会ではない。浄土真宗です。」と手を合わせて見せました。そのH家、我が家が引っ越してきた時は「滋賀ナンバー」だったのが、一週間も経たないうちに「広島ナンバー」になっていました。その車は黒の軽ワゴンで真っ暗なスモークを貼っています。あともう一台は、最初スパシオ → ウィッシュ → スパシオと車がコロコロと変わっていました。ほぼ同形・同色で、普通に駐車場を見ているくらいでは変化には気が付きません。学会員の「車がよく変わる」という条件を満たしています。続きはこちらから
2011.3.20の日記より

2010年4月、旦那の実家がある呉市へ引っ越しすることになっていました。勤めていた会社は、仲良く優しくしてくれた人たちも居たので涙の退職でした。両親達とも離れてしまうし、住んでいたところは大好きな土地だったので、私は仕方がないと言い聞かせた引っ越しでした。中略・・・その夜は大量の荷物の中、居間で寝ることにしました。翌朝6時半、私はドタドタドタ!っという下の音で目が覚めました。居間で寝たのがよくなかったかな。とそのとき深くは考えませんでした。そしてその2日後、やっと台所が使えるようになり、私はお味噌汁を作ろうと、まな板の上に豆腐を置きました。そして包丁を入れました。トン。(トン)・・・トン。(トン)「あれ?」っと思いました。私が包丁を入れるたびに下から(トン)と音がします。切っているのは豆腐です。硬いものを切ってすごい音が出ている訳ではありません。本文はこちら
2011.3.27の日記より

それから数日間、引っ越し荷物の整理に追われていました。その間もずっと、下のH家からの嫌がらせは続いていました。我が家の位置は角部屋で、間取りは2LDK。1階は店舗、2階は空き家、3階はH家、4階はうち、5階は大家です。大家は2戸分の間取りで大家の娘も5階の別の部屋に住んでいます。


本棚に本を並べていると、真下でドン!
玄関で下駄箱へ靴をしまっていると、玄関へ来てガン!
洗濯機周りをセットしてると、真下で洗濯機用の蛇口をキュッキュッキューッ
ベランダがある部屋の窓際へ行くと、カーテンをシャッシャッ!
昼寝をしようと寝室に行くと、真下で扉のあるタンスをバタンバタン!

 

私が起きて居間へ行くとバタンバタンはなくなり、真下でドン!とやってきます。これらの嫌がらせは、私ひとりの時だけで、旦那が帰宅するとピタッと止んでいました。現在は、旦那が居てもお構いなしの時もあります。ちなみに、このマンションの入居募集のHPには「遮音効果大」と記載されています。中略・・・ この時、大家が嫌がらせをしているという認識はありませんでした。私は大家に相談しようと思い、大家のHPにメールを出すことにしました。中略・・・パソコンから無線かラジオと思われる人の声が出ました。他にもTVの画面が乱れたりと、電磁波での加害行為が私にも起こっています。中略・・・下のH家は私に言いました。「物がなくなったり傷つけられてる訳ではないんでしょう?」加害者が言いそうな台詞です。本文はこちら

音声被害 
NOTEBOOK
 
音声送信被害者

2009/8/16の日記より

夜になってテープに記録していたのを思いだし、いつものように早送りで映像と音声をチェックした。当たり前だが一部に私の声が入っていた。自分の声を録音して聞くのは少し気恥ずかしいものである。しかも「ぼやき」である。うっかり聞き流すところであった。しかし一部に機械的な音が一瞬聞こえた。それは、無線機のマイクロホンを操作するときの「ガシャ」というハッキリした音だった。慌ててはじめから聞きなおした。すると私の声に混じってまったく違う人物たちの会話や業務連絡のような声がたくさん入っているのが聞こえた。鳥肌がたった。まぎれもなく「犯人たち」の声だったからだ。他に同居人はいないし、ラジオもテレビも聞いていなかったのだ。ほかに関係無い声が混じる可能性は無い。それまで本当に犯人が実在するのか、正直言うと自信がなかった。自分で客観的に確認できなかった。しかしこの声こそ犯人の実在を確認できるものであり、自分を信じる証拠であった。これはその後の自分の精神的な大きな支えになった。もし、この録音が取れていなかったら、自分自身を信じていられたか自信が持てないままだったろう。
 <記録の概要>
[私の声]XXXXXXXXXXXX
[犯人の声]「どこで自殺するのか。どういう理由で自殺するのか・・・・」
[私の声]XXXXXXXXXXXX
[犯人の声]「真っ暗だからな」
[犯人の声]「カリモスカワッタモ」??(ガチャ) 
[犯人の声]「真っ暗だからな」
[犯人の声]「待ってんの?オレたち」
[私の声]XXXXXXXXXXXX
[犯人の声]「一括して話しがある。今までのリクエストで話しがある。」
[私の声]XXXXXXXXXXXX
[犯人の声]「カミコードレス・カクマクコード解除のこと」(ガチャ)
[犯人の声]「良くなること・・・・」
[犯人の声]「確認、コードレスコード確認」(ガチャ)

――― 省略 ――――

テクノロジー犯罪、電磁波攻撃犯罪は創価学会がやっています。

ニックネーム とうがらし 山口県柳井市
Twitterはこちら

集団ストーカー、その他諸々について
盗聴盗撮被害情報室(仮題)
In satellite prison
偽りの日本:裏では国民の半分以上が腐りきっている?and 臆病?
監視社会と電磁波犯罪-真実を伝えたい
猫の悲鳴!SOS!テクノロジー犯罪&集団ストーカー
ハンドルネーム 自由人

以前から【監視の方法】が疑問だったんです。少なくとも私にわかっている事は、第1に室内にカメラや盗聴器は仕掛けられていないという事です。第2に全室(フロ場もトイレも)監視されているという事です。以上の2点から、恐らく室外から目に見えないシステムによって、室内の様子を監視しているものと想像されます。ネット上で、妙なものを見つけました…

 

『公安警察、警察に違法な盗聴、盗撮(超音波)を行なわれています。これに対する対策法などありましたらアドバイスよろしくお願いします。 たぶん、超音波を利用した超音波盗聴、超音波盗撮をしていると思います。これ以外にも興信所、探偵、近隣、住民を利用した嫌がらせ(ほのめかし)なども、うけています。』投稿先はこちら

 

私の場合と似ています。それに、亡くなった清水由貴子さんの場合も上記と似ていたのではないでしょうか?ちなみに、公安警察のマークを受け監視が必要であるのは、① テロリストや過激派 ② スパイなど国家転覆を狙う犯罪者、③ 通信傍受が必要不可欠な組織犯罪、④ 薬物関連犯罪、⑤ 銃器関連犯罪、⑥ 集団密航、⑦ 組織的に行われた殺人…これらに関与した者に限ります。もちろん、私はこんなものには全く該当しません。

10年前の恐怖の記憶

外泊先で射精と同時に花火の音? 高速道路走行中「ふらっ」
失神・・・気を失うのと闘いながら必死にハンドルを・・


REPORT-無形的・証拠収集困難な方法での犯罪(電磁波犯罪)

司法業界と暴力団との繋がり(2010年10月8日の日記)  


立命館大学法学部              早稲田大学法学部      専修大学法科大学院
民訴法教授佐上善和─────────国際法教授木棚照一───国際法教授矢澤昇治
↑    ↓統括      ↓顧問    (立命大法学部より移籍) 電磁波悪用被害者の会顧問↑
│エクステンションセンター 学生法律相談部→学生受入ex.窪木
│(大学主催の資格試験講座)         →司法・裁判所事務官・書記官
│                          
 ─アメ&ムチ───検察庁・法務省──司法試験管理委員会
   │
佐々木茂夫(ヤメ検-連合神奈川横浜支部事務長、元最高検公判部長・総務部長)─連合─小沢一郎
小野哲(ヤメ検-横浜・上村・小野法律事務所)←↑<別途息子の人間関係>
 ↓顧問
旧中野会──────────極心連合会副会長──会長
│磯島高校界隈の不良     (極仁会会長)    姜弘文(橋本弘文)
│…倉本組?八尋会?稲川会? 松瀬公男     吉本興業
│                     (元中野会)    │
│                   島田紳助(長谷川公彦)─橋下徹─TV局・新聞社関係者
旧中野会系列暴力団(横浜)      │↑娘(万起・婚姻等性の変更可能性有)が司法試験受験生
│堀政連合                 │
│益田組                  │ 
旧中野会系列暴力団(岡山)       山本集
 井奥会(絶縁処分)→池田組預かり     │
 岡山竹中組──組長故竹中武─────村上和彦─弘道会(六代目山口組)──小沢一郎
  │
 岡山大学系人脈、片山虎之助──NHK(旧自治省、現総務省)
                          │
  立命館大学法学部──オムロン──人権擁護委員会
               (TV)│      │
        旧翼システムG─オリンパス │
       (カーコンビニ倶楽部)      │
                          │
           日本弁護士連合会──犯罪被害者の会
                           │
            岐阜県弁護士会──辰巳法律研究所(名古屋)
                           │
             佐々木(弟)───坂井田吉史(非常勤講師)
              │・司法試験の不正を支える犯罪者達の交友関係
              │ http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/47035991.html-01
              │ http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/47061789.html-02
            上記佐々木茂夫※
             ・経歴追及
http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/42147062.html

※血縁関係の存在は要確認。但し、他に可能性があるのは佐々木弘幸という「元検事正」くらいか


コメント(11)

 ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

検察人脈に付いては、数珠繋ぎ。「流れ」にも従い易い関係だったのだろう。国家機密を濫用した反逆者が、一度立場を握った後に、数珠繋ぎとして採る行為の恐ろしさといったところか。なぜ 宅見勝(五代目山口組若頭)は、「ゼニやったら回すでぇ」と、山口組各組に言って回ったのか、よく考える必要がある。数珠繋ぎの断ち切りを 恐れた者の 採る行為の恐ろしさも。愛媛県警の領収書の偽造と、昇進の事件が、参考になる。案件自体は、軽い方だが、よく告発したなぁと考えている。http://www.ehime-np.co.jp/tokushuex/0501kenkei/050610sousahi_r.html

2008/11/18(火) 午後 8:33 [nou*a*tui]

「ガセ辻斬り説法第2弾~自爆テロの真意を探れ」 を拝見しましたが、9.11自作自演説はご存知ないように思われましたが、その点いかがでしょうか。日本の裏と表の癒着などかわいいものですよ。

2008/12/15(月) 午前 7:04 [ 通行人 ]

いえ、存じています。ベンジャミンフルフォードさんが話されていますね。自作自演として、何をどこまで行なったかによって話が変わって来ると考えていますが、国家機密の濫用として自作自演の手口が行なわれることはあると考えています。そして、国家機関内部に国家機密の濫用を行なう者が紛れ込んでいれば、一般人から見ると「国家機関が自作自演としてテロ行為を行なった。」、或いは「ブッシュ政権が自作自演としてテロ行為を行なった。」とアピアランスされる面があるのではないかと考えています。国家機密の濫用に電磁兵器の悪用ということを含めて考える場合、キーは日本にあると考えていますが、フルフォードさんも「日本にキーがある」と説明していて、奇妙な?偶然の一致となっているなぁと感じています。

2008/12/18(木) 午後 7:21 [nou*a*tui]

なお、フルフォードさんの講演会での説明にある様に、ブッシュ大統領が、ルシファーのサイン(信者ではなく教祖の方)を演説にて示している写真があります。これを直に9.11事件に繋げて考えて良いのかどうかは分かりませんが、繋げて考えるとしても、受動的認容と考えるべきではないでしょうか。勝ち組、負け組とのノリで殺人容認ムードでワッショイをやっていた者がいた場合に、武装勢力による武力行使(正当防衛または自衛行為)を「そのままさせてやれ」と考えていたのではないかという様にです。日本にも、電磁兵器の悪用にて金や地位を得る者がおりますが、9.11事件の時の状況では、粛清(国家緊急権行使としての制裁)をかけるにしても、悪魔教のイベントに立ち会うという形ではなく、9.11事件の様な規模にならざるを得なかったのではないかと考えられます。 この辺りの詳細は、米国の詳細な情報に立ち入っていないのと、米国全国ネットのメディアに日常接していないので分かりません。

2008/12/18(木) 午後 7:31 [nou*a*tui]

まとめると、ブッシュ政権は、電磁兵器を含む国家機密の濫用などにより地位や金を得て来た者への国家緊急権行使としての制裁を9.11事件を受忍する形で容認した可能性があるということ、以後は当然にテロ行為にだけ目がいっている大衆(貿易センタービルで亡くなった遺族の方を含む)からの「気持ち」に応えるためにアフガンへ派兵せざるを得なかったこと(国家緊急権行使を米国全土でどの様に説明するのか?議論に持ち込まれて話が流れるのがオチではないかと考えられるということ)、日本にて電磁兵器の悪用の問題が先進国で唯一隠蔽されてしまっている点が、9.11事件にも影響を与えている可能性があるということですかね。例えば、標的も米国ではなく日本となっていた可能性を拭い去れないということです。米国の虎の威を借りて悪さをするのが日本の手口ということは、北朝鮮問題でも表に吹き出ていると見られますし2008/12/19(金) 午前 7:46 [nou*a*tui]

GYAO(優良の動画配信)にて9.11事件の裏側を示したとされるドキュメンタリー映画が公開されていました。2000年に一度は貿易センタービルへの武力行使が中止となり、2001年に実行されたという下りの部分、私の案件と時期がピタリと一致しており、これに反応する電波(脳波)が激しく出たものです。ナヌッ!?っと。苦笑 私には武力がなく、「あれだけの」潰しを司法試験の不正として受けた時には、刀屋へ刀を買いに行くのが精一杯でしたが(突然、そして偶然に閉店していましたが。苦笑)、武力を持っておればどうしていたでしょうかね。笑 キーワードは、「最後の砦崩壊」。

2008/12/19(金) 午前 7:47 [nou*a*tui]


島田紳助、姜弘文
(極心連合会長=橋本弘文)との 関係として、吉本興業を追加。

2009/3/15(日) 午後 7:14 [nou*a*tui]

法曹界の組織的な不正・悪行は想像もできないものでは・・偽裁判を行い、裁判記録の捏造、改ざん、裁判関係書類の速達配達のからくりなどなど・・・一部の裁判官、書記官、事務官、郵便関係者、裁判周辺の市民団体、受付、警備員、電話交換手、などなどが組んで、あらゆる不正・悪行を行っているので、公になることは、裁けることは不可能ですよね。気づいて、証拠を持って取り組もうとしても、もみ消され、口封じされるだけではないでしょうか?でも、負けずに、あきらめずに立ち向かいたい、何の力もない、弱い人で 殺される としてもです。

2010/3/20(土) 午後 0:43 [ans*nd5*]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


国防濫用による 組織犯罪の 主犯格として 目立つ者(2012年02月28日の日記 

・司法業界と暴力団との繋がり

http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/45266773.html
・司法試験の不正を支える犯罪者達の交友関係
 http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/47035991.html-01
 http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/47061789.html-02

・旧中野会系列について

http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/50752388.html 

上記のURLを参考に。国家的実験による歴史的証明によって、反論不能な公知の事実により国防濫用による組織犯罪、その隠蔽のための国防データ改ざんや、売名行為を狙った工作活動などの証拠隠滅行為が著しく、公然の場におけるメモ書きにて、実名が出る頻度も、増えて来ているので、頻度の多いモノ、目に付くモノからまとめておく。 

1.千本正一郎 その他 磯島高校界隈 関係

おおむね下記で構成されている。衆議院議員選挙区大阪11区(大阪府枚方市)を 中心に、できあがっている 利害関係上の 誤送船団で、多人数に上る。公安検事資格者と 結託した 不良グループが、同世代の専業主婦らを中心に市民に 工作活動までさせていた経緯を 犯罪被害を受ける中で認識済。

父千本忠一、母(と見られる)千本りつ子の一家。

具志堅忍、佐川、近藤亘などの不良グループ及びその交友関係。旧中野会系列が利害関係を持つ。

黒木、川副、窪田、林などの不良グループ。旧中野会系列が利害関係を持つ。

山崎猛などの教職員。

電機連合関係の中川芳則、河野仁(90年代は、田中淳一、谷本博と連れ立っていた)

梶川修吾、大瀧、益田など。

松下昌史(関西電力グループ関連会社勤務.職歴までは確認済)、

福田智己(Gillette勤務までの職歴は確認済)、

広瀬雅之など。

2.佐々木洋二郎兄弟、坂井田吉史などの京大連関係

京大連とは、佐々木兄弟(京大卒)を 中心とする交友関係に、坂井田吉史(立命卒)が、高校時代の関係を基に 交友関係を持っていることから。佐々木の親は、2000年9月10日の交通事故、三井事件で高名な佐々木茂夫と見られる。元大津地検検事正、元最高検公判・総務部長、元大阪地検検事正、連合(民主党支持団体)神奈川横浜支部事務局長、神戸製鋼非常勤監査役、国立京都大学顧問を務める。

1998年の時点」で、「佐々木」という名前で「検事正」経験 または 現職の坂井田吉史(佐々木洋二郎の弟の交友関係)の供述から、親子関係存否の可能性をを絞り込んだ。坂井田吉史(岐阜県)は、弁護士として 開業当初より犯罪被害者の会の職務を得ている他、辰巳法律研究所の講師を務めている。 

成績推移は、1年目(1996年)受け控え、2年目択一落ち、3年目択一落ち、4年目F(4000~4500番)、5年目D(3000~3500番)、6年目C(2500~3000番)、7年目合格取得(なお、私の2年目はB(2000~2500番))と聞かされている(5年目2000年までは確認済)。 

受験生時代は 早稲田セミナー京都校で自習および答練受講しており、辰巳法律研究所への出入りは確認していない。

無論、国防上は、司法試験の不正を摘示されて以後も、職務執行停止のための規定趣旨を経年に渡り 国防濫用によって 違背している事実から、欠格事由(該当)者として取り扱われるべきモノとなるが、同事実を職務上知り得る立場にある正規の国防上の対処が待たれるところ。

数年前から、国防濫用による身体被害その他の継続的犯罪行為の他、一部 国防データの改ざんを受けて、「5年目はA!」と工作活動をしている様子や、公安検事資格者と結託して国防を濫用して 昼夜を問わずの 地上げ類似行為を 頻繁に行なっていることを 犯罪被害を受ける中で確認している。

特に2008年以降、同犯罪被害の中で、近藤弥生(足立区長)関係人で 警察公安や創価学会員、公安検事資格者群(若狭勝派)、小沢一郎(民主党)、元警察庁警備局長、元警察庁長官で漆間巌(元内閣官房長官)との利害関係を確認している。その他、上田明弘(山口県.司法書士)との関係を確認。

3.島田紳助、橋下徹、角田龍平、極心連合会(会長姜弘文、旧中野会系列暴力団)関係

周知の通り、島田紳助(本名長谷川公彦)の娘(ネット情報で長谷川万起)は、司法試験受験生であったが、2010年上半期頃と記憶しているが、「娘の能力が下であることを基礎付ける証拠の一切を隠滅せよ。」と、極心連合会構成員と見られる男性達に、指図していた事実を、犯罪被害を受ける中で、知らされたことからも、司法試験の不正の隠蔽、その手段として、黒谷友香に対する事件の 隠蔽目的も 含まれると見られる。

角田隆平に付いても同様。

暴力団(旧中野会系列)や、公安検事(資格者)を通じて、イトマン事件(1990年代)から、小野哲(旧中野会の顧問弁護士)の 利害関係人(白木智己、土田泰弘、億知恵、井原誠也、茸原から日本テレビ放送網へ~ そこから再び島田紳助や橋下徹、角田龍平へ)とも、共同正犯者として利害関係を有することを 犯罪被害を受ける中で、また、一部公知の事実から確認している。続くはことらから

集団ストーカー被害者の会 北海道

ああ無双!~1人VS多数~

mayvelog
ハイテク犯罪を告発する

下記は削除されたブログ及びHP
思考盗聴・・・人間をロボットのように操る彼ら
集団ストーカー被害者記録
みちのあしあと
藤沢みちさん 「ヒカルナイフ」著者
2601~2605その戦いを引き継いで、
masaさん
Mind Control  Real Modern Horror
Like an Anjel
創価学会の集団ストーカー日記
インタビュー・
ウィズ・ドクター・シノハラ
(篠原博士)
人気ホームページランキング → 応援のクリックお願いします
↓ 被害の真偽は各ブログをお読みになってご自身でご判断ください。

ガスライティング

未来を守る戦い
見えない危険
人体通信(生体情報ソフト)の悪用思考盗聴の被害
生きていく理由
サニナのブログ
加害者への公開質問状
集団ストーカー電磁波犯罪
バッカス&ミューズ
見えない敵との戦い
楽しきかな人生
電磁波を使った人権侵害被害についてのブログ

サイバーテロとの応戦 (創価学会員)


TOKEISO : 犯罪組織によるストーカー
思考盗聴・音声送信・電波集団ストーカーの真相。
電磁波等による犯罪のトリック・情報・他
電磁波等による犯罪 -Stop Mind Control-

↓集団ストーカー・電磁波犯罪認知の資料

集スト新聞
O芝の電波応用技術および企業犯罪について
被害者K氏の活動を見守るディスカッション
やりすぎ防犯パトロール 特定人物を尾行監視
集団ストーカー概略
犯罪者集団創価学会
黙殺の音 低周波音
精神医療の真実  聞かせてください、あなたの体験


top